【「みやざき犬」の寄稿記事…!】見どころ満載!東九州自動車道利用の観光オススメ3選
日本

御田祭

旅の達人ロゴ
東九州自動車道のおかげで、宮崎の魅力をもっと満喫できる旅ができるようになりました。
そこで、県北部の穴場スポットや、知られざる見どころを紹介していただきました!

800px-Nobeoka_Castle_Stone_Wall (800x600)Nobeoka Castle Stone Wall.JPG
Nobeoka Castle Stone Wall” by ja:User:Sanjo – 自ら撮影. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ

1024px-Central_Nobeoka_from_MtAtago_200807 (800x450)Central Nobeoka from MtAtago 200807.jpg
Central Nobeoka from MtAtago 200807” by ja:User:Sanjo投稿者自身による作品 (Own Photo). Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ

『宮崎市から県北・延岡市まで高速道路で一本に!~県北再発見の旅のススメ~』

かぁ ■今回の旅の達人
かぁくん
宮崎県シンボルキャラクター「みやざき犬」の「かぁ」くん。
おおらかでくいしんぼう。おいしい宮崎が大好き。自由でマイペース。

宮崎県を宮崎市から延岡市までをつなぐ高速道路・東九州自動車道が、2014年3月16日に全面開通しました。
宮崎市から延岡市までの所要時間は、約1時間25分となり、
一般道を利用した場合より、なんと1時間あまり短縮されるんです!
県央部からぐ~んと近くなった県北部の“知る人ぞ知る”観光スポットなどをご紹介します!

日本夜景遺産 愛宕(あたご)山の夜景(延岡市)

高千穂に降り立ったニニギノミコトがその妻・コノハナサクヤヒメと出逢い結婚した
「出逢いの聖地」として有名な「愛宕(あたご)山」
頂上付近にある展望台からは、市街地や日向灘を一望でき、天気が良いときは、なんと四国が見えます!
広がる大パノラマは、夜景100選と、宮崎県で唯一の「日本夜景遺産」にも認定されているほどの美しさです。
延岡夜景
愛宕山展望台には音声ガイドシステムが設置され、延岡の観光案内を聞くことができる。

 ★アクセス★
  東九州自動車道延岡ICから車で15分
 ★問い合わせ★
  延岡市観光協会

宮崎に”ドラゴンボール“現る!? 大御(おおみ)神社(日向市)

「大御(おおみ)神社」は、アマテラスオオミカミを御祭神とする古社で、「日向のお伊勢さま」として知られています。
大御神社
神社内にある「さざれ石」でできた「神座」は、周囲30m、高さ4mの大きさで、
すり鉢状の丸い穴に、壁面には渦巻き状の線が刻まれており、その底の部分に卵形の石が座っています。
明らかに人工の物であり、すり鉢状のラインは龍を、球体は龍の卵(ドラゴンボール)を現した物ではないかと言われており、
古代の遺跡として、また新たなパワースポットとして注目されています。
ドラゴンボール
“ドラゴンボール”にお願いすれば、願いが叶うかも!?
割れ目
境内の岩窟内の社には、入り口の岩の割れ目が“昇り龍”に見えるスポットも。
 ★アクセス★
  東九州自動車道日向ICから車で30分
 ★問い合わせ★
  日向市観光協会

“泥しぶき”に御利益あり! 御田祭(おんださい)(美郷町)

毎年7月第一日曜日に美郷町西郷区で開催される「御田祭(おんださい)」は、平安時代から980年続く伝統ある田植え祭り。
最大の見せ場は、神田に地元の若者が裸馬にまたがって乗り入れ、全力で疾走する「牛馬入れ」です。
馬
泥まみれになりながら牛馬や神輿を繰り出し、無病息災、五穀豊穣を祈願する。

神輿も加わり、神・人・牛馬が一体となって豪快に泥しぶきを上げて駆け回る勇壮な姿に、
詰めかけた参詣者たちも声援を送ります。
泥しぶきを浴びると、1年間の無病息災が約束されると言われており、毎年、5千人を超える観光客で賑わいます。田植え
祭りの終盤では、100人以上の早乙女達が古式ゆかしい催馬楽の音に合わせて田植えを行う。
 ★アクセス★
  東九州自動車道日向ICから車で30分
 ★問い合わせ★
  美郷町役場

※このコンテンツは、tripro「旅の達人」を再編集したものです。

この記事を書いた人

TRIP'S編集部

TRIP'S編集部

TRIP'S編集部アカウントです。 旅にまつわる有益な情報をお届けいたします!

チャンネル

チャンネルをもっと見る