いつも行列!グランビルアイランドのジェラート店「GI Gelato」大人気の理由は?
カナダ

カナダのバンクーバーには観光地がたくさんありますが、その中でもバンクーバーに訪れる観光客の多くが訪れる「Granville Island(グランビルアイランド)」という島があります。

たくさんのお土産物屋さんや、マーケット市場、飲食店があって賑わっているだけでなく、その島から見る景色も本当に綺麗。とても楽しい場所で、1日時間を費やしても飽きない場所です。

今回は、そんな楽しいグランビルアイランドの島内にある、観光客にも地元客にも大人気なジェラート屋さんをご紹介します!

ジェラート屋さん「GI Gelato」


観光地のグランビルアイランド。

島内にあって大人気のジェラート屋さんは「GI Gelato」。バンクーバーにはジェラート屋さんがいくつかありますが、ここのジェラートは特に絶品なんです! ジェラートは自家製で毎日お店で作っていて、いつも賑わっていて行列が出来ています。

なぜこのお店が人気?!

私はバンクーバーに2年間住んでいましたが、バンクーバー全てのジェラート屋さんを訪れました。それぐらいジェラートが大好きです。

そしてわかったことは、他のジェラート屋さんは、カナダ人の口に合う濃い味のジェラートが多いのに対し、「GI Gelato」のジェラートは「日本人の口に合う優しい味で美味しい!」「観光地にあって景色を眺めながら食べられる!」「お店の雰囲気が良く入りやすい!」という3拍子が揃っていること。そのため、人を惹きつけるのだと思います。

島内はとても広いけど、場所はどこに?

グランビルアイランド島内の中心に、「Public Market」という有名なマーケット市場があります。

お店はそのマーケットの中ではなく、外にあります。マーケットを出て海沿いに歩くと、このような看板があり、看板に沿って進むと、賑わっているお店が見えてきます。

目印は、お店の前にあるこちらのジェラートオブジェです!

ジェラートは常に18種類!


こちらには18種類もの味があります。ここでしか食べられない変わった味もあります。

一番大人気のカナダらしいメープルシロップ味、子供に人気の綿菓子味、ダブルチョコレート、ココナッツ、ティラミス、日本から輸入した粉を使って作る抹茶味、ミントチョコレート、ヘーゼルナッツチョコレート、マンゴーシャーベットなどがあります。

たくさんあって選べないという方は、店員さんに言えばスプーンで試食がもらえます。また、もしアレルギーがあり心配な方は、自家製のお店なのでどんな材料で作っているのか丁寧に教えてくれます。

注文方法


まず、大きさをSmall(フレーバー1つ)、Medium(フレーバー2つ)、Large(フレーバー3つ)の3種類から選びます。次に、コーンまたはカップを選びます。コーンは普通のコーンとワッフルコーン(追加料金あり)の2種類があります。最後にお好きな味を選んでジェラートをもらい、レジへ進みましょう!

ちなみにフレーバー3つの場合、コーンを選んで落としてしまう人が多いので、カップの方が良いかもしれません。

ジェラート以外には?

ジェラート以外にも色んなメニューが注文出来ます。ドリンクはコーヒー、紅茶、スムージー、フードはサンドイッチ、スープ、クッキー、ブラウニーなど。

店長の方と話したところ、コーヒー豆にもこだわっているとのこと。どうりで良い香りで美味しかったです。なお、店長のオススメは、自家製アイスレモネードです! さっぱりした味わいだそうです。

地元民の常連客の方などは、飲み物だけ注文してテラス席でのんびりしたり、ランチにサンドイッチを注文したりと、思い思いに過ごしていました。

GI Gelato
The Sandbar Seafood Restaurant, 1535 Johnston St, Vancouver, BC V6H 3R9 カナダ
公式HPはこちら

のんびり出来るジェラート屋さん

店内はwifi完備。ため息の出るような綺麗な景色を見ながら、お天気の良い日はテラス席でのんびり出来ます。
店員さんも気さくで話やすく、カナダならではの何気ない楽しい会話が出来ます。私はグランビルアイランドに来ると、必ずここのジェラート屋さんに寄っていました。とても居心地の良い場所で、美味しいジェラートが食べられます!

この記事を書いた人

はちゆり

はちゆり

  • twitter:
大阪府在住、旅が大好きな元添乗員。国内47都道府県制覇!海外は19か国を訪れました。カナダでスカイダイビング、ニューカレドニアでスキューバダイビング、グアム&タイでシーウォーカーを経験。カナダ、イギリス、アメリカに留学。食べること、写真を撮ること、新しいことが大好きです。

チャンネル

チャンネルをもっと見る