恋のパワースポット!沖縄・古宇利島のハートロックで幸せを育む
日本

自然が作った愛の形。沖縄・古宇利島(こうりじま)にある愛のパワースポット「ハートロック」。
壮大かつ色鮮やかな沖縄の海に、すっとまたがる長い橋を走り抜け、着いた先は小さな島。
あなたをきっと幸せにしてくれる、透き通る海の先端に佇むハートロックを見に行かないか。

古宇利島は恋の島

large
Photo:http://weheartit.com/

冬でも日中は20度はある沖縄・本島。那覇空港に着き、車をレンタルし、国道58号線を突っ走る。

窓を全開にし、大声で歌いながら約2時間車を走らせ、沖縄・北部の名護市を目指す。
どんどん奥に入り、沖縄県道110号とぶつかるところを左折すると、世界は急に開けた。

topimage1
Photo:http://kourijima.info/

海がなんともいえない美しさ、それに加え空の広さは計り知れない。
海と空がこんなにも近くにいるなんて、この真ん中を突っ切れるなんて。
「キャー!綺麗!!」と、誰もが叫びたくなる場所だ。

わたり切るとそこには小さな島、古宇利島。この島は古くから「恋の島」や「神の島」と言われており、沖縄版「アダムとイブ」のような言い伝えがある、と言われている。

1002971_10100551047109230_2000940864_n

海にはサンゴ礁が生息し、空はプラネタリウムのような星空となる。海も、空も、空気も、すべてが美しい島だ。

愛の証、ハートロック

小さい島ながら、カフェや食堂などは、橋を渡ったすぐの周辺を中心に、何件かある。
ホテルやゲストハウスなどもあるようで、泊まりがけでゆったりする人も少なくない。

さて、今回の目的はハートロック。向かうは「ティーヌ浜」、橋のある場所とは反対側にあるビーチ。
細い道をすいすいと車で駆け抜けながら、私たちはティーヌ浜を目指した。

駐車場に着くと、そこからすぐそこにビーチがあった。わくわくしているせいか、自然と足早になってしまう。

ビーチが目の前に開けた瞬間見えたのは、海の中に不自然にも岩が二つ、普通じゃない形でそこにあった。

1005895_10100551046909630_1656513528_n

「ハートロック」だ。自然が作り出したこの形は、古くからの言われである「恋の島」にふさわしい。

綺麗な海と、愛の証である「ハートロック」を見つめながら、恋人・夫・もしくはこれから恋人になるかもしれないであろう人のことを思い浮かべ、愛につつまれてはいかがだろうか。

きっと、たくさんの愛と幸せが、あなたに訪れるであろう。

この記事を書いた人

Fujico

Fujicoフリーライター/地域観光プロモーター

2015年に独立。主にフリーライターとして活動している。専門としては、トラベルや観光地域プロモーション。そして英日の翻訳・通訳も行っている。独立前は畑違いの販売業で、店舗マネージャーを務め、大阪で日々汗を流していた。 広く色々な場所にいくよりも、一つの場所を開拓するのが好きな性分で、今は月1以上のペースで東京の離島・伊豆諸島に通っている。趣味は「観光客がいない素晴らしい場所を見つけ出し、それを紹介して喜んでもらうこと。そしてその後どや顔する」ことである。音楽と英語をこよなく愛す、目指せボーダーレス女子。

チャンネル

チャンネルをもっと見る