TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

ソウル・カロスキルのおすすめカフェ!可愛いスイーツから本格派までご紹介

REMICONE カロスキル

近くて安い海外旅行の定番、韓国・ソウル。グルメにショッピングと楽しいことも盛りだくさんで、最高ですよね。
そんなソウルで今、新たな流行の発信地として盛り上がっているエリア「カロスキル」はご存知ですか?
ソウルの有名な繁華街、明洞や東大門よりも大人向けの洗練された雰囲気の場所です。
雑貨や洋服、コスメのお店もたくさんありますが、カフェの数もたくさん!
ショッピングの合間に素敵なカフェで休憩したら、カロスキルを上手に楽しめたと言えると思いませんか?
数多くのカフェの中から、私が厳選したカフェをご紹介致します!

カロスキルへの最寄り駅は?

カロスキルは江南区にあるエリア。シンサ駅かアックジョン駅が近いですが、カロスキルまでの道が分かりやすいのはシンサ駅。大通りに沿って歩いていれば、簡単にカロスキルにたどり着けます。

カロスキル周辺の道は渋滞が発生しやすいので、時間がない時はタクシーはあまりおすすめできません。

カミナリ雲のソフトクリーム?新感覚スイーツなら「REMICONE」

韓国っぽい可愛くて珍しいスイーツを食べるなら、REMICONEがイチオシ。

REMICONE カロスキル

左が限定メニュー(9月時点)、右が一番人気のコットンサンダー。(6,100ウォン)

限定メニューは飲むゼリーの上にフローズンの泡? のようなものがトッピングされていました。

コットンサンダーは、雲の部分がパチパチする綿飴、下がソフトクリーム。

REMICONE カロスキル

新しい組み合わせすぎて、正しい食べ方がよく分からないので分解して食べてみました。

メニューから選ぶことも、トッピングを自由に組み合わせて自分好みのスイーツをつくることもできます。

REMICONE カロスキル

車っぽいお店の外観も可愛いです。店内は狭いですが、座席は意外と多く用意されています。

REMICONE 新沙洞本店
ソウル特別市 江南区 新沙洞 547-12

味も雰囲気も抜群。実力派オシャレカフェ「La  eskimo」

カロスキルの大人な雰囲気を楽しみたい、ちょっとゆっくり休憩したい、そんな時はLa eskimoへ!

私の一番のお気に入りカフェで、何時間でも過ごせるくらい、居心地が良いです。

ESKIMO カロスキル

La eskimoの名物、流氷をイメージしたアイスコーヒー。カップから飛び出しているのは、全部きめ細かい氷!

ホットの飲み物は、カプチーノのクリームの泡がどっさり山のようになっています。

コーヒーも美味しいのですが、ケーキやフレンチトーストもおすすめです。

eskimo カロスキル

広い店内には、個室っぽい席から雑誌が読めるソファ席まで、色々な席があります。

ESKIMO カロスキル

洋服屋さんの2階です。男性も入りやすい雰囲気です。

ちなみに、La eskimoの大通りを挟んで向かい側には、韓国コスメの3CEの路面店があったり(韓国でも3CEの専門店はカロスキルだけ!)、立地もばっちり。

3CE カロスキル

La eskimo
546-3 Sinsa-dong Gangnam-gu, Seoul

とにかく可愛い!「LINE FRIEND CAFE&STORE」

可愛いもの好きの方が絶対行くべきなのは「LINE FRIEND CAFE&STORE」

LINEユーザーには定番のキャラクター達が店中に溢れています。1階より上がグッズのお店、地下1階がカフェです。

東京の原宿にもLINE STOREはありますが、ここでは食べることもできるのが魅力です。

LINEcafe カロスキル

ソフトクリーム(3,800ウォン)

LINEcafe

アイスクリームの他に、カップケーキやロールケーキも売っています。

LINECAFE カロスキル

キャラクターの顔のマカロンは個包装されているので、お土産向き!

普通のコーヒーもキャラクターの紙タンブラーに入っているほど、隅々まで可愛いです。

LINE cafe カロスキル

1階の入り口には特大のブラウンがいて、記念撮影が出来ます。

私は特にLINEのキャラクターが好きというわけではなかったのですが、店内にいるだけで楽しい気持ちになれました!

LINE FRIEND CAFE&STORE
535-15 Sinsa-dong Gangnam-gu, SeoulSouth Korea

ちなみに、韓国のスタバでは……

街中にカフェがある韓国でも、Starbacksはやっぱり人気。

そんな韓国のスタバには、私が日本での販売を切望している韓国限定メニューがあります。

韓国 starbucks

ミニサイズのコーヒーのようですが、中身は濃厚なプリン。

白いカップがミルクプリン、黒いカップがチョコプリンです。(3,300ウォン)

プリンにしては少し高い値段ですが、納得の美味しさです!

韓国 STARBUCKS  プリン

すぐに売り切れてしまうので、私はいつも早朝に買いに行きます。

カロスキルのスタバはもちろん、韓国のスタバならどこでも購入できるので、ぜひチェックしてみて下さい!

 

気になるカフェはありましたか? カロスキルを欲張りに楽しむお役にたてたら、嬉しいです!

何回行っても飽きない場所!

カロスキルに行くたびに「こんなお店あったっけ?」となるほど、続々と新しいお店がオープンしています。最近はカロスキルの横道のセロスキルも賑わってきていて、もっと開拓したいな〜と思っています。週末で行けるのが韓国の良いところですが、やりたいことと行きたい所が多すぎて、毎回時間が足りなくなっちゃいます。

この記事を書いた人

RIRI

RIRI

1992年新潟県生まれ。 人文地理学を専攻してました。 今は社会人。最近の旅行は離島がマイブーム。 旅先で海や川を全力で楽しむためにも、 今年こそ泳げるようになるぞ!って毎年思ってます。