TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

ミラノのドゥオーモ大聖堂で世界最大級のゴシック建築を堪能しよう!

ドゥオモ

ミラノのシンボルでもあり中心部に位置するドゥオーモ。天を突きさすような135本もの尖塔が特徴的なゴシック建築。青空を背景に白さが際立つ、その迫力には圧倒させられます。さて中はどうなっているのでしょうか?? さっそく入ってみましょう!

見どころポイント 昔の人の知恵はすごい!暦を知るための子午線

天井の穴

星座
中に入ってまず探していただきたいのは、天井にある小さな穴。入ってすぐの所にあるので上を見上げて探してみてください。そこから光が差し込み床にある星座のマークを照らします。季節により光の角度が変わり子午線の役割を果たしているのです。床にはふたご座やしし座の絵が描かれています。
きちんと計算して作ったのですね。

開放感のある空間と圧巻のステンドグラス

ドゥオモ内部

ゴシック建築の特徴は上へ上へとのびる空間。中に入るとその空間の広さ、天井の高さに思わず溜息が出ると同時に神聖な気持ちになります。人間との大きさを比較すると柱の大きさがわかりますよね。

ステンドグラス

見てください! このステンドグラス。後陣にあるものは12枚×12枚の144枚。このステンドグラスのお陰で内部はとても明るく感じます。主には旧約聖書、新約聖書、キリスト、マリア様の生涯を描いたものです。文字が読めない人でもわかるようにわかりやすく描かれています。

聖バルトロメオ

ひと際目立つこの方は聖バルトロメオ。生きながらにして皮をはがされたという方。よく見ると頭の後ろから皮がつながっているのがわかります。

こんなこともできます ドゥオーモの屋上テラスに上ってみよう

ドゥオモ 上
ドゥオモ 上

もし時間があるのならぜひドゥオーモの上に上ってみましょう。入口はドゥオモの裏手。(北と南と2つありますが、その日により開いている場所は異なるので確認が必要です)。エレベーターもしくは階段で上ることができます。私は楽なエレベーター(13ユーロ)で上りました。
上からはあの尖塔が間近で見ることができ、それぞれの尖塔の上には聖人が載っています。ドゥオーモ広場も一望。気持ちいいですね!

CIMG0722

ぜひ探していただきたいのはこの大聖堂の建築を命じたヴィスコンティ家のジャン・ガレアッツォ。ドゥオーモ後ろ側の尖塔の上にいます。

マリア様

もうひとつ探していただきたいのは黄金に輝く聖母マリア様。この大聖堂は聖母マリア様に捧げられています。

ドゥオーモ内部へ入るまで

現在、(2016年3月時点)ドゥオーモ内部に入るには2ユーロかかります。
そしてとても厳しいセキュリティーチェックがあります。ペットボトルのお水は飲めるものか確認するためその場で飲んでみせ、カバンの中身は全て見せるのでかなりの時間がかかります。屋上テラスに上る場合も同じようなチェックがありますので、時間に余裕を持って訪れることをおすすめします。


その他イタリアの観光スポットはこちら→イタリア観光地31選! 現地取材で調べあげたおすすめスポット | TRIP’S(トリップス)

アクセス情報

地下鉄M1号線DUOMO駅すぐ。一般客の入口は正面向かって一番右の扉から。

ミラノ ドゥオーモ
HPはこちら

この記事を書いた人

小春日和

小春日和

これまで約200回、50か国以上を旅してきた大の旅好き。社会人になってからスペイン語も勉強し日本を紹介することにも興味も持つ。 東京と京都で活動。時間のある時は特技のピアノで気晴らし。かわいらしい小物やお菓子が大好きです。