TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

昭和記念公園のコスモス畑。首都圏最大級の絶景スポットを効率よくまわる方法

thumb_thumb_DSC00489_1024_1024

都心から約40分でアクセスできる絶景をご存知ですか? 今回ご紹介するその絶景は、立川市にある国営昭和記念公園の400万本のコスモス畑です。効率良く回るルートと絶景スポットをご紹介します。

まずは「原っぱ西花畑」で見渡す限りのコスモス畑!

thumb_thumb_DSC00495_1024_1024
JR西立川駅から徒歩2分、西立川口があります。そこから入場し、正面にある「水鳥の池」をぐるっと回るようにして歩くこと約10分。最初に現れる絶景は「原っぱ西花畑」のコスモス畑です。

thumb_thumb_DSC00485_1024_1024
thumb_thumb_DSC00470_1024_1024
見渡す限りのコスモスが目の前に広がります。昭和記念公園のコスモス畑は、首都圏最大級です。公園全体で550万本のコスモスを見ることができます。この「原っぱ西花畑」では80万本のコスモスが咲き乱れます。人生でこれほど広いコスモス畑を見る機会はあまりなく、その風景は思わず見入ってしまいます。都心からたった40分とは思えない美しさです。

thumb_thumb_DSC00498_1024_1024
こんな変わり種のコスモスも見ることができます。これは、“コスモス ダブルクリック”という種類だそうです。西花畑から5分ほどの「渓流広場レストラン南側」では、チョコレートコスモスやセンセーションなど30品種のコスモスを見ることができます。

西花畑は「みんなの原っぱ」という広い広場の西側にあるので、東京とは思えないほどの広々とした開放感を体感できます。

写真は昨年のもので、今年の西花畑では、黄色い色のコスモス・イエローキャンバスという品種が見られるようです。

「原っぱ東花畑」では珍しい黄色いコスモス!

thumb_thumb_DSC00514_1024_1024
みんなの原っぱをはさんで、西花畑の向かい側にあるのが、東花畑です。みんなの原っぱを歩いて5分ほどで到着します。東花畑のコスモスは70万本。こちらの花畑には黄色のコスモスが咲き乱れていました。
thumb_thumb_DSC00515_1024_1024
普段あまり見る機会のない黄色いコスモスが、これほど数多く広がる景色をみることができるのは、昭和記念公園の魅力のひとつです。

今年の東花畑では、キバナコスモスというオレンジ色や黄色のコスモスが見られるようです。

400万本のコスモスが咲き乱れる絶景!

thumb_thumb_DSC00543_1024_1024
東花畑から公園の奥へとさらに歩みを進めること約5分。段々畑のような斜面にコスモスが咲き乱れる絶景が目の前に広がります。この「花の丘」には400万本のコスモスがあり、まさに圧巻です。遠くまで広がるコスモスの色彩は、ここが東京であることを忘れさせ、別の世界に入り込んだような感覚になります。
thumb_thumb_DSC00535_1024_1024
コスモス畑の間にも歩道があるので、ゆっくりと歩きながら、見渡す限りのコスモスを存分に眺めることができます。

首都圏最大級のコスモス畑を満喫するおすすめルート

thumb_thumb_DSC00499_1024_1024
広い園内をくまなく見て回るのは大変ですが、今回ご紹介した西立川口から西花畑→東花畑→花の丘、という順で回ると、すべてのコスモス畑を最短距離で見ることができるので、おすすめです。歩くのに疲れてしまう場合には、西立川口から入場してすぐの場所にサイクルセンターがあるので、自転車を借りて回ることもできます。途中にカフェやレストランもあるので、自然を眺めながら休憩することもできます。

アクセス情報

昭和記念公園へのアクセスは、JR西立川駅からが徒歩2分と近く便利です。西立川駅は東京駅から約50分、新宿駅から約40分です。ひとつ手前のJR立川駅からアクセスする場合は、徒歩10分で公園東側の入り口「あけぼの口」に到着します。暑さが落ち着いて過ごしやすくなってきたこの時期、ぜひコスモスの絶景を満喫してください!

国営昭和記念公園
東京都立川市緑町3173
公式HPはこちら

この記事を書いた人

さわら

さわらフリーライター、イラストレーター

栃木県生まれ。北海道、神戸で暮らし現在は東京在住。カナダに約1年間留学、アフリカ・マラウイでインターンシップを経験。イラストレーターとしても活動しており、主に風景や植物を描いている。自然が好きで、美しい風景を求めて旅をしている。カナダ人の夫と2人暮らし。