フィンランドお土産で名高いファッツェルのチョコバー、全種類試してみた
フィンランド

ファッツェル全種類

フィンランドのお土産と言ったら、有名チョコレートFazer(ファッツェル)を挙げる人も多いのではないでしょうか。

青い円の中に、Fazerと少し右上がりになった文字が入ったロゴマーク。フィンランドでこのマークを見ないで買い物をするのは難しいのではないかな?と思うぐらいよく見かけました。

チョコレートはもちろん、グミやガム、キシリトール商品まで、幅広く販売されています。今回は、そんなファッツェル商品の中でもよく見かけたチョコレートバーの食べ比べをしてみました。

これが一番の定番

Geisha
まずは一番有名なGeisha(ゲイシャ)。ミルクチョコ(上)と、ダークチョコ(下)の2種類がありました。もともとはミルクチョコのみの販売だったのですが、後からダークが発売されたようです。
Geisha中
並べてみると、色が違いますね。中にヘーゼルナッツクリームが入っていて、ダークチョコレートのほうもけっこう甘めです。ダークの後にミルクを食べると、確かにダークのほうが甘くなかったなと実感できます。

ゲイシャは他にも、板チョコや、キャンディーのように包まれたチョコがたくさん箱に入ったもの、コーティングされたクッキーなどもあって種類が豊富です。空港でも売られるぐらい、フィンランド土産として定着しています。

他にも味のバリエーションが豊富

ファッツェル
上から、ポップコーン、ミルクチョコ&ホワイトチョコ、ラズベリーヨーグルト、
ファッツェル
ミルクチョコ、クランチキャラメル&ソルト、唐辛子、ダークチョコ、です。ダークチョコ以外は、ベースはミルクチョコレートでした。

筆者が手にしておもしろいと思ったのは、ポップコーン味と唐辛子味。実際に食べてみると、ポップコーン味はポップコーンがはじける前のトウモロコシのような硬めのパフが入っていて香ばしかったです。

唐辛子味は、小さな丸いパフが入っていました。口に入れた瞬間 鼻に抜ける辛さを少しだけ感じましたが、そこまで辛くなかったので「な~んだ」と思っていたら、後から辛さがきます。

全部溶けるぐらいのときには、口の中がピリピリしていますが、食べられないほど劇的に辛いというわけではありませんのでご安心ください。
唐辛子、ポップコーン
下がポップコーン、上が唐辛子です。ポップコーン味は、唐辛子のパフよりも、黄色く角ばったものが入っています。

実際に食べてみて予想と違う味だったのは、ラズベリーヨーグルト味。確かにヨーグルト味なのですが、そこにラズベリーが入っているからか少しお酒っぽい風味を感じるような気がしました。

キャラメル&ソルトは、とても甘いです。でもカリカリの砕かれた小さなキャラメルがアクセントになって、最後は塩気も感じて個人的には好みでした。少しかじると、コーヒーがほしくなる味。

このキャラメル味と、何も入ってないミルクチョコレートが、1番甘いと感じました。

番外編?

オレンジチョコ
オレンジトリュフチョコ(一番下)

パッケージデザインがなぜが1つだけ違いました。少し高級な感じ? この味以外には、この仕様のパッケージは見かけませんでした。サイドにさりげなく入ったドットがかわいい。

食べきりサイズのお手頃価格

ファッツェル 全体
さてさて、チョコバーの大きさですが、ゲイシャも含め、全種類 長さ12センチほどのパッケージです。封を開けると、5ブロックに分けられるようにくぼみが入っていました。

チョコバーは、どれもスーパーで購入したら1ユーロしないぐらいでした。空港やホテルなどでは倍ぐらいしたので、買う場所によって値段がだいぶ違いそうですね。

チョコバー以外の、チョコをちょこっと使ったお菓子

ファッツェルクッキー
チョコレートメーカーですが、他にもお菓子をたくさん出しています。筆者は今回、チョコレート関連のクッキーのこの3つを購入しました。

みなさん、お気づきでしょうか。上2つのパッケージたちの色……。ミント色って言うんでしょうか。

筆者はこの色が好きなので、無意識に気に入るデザインや色のパッケージのものを買ったら、こうなりました。そしてこの色のパッケージの色は、必然的にチョコレートミント味なんですわ。チョコミント味が2つも……。

一応言い訳させてもらうと、2つとも違う日に買ってますよ? それで、並べてみて「……あ」ってなったんです。
ファッツェルクッキー
写真一番上の、箱商品の中身はこちらです。オレオのチョコレートミントバージョンって感じでしょうか。真ん中に、ざらっとしたミントチョコのクリームが挟まっていました。

箱を開けると、2つのビニール袋に分かれて入っていましたよ。

アイスクリームもある!

Geishaアイス
それと、ゲイシャのアイスも売っていました!

アイス部分にはチョコレートがかかっていて、食べ進んでいくと、ゲイシャ特有のヘーゼルナッツクリームが固まって入っていました。甘さがしっかりしていておいしかったです!

クッキーの商品も含めて、買ったら冷蔵庫で保管したほうがいいです。筆者は室温で保管していたら、溶けてしまってクッキーのチョコ部分が全部くっついてました。

油断しました……。チョコバーは冷蔵庫にすぐ入れたんですけどね。だから、クッキー商品の下の2つの中身の写真がないんです……。とても人様にお見せできるような状態じゃありませんでした。

それでもおいしかったので、溶けていなかったらもっとおいしかったんだろうなぁと思います。

写真に残すって大事ね。

何年か前にフィンランドに行ったときに、ファッツェルのカフェに入ったことを思い出して写真を探してみましたが、写真を撮っていませんでした。私は写真を撮る習慣も、保管しておく習慣も、あまりありません。

このお仕事を始めてからは、写真をたくさん、しっかり撮るように心がけていますが、どうしても忘れがちなのが食べ物の写真です。しかも、食べ物は一度食べてしまうと元に戻せませんよね。口をつけた後に「あ、写真撮ってなかった……」となります。

私が載せている食べ物の写真、よく見ると封が開いていたり、何個か並んでいるもので不自然に空間が空いているものを見つけられるかもしれません。

この記事を書いた人

チカさん

チカさん日本語教師

現在パリ在住。2018年3月帰国予定。 滞在中はフランスの日常を体験しながら、近隣国も含めてぶらっと訪れる予定です。 初めてのこと好き!実際に経験してみることも好き! 行きたい!と思ったら、一人でもわりとどこへでも行っちゃいます。 車好きの父の影響で、幼い頃からヨーロッパ車が身近にあったこともあり、最近 特に興味を持ち始めました。 昨年、日本国内でサーキットデビューしました! 「大人しそうに見えて、ご活発ですね」と最近よくほめられ(?)ます! ちなみに、英語しゃべれません! フランス語も・・・ちょっとしかしゃべれません! ジェスチャーと単語と行動力だけで、ハプニングもありながらなんとか乗り切ってます。 それでも旅はできるんだなと、ちょっと出かけてみようかなと、そう思っていただけるような、小さなきっかけと大きな情報をお伝えできたらいいなと思います。

チャンネル

チャンネルをもっと見る