【バングラデシュ】ベンガル人文化?アツい視線から生まれるコミュニケーション
バングラデシュ

ガン見

せかいのおと

ベンガル人の習性【ガン見】

川野さん ■ライター情報
川野歩美
国際貨物輸送代理店で3年勤めた後退職、一念発起し協力隊として新たな道を行く。バングラデシュにコミュニティ開発隊員として派遣。農村地域の生活向上の為、住民組織の結成や組織での活動、会議の促進などを目指す。現地の人と一緒になって活動することをモットーに、体当たりでバングラ文化に飛び込んで行く。
Webサイト:walker’s time in Bangladesh~

バングラデシュに来てからもうそろそろ1年が経とうとしているが、どうしようにも赴任当初より変わらないことがある。それは、何をするにもどこにいくにも、必ずついてまわる、バングラデシュの人々からの熱い視線。二度見三度見は当たり前、ともすれば至近距離からの凝視である。
特に、外国人は恰好の標的となる。


初めは、好奇心丸出しのベンガル人に私もたじたじであった。あの目力で、あの人口密度で見つめられるのを、ちょっと想像してみてほしい。
ガン見
勇気ある者は、積極的に私に話しかけてくる。まずは国名を聞かれる。そして、兄弟は何人か、結婚しているか聞かれ、終いには、給料はいくらかと聞いてくる。 初対面の人にいきなりそこまでプライベートな質問をしてくるのだ。

これが普通。 この一年で、この質問に何百回、いや、何千回答えてきたことだろうか。定番一問一答形式の会話、私のベンガル語もこれだけは完璧であると言える。話が盛り上がると、かなりの確率で紅茶やミルクティをごちそうしてくれる。お家に招かれてご飯をごちそうになることも。一見シャイだが、一度打ち解けるとものすごい歩幅で距離を縮めてくるベンガル人。暑苦しいと思う時もあるけど、なんか、憎めない。

この記事を書いた人

せかいのおと

せかいのおと

せかいのどこかで、協力隊が見て、感じて、触れたこと。 せかいのどこかの、そこに生きる人の暮らし、習慣、文化のこと。 遠くの国のはずなのに、近くに感じる体験記をお届けします。

チャンネル

チャンネルをもっと見る