【ベン・メリア】カンボジアの崩壊が進む神秘の遺跡
カンボジア

次の旅先を選ぶときはいつも戸惑う。
遠いし、高いし、時間ないし…などで、旅行自体をあきらめてしまう人も少なくないであろう。

では、そこが、なくなってしまうとしたら?

IMG_1183

「どこか」が「なくなる」なんて、考えたこともなかったけれど…可能性があるのだ。
常に崩壊が進行している神秘的・不思議な絶景の遺跡、カンボジアにある「Beng Mealea(ベン メリア) 」。

DSCN1590

いつか「その時」が来る前に。

アンコールワットから東へ…密林の中にひそかに眠る美

カンボジアと聞くと最初に思いつくのはアンコール・ワットだった。

DSCN1546

なんとなく、アンコール・ワットさえ行っておけばオッケーかなぁ。と思いながら、私はカンボジアに行こうとしていた、そんなある日。
カンボジアにドハマりし、毎年の如く行っていた友人に、カンボジアに行くことを、ポロっと話してみたら、彼女は眼をキラキラさせて、
ベン・メリアは絶対に行った方がいい!いつかはなくなってしまうかもしれないから。」と話した。

いつかはなくなってしまう?どう言うことだ?と頭に「ハテナ」を浮かべながら、とりあえず旅行の日程に入れてみた。

アンコール・ワットなどを無事観光し終わり、向かうは東へ。

DSCN1598
車ではアンコール・ワットから1時間半ほど、トゥクトゥクでは2時間ほどかかる。
雨季で水があふれかえっている広い道を通り、街を通り、奥の奥まで向かった。
そして、そこは、あった。

木々はベン・メリアを突き破り、空に向かっていた。

門のようなところにきた。真っ直ぐの道を歩く。小さな子供が笑顔で遊んでおり、ふとこちらも笑顔になる。
門を進んでいった先には、息をのむような光景がまっていた。

IMG_2741

崩壊が進んだ寺院、ベン・メリア。崩壊の仕方は容赦なく、木々が建物を突き破り、自然との融合がなんともいえない迫力を生んでいた。

DSCN1569

中にはいると、観光客用の道が作られているが、足場が不安定なところもあり、冒険をしに空き家に侵入している子供のような気持ちになる。

DSCN1591

雨季には緑の藻が建物に絡みつき、自然に呑まれたかのような、そんな雰囲気をかもしだす。
歴史の中にタイムスリップしたかのような、静けさと、神秘さ。

cambodia-517983_1280
Photo:http://pixabay.com/

崩壊が進み、いつかなくなってしまう前に。あなたの目で是非みていただきたい。

※ベン・メリアは、撤去作業が進んでいますが、元々地雷がある場所です。心配な方はツアーに申し込んでいくのがオススメです。

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る