• 沖縄の恵みを見て食べて感じて、とびっきりの「ぬちぐすい」を見つけよう《Flight.11》 | TRIP'S(トリップス)

    沖縄の恵みを見て食べて感じて、とびっきりの「ぬちぐすい」を見つけよう《Flight.11》
    日本

     Welcome aboard!!皆様、こんにちは。本日はナリタニストの旅路 那覇空港行きをご利用いただきありがとうございます。当機は、機長成田とチーフパーサー伊知が皆様の沖縄への旅をお手伝いさせていただきます。

     皆様は「ぬちぐすい」という言葉を聞いたことがありますか。「ぬちぐすい」とは沖縄の言葉で“命の薬”という意味です。「ぬち」が“命”、「ぐすい」が“薬”を意味し、美味しい食べ物や素晴らしい景色、そして人の優しさなど、心の中をそっと癒してくれる全てのものを表します。今回は魅力スポットが沢山ある沖縄の中で、CAが厳選したお勧めの「ぬちぐすい」をご紹介したいと思います。

    神話と恋の楽園「古宇利島」 アダムとイヴの伝説を追い駆けて

    1005895_10100551046909630_1656513528_n
     那覇空港から車で約1時間30分、美しいエメラルドグリーンの海に掛かる古宇利大橋を渡ると、目の前には古来の面影が静かに漂う古宇利島が広がります。別名「恋の島」と呼ばれるこの島には、古くからアダムとイヴの伝説が語り継がれており、二人の愛のストーリーが由縁で古宇利島という呼び名になったという言い伝えがあります。
     島内には縁結びや子宝安産祈願の御嶽がいくつかあり、その中でも一番幻想的な場所が、島の北側(テーヌ浜)に位置するハートロックです。ハートロックは二つの岩が重なり合うと一つのハート型に見え、夕暮れ時に浮かび上がるそのシルエットは、心地よい風の中でロマンティックな雰囲気を奏でています。ぴったりと寄り添う二つの岩を眺めると、この島が人類の祖先によって愛を膨らませた神聖な場所だとされる云われに思わず頷きます。海面が鏡の様に透き通り、見る人の心を浄めてくれる程のパワーを持つ古宇利島で、大切な人と二人だけの「ぬちぐすい」を見つけてみてはいかがですか。
    ※古宇利島についてはこちらもどうぞ→恋のパワースポット!沖縄・古宇利島のハートロックで幸せを育む

    沖縄の伝統的美肌ハーブ「月桃」 豊かな自然の恩恵を受けて

    6993234012_0852333987_k
    photo by Masao Kamosawa

     月桃は沖縄に自生しているショウガ科ハナミョウガ属のハーブです。ピンクのつぼみから可愛らしい黄色の花を咲かせる月桃は、その可憐な姿からは想像出来ない程の癒しの力を持っており、沖縄では昔からアレルギー改善の薬として飲まれているそうです。また、ポリフェノールがワインの30倍も豊富に含まれているため肌の再生を促す能力に長けており、今日ではアンチエイジング化粧品としても活用されています。
     その中でも特にお勧めの化粧品が、月桃水をベースとしたコスメブランド「ちゅらら」です。ちゅららは、月桃から抽出したうるおい成分を持ち合わせており、肌をしっとりと保湿してくれるので、ニキビ肌の女性を中心に高い評価を受けています。
     その他、月桃やハイビスカスと言った沖縄ならではの素材を使ったナチュラルソープを展開している「石鹸工房 ラ クッチーナ」は男性に人気が高く、パッケージも可愛いのでお土産に最適です。沖縄の自然と知恵から生まれた月桃の「ぬちぐすい」パワーを、大切な人へのギフトとしてお持ち帰りされてみてはいかがですか。


     皆様、本日のナリタニストの旅路はいかがでしたか?さあ、当機はまもなく着陸体制に入ります。シートベルトをしっかりとおしめ下さい。これからの旅もどうぞお楽しみ下さい!

    【アクセス】
    ◆古宇利島
    ・那覇空港から車で1時間30分
    http://kourijima.info/about/

    ◆ちゅらら
    http://www.chulala.co.jp/
    <取扱店>
    ・わしたショップ国際通り本店
    沖縄県那覇市久茂地3-2-22 JAドリーム館
    ・那覇空港わしたショップ
    沖縄県那覇市鏡水150 空港ターミナル2F

    ◆石鹸工房 ラ クッチーナ
    http://lacucina.jp/
    <工房兼ショップ>
    沖縄県沖縄市中央2-6-46
    ※その他にも取扱店舗あり、http://lacucina.jp/hpgen/HPB/entries/23.htmlをご参照ください。

    ■Author profile
    森本さん森本伊知
    和歌山県出身。大学卒業後、日系航空会社へ入社。客室乗務員として、約4年間国内線に乗務し、日本各地を飛び回る。現在は、得意の英語を生かし、IT企業で外国人社長のアシスタントを務めている。
    〜成田空港の思い出〜
    成田駅近くに位置する、各国のエアラインクルー御用達BAR「Jet Lug Club」。マニアックなエアライングッズが飾られた店内に、各国のキャプテンが集う様は、まるでコックピット。元サベナ・ベルギー航空のクルーがオーナーということもあり、ベルギービールの種類が豊富です。旅に出る前に余裕がある方や帰国後にJet Lug(時差ボケ)で眠れない方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

    〜第3ターミナルを利用する方へのメッセージ〜
    大空へ飛び立つ飛行機、長く伸びる滑走路、そしてスーツケース片手に賑わう人々。空港って、「予想もできない何かが起こりそう!」という高揚した気持ちを抱かせてくれますよね!
    成田空港は、世界中のエアラインが集結する日本が誇る巨大ハブ空港です。日本と世界を繋ぐこの力強い玄関口は、旅立たれる皆様を暖かく見守ってくれます。
    旅はいつも成田空港から。素敵な旅をお楽しみください。

    この記事を書いた人

    CREW WORLD

    CREW WORLD

    CREW WORLDは、世界初となる客室乗務員(CA)経験者専用の情報共有サイトです。コンセプトは、「CAが日本の観光大使へ」。
    40を超える航空会社のCAへ、ステイ先の観光スポット・美容アイテム・セカンドキャリア等の情報共有の場や、クルー生活に欠かせないアイテムや会員限定クーポンを提供しています。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る