• 世界23大イベントカレンダー(2015年版)-海外の人気イベントの日程を一挙に紹介! | TRIP'S(トリップス)

    世界23大イベントカレンダー(2015年版)-海外の人気イベントの日程を一挙に紹介!

    リオのカーニバル、トマト祭り、水掛け祭り、オクトーバーフェスト……世界には様々な楽しそうなイベントが毎年ありますが、一体いつ、どんな日程で開催されるかご存知ですか?
    旅行を検討するときは、ぜひこのカレンダーをもとにイベントに参加してみてください!

    ソクたびソクたび

    1月

    バイキングの火祭「ウップヘリーアー」

    upphellyahh
    (Photo by Vicky Block)
    1月26日(スコットランド/シェトランド諸島)
    約900人の島民が鉄兜を被り、手斧を持ったバイキングの格好でたいまつを片手に行進をします。クライマックスでは、そのバイキングたちが大きな船に向かってたいまつを投げ込み、船が巨大な炎に包まれる光景を目にすることができます。
    参考URL: 公式サイト

    2月

    世界最大の仮面舞踏会「ベネチアカーニバル」

    venicecarnival
    (Photo by Giorgio Minguzzi)
    2月15日〜3月4日(イタリア/ベネチア)
    世界三大カーニバルの1つにも数えられるこのカーニバルは、参加者誰もが中世の世界観で仮面をつけて街を練り歩きます。仮面の妖しさときらびやかな衣装がカーニバルを魅力的に盛り上げていきます。今年は、自然の脅威とファンタジーをテーマに開催されます。
    参考URL: 公式サイト

    世界最大のカーニバル「リオのカーニバル」

    rio carnival
    (Photo by Team at Carnaval.com Studios)
    2月5日~2月8日、2月13日(ブラジル/リオデジャネイロ)
    説明不要のこのカーニバル。派手な衣装にサンバの陽気なリズムと情熱的なダンスが作り上げるパレードは、そこにいる誰もを明るい気分にするでしょう。もともとこのカーニバル(=謝肉祭)はキリスト教の儀式で、40日間の禁欲生活が始まる前4日間の開放的な行事が由来となっています。
    参考URL: 公式サイト

    3月

    全身がカラフルに染まる「ホーリー」

    holi
    (Photo by Steven Gerner)
    3月23日〜3月24日(インド/ヴァラナシ、北部)
    「ホーリー! ホーリー!」と言いながら、観光客であることなど構わず人種や年齢を超えて色のついた粉や色水をあたり構わずまき散らすお祭り。通りを歩いていると2階の窓から色水が降ってきたり、列車に乗っていても色水風船爆弾が車内に投げ込まれたりします。真っ白のTシャツを着て行くことをおすすめします。
    参考URL: Wikipedia

    芸術✕ITの祭典「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」

    SXSW
    (Photo by Anthony Quintano)
    3月14日〜3月19日(アメリカ/オースティン)
    オースティンの街をあげて、ミュージック・フィルム・インタラクティブの三本柱で行われるテクノロジーの祭典。初期のTwitterやPinterestもここで開催されたコンテストを通過してきており、トレンドの最先端が集まります。
    参考URL: 公式サイト

    4月

    世界最大の水掛け祭り「ソンクラーン」

    songkran2
    4月12日〜4月15日(タイ/チェンマイ、全土)
    この3日間は老若男女、国籍を問わず水鉄砲やバケツ片手に街を練り歩き、至るところで水を掛け合いビショビショになります。トラックの荷台に水の入ったドラム缶を乗せ公道を走り回るゲリラも登場するため、濡れたくない人は家の外に出ないほどです。照りつける太陽のもと、公然と水をかけ合えるこのお祭りは、誰もが爽快な気分になります。
    参考URL: タイ国政府観光庁

    5月

    世界一有名な映画祭「カンヌ国際映画祭」

    cannes film festival
    (Photo by tangi bertin)
    5月17日〜5月28日(フランス/カンヌ)
    1946年から開催されているご存知カンヌ国際映画祭。よくテレビで目にするレッドカーペットは、この映画祭のなかでも有名なイベントで、世界で名高い監督や俳優がこの赤い絨毯を踏みしめて登場します。
    参考URL: 公式サイト

    最も注目されるF1レース「モナコグランプリ」

    monaco gp
    (Photo by United Autosports)
    5月26日〜5月29日(モナコ/モンテカルロ)
    F1のシンボルとも言われるモナコGPは、80年前から行われている伝統とモンテカルロ市街をF1カーが走り抜ける迫力があることから、毎年20万人の観客を集めています。高いドライブスキルと大きな集中力を要する難コースであることから、「モナコGPの優勝は3勝分の価値がある」とも言われているレースです。
    参考URL: 公式サイト

    世界でも知名度を増す「チーズころがし祭り」

    cheese rolling
    (Photo by michael warren)
    5月30日(イングランド/グロスター)
    丘を転がるチーズをみんなで捕まえる、というシンプルなイベントですが今や世界中から数万人が集まる大規模なお祭りになりつつあります。チーズの転がる速度が時速100キロに達することもあり、理論上はチーズを捕まえることは不可能とも言われているそうです。
    参考URL: 公式サイト

    6月

    インカ帝国の太陽の祭「インティ・ライミ」

    inty raimi
    (Photo by Surtrek Tour Operator)
    6月24日(ペルー/クスコ)
    世界遺産の都市と遺跡で開催される、1年で1番太陽の出ている時間が短い冬至の日に感謝と豊作を祈るお祭りです。インカ帝国時代の衣装に身を包まれたたくさんの人々が作り上げるこのお祭りは、自分がタイムスリップしたような感覚に包まれます。
    参考URL: 公式サイト

    LGBTの祭典「サンフランシスコ プライド」

    sf pride
    (Photo by torbakhopper HE DEAD)
    6月25日〜6月26日(アメリカ/サンフランシスコ)
    LGBT(同性愛者、両性愛者、性転換者、異性装者)の文化や法的権利を尊重しようという目的で世界中で開催されるイベントが「プライド」です。世界各国各年で開催されていますが、アメリカ最大規模のプライドがサンフランシスコ。AppleやFacebookのCEOも参加するなど、近年ますます注目を浴びています。
    参考URL: 公式サイト

    世界最大の野外フェス「サマーフェスト」

    summerfest
    (Photo by Third Coast Daily)
    6月29日〜7月3日、7月5日〜7月10日(アメリカ/ミルウォーキー)
    11日間で11ステージ、800ものバンドが1,000ステージを行い100万人規模の来場者を誇る、世界最大の野外音楽フェスティバルです。世界的に活躍するアーティストも多数出場します。
    参考URL: 公式サイト

    7月

    牛追い祭り「サン・フェルミン祭」

    sanfermin
    (Photo by Sanfermin Kukuxumusu)
    7月6日〜7月14日(スペイン/パンプローナ)
    世界中から100万人の見物客が訪れる、スペインで最も有名なお祭りです。市街地を12頭の牛たちが数百人の参加者を追いかける光景は迫力満点で、毎年200人〜300人の負傷者を出している、激しいお祭りです。
    参考URL: 公式サイト

    8月

    日本の火祭「青森ねぶた祭り」

    nebuta
    (Photo by 陳 ポーハン)
    8月2日〜8月7日(日本/青森)
    巨大な紙貼りに火を灯し山車を曳く行列は美しくもあり、エネルギッシュでもあります。「ヤーレ、ヤーレ、ヤーレヤ」「ラッセラー」のかけ声は、祭りの期間中、県内あちこちで聞くことができます。
    参考URL: 公式サイト

    無敵の2拍子「阿波踊り」

    awaodori
    (Photo by cotaro70s)
    8月12日〜8月15日(日本/徳島)
    「踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿呆なら踊らにゃ損々」の歌い出しから始まる、ご存知阿波踊り。江戸時代から約400年続くこの踊りは、毎年徳島の夜を熱く盛り上げます。
    参考URL: 阿波おどり会館

    街中が真っ赤に「トマト祭り(トマティーナ)」

    tomatina
    (Photo by nedim chaabene)
    8月31日(スペイン/ブニョール)
    1時間、世界中から集まった数万人が必死にトマトを投げ合うお祭りです。投げる大量のトマトや、汚れないように覆うビニールシートは市が用意してくれるという、街をあげての一大イベントです。長い棒に取り付けられた生ハムを取り合うというイベントも開催されています。
    参考URL: 公式サイト

    9月

    ビールの祭典「オクトーバーフェスト」

    oktoberfest
    (Photo by Christian Benseler)
    9月17日〜10月3日(ドイツ/ミュンヘン)
    市長がビール樽の栓を開けて「O’zapft is!(=酒が出たよ!)」と宣言して始まるビール祭り。毎年600万人以上がこの会場を訪れます。近年日本でもイベントが開催されるなど、世界中に広がりを見せています。
    参考URL: 公式サイト

    10月

    無数の気球が空を埋め尽くす「国際気球フェスティバル」

    baloon festival
    (Photo by David Herrera)
    10月1日〜10月9日(アメリカ/アルバカーキー)
    夜明けとともに700機のバルーンが毎朝空に舞い上がる光景はまさに圧巻です。天候にもよりますが約10日間にわたって、毎日熱気球が打ち上げられる世界最大のバルーンフェスティバルです。
    参考URL: 公式サイト

    11月

    亡くなった人を明るく讃える「死者の日」

    the day of the dead
    (Photo by Víctor Ramírez)
    11月1日〜11月2日(メキシコ/オアハカ、全土)
    日本のお盆に似た習慣ですが、住民は仮装して明るく楽しく故人の思い出を語らう風習です。お墓は派手に装飾され、夜は生演奏の音楽が街を盛り上げます。
    参考URL: MOC adventures

    天灯が夜空を埋め尽くす「コムローイ祭り」

    komroi
    (Photo by Mark Fischer)
    11月14日〜11月15日(タイ/チェンマイ)
    映画『塔の上のラプンツェル』のモデルとなったことでも知られる、天灯をあげる儀式。その幻想的な光景は誰もが見惚れてしまうそうです。
    参考URL: タイ国政府観光庁
    ※詳細記事書きました!→コムローイ(ロイクラトン)2015!経験者による祭への参加方法と準備

    クリスマス雑貨が一同に集まる「クリスマスマーケット」

    christmas market
    (Photo by LenDog64)
    11月23日〜12月23日(ドイツ/シュトゥットガルト)
    世界最大のクリスマスマーケットと言われるシュトゥットガルトのマーケット。約300のお店が軒を連ね、クリスマスを盛り上げます。同様の日程でニュルンベルクでも開催されているので、こちらにも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
    参考URL: 公式サイト

    12月

    世界一の市民マラソン「ホノルルマラソン」

    honolulu marathon
    (Photo by Scott Chacon)
    12月11日(アメリカ/ホノルル)
    今年で43回目を迎えるこの大会は、アラモアナ公園をスタートし、ダイヤモンドヘッドなど観光地もコースになっており、日本人に大人気のイベントです。レースデーウォークの日は約3,000人の参加者がコスプレをして10キロのウォーキングを楽しみます。
    参考URL: 公式サイト

    世界最大のカウントダウン「タイムズスクエアのカウントダウン」

    timessquare
    (Photo by Anthony Quintano)
    12月31日(アメリカ/ニューヨーク)
    タイムズスクエアのカウントダウンは新しい年を元気よく祝うのに絶好の場所となるでしょう。31日の午後から混雑しているので防寒対策とトイレ対策には細心の注意を払いましょう。一生に一度は体験したいイベントの1つですね。
    2016年、今年はどこへ行きますか?
    ぜひとも素敵な旅をお送りください。

    この記事を書いた人

    甲斐 考太郎

    甲斐 考太郎Orange株式会社 代表取締役

    85年宮崎生まれ。旅によって人生を大きく変えられた経験から、旅が世界中の人々を幸せにすると確信している。この人生は、旅のことだけしかしないと決めています。旅先では、川を見つけたら季節に関係なく必ず泳ぐ。好きな色はオレンジ。特に、インターナショナルオレンジ!

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る