ごめん大津駅、見直した。超オシャレに変身した姿「ザ・カレンダー」をご覧ください。
日本

琵琶湖観光の玄関口・JR大津駅。駅を出れば坂の向こうに琵琶湖が! でも駅はなんだか寂しい感じ。そんな、ちょっと残念だった大津駅が、2016年10月超オシャレに生まれ変わったと聞き、興味津々で覗きに行って来ました。
開放的でオシャレなブックカフェに、機能的で清潔なカプセルホテル、何でも相談できる観光案内所など、大津観光の拠点にしたい充実したスポットになっていました!

京都駅からたった9分の大津駅


JR大津駅は京都駅からたったの9分。琵琶湖の玄関口として、県庁のある駅として知られていましたが、JR西日本と大津市による「大津駅リニューアルプロジェクト」でオシャレな駅に生まれ変わりました。場所はホームの向こうに見えるあの建物。早速行ってみましょう。
お目当てのニュースポットは大津駅舎の2階。大津駅で北口改札(びわこ口)を出た左にあります。

複合施設「ザ・カレンダー」


「大津駅リニューアルプロジェクト」の新施設「ビエラ大津」のキーテナントとなるのが「THE CALENDAR(ザ・カレンダー)」と大津駅観光案内所「OTSURY(オーツリー)」。
ザ・カレンダーを運営するのはオシャレカフェなどを数多く手がけるバルニバービ。これは期待できるんじゃない? 写真はザ・カレンダーの入り口。観光案内所・オーツリーとも繋がっています。

開放的なブックカフェ

P1220234 (800x600)
こちらはザ・カレンダーのRESTAURANT&CAFEスペース。モダンで開放的な空間でオシャレ度MAXです! ゆったりとしたテーブル席の他、坂の向こうに琵琶湖が見えるカウンター席もあって旅の高揚感もUP!
モーニング(冬期は休業)からディナーまで、地元野菜を使った地産地消のメニューが数多く用意されていて、何度でも訪れたい寛げる場所になっています。

ライブラリースペースにはブックコーディネーターが選定した本が並び、自由に読んだり購入することも可能。コーヒーを楽しみながら、のんびりと読書を楽しむ近所の人も。こんなオシャレなブックカフェが家の近くにあるなんて、羨ましい~!

こちらは奥の小上がりのスペース。大津駅のホームが見えます。さっき駅のホームから見えていた場所がここなんですね! こちらにも本が沢山。鉄道好きの方やお子さんが喜びそうなスペースです。
この奥には卓球ラウンジがあって、自由に利用することができます。お子さんに人気かと思いきや、大人が本気で打ち合っていたりすることも(笑)。

写真はランチタイムのホリデープレート。フリーのドリンクがセットになっていて、自由にいただけます。時間を忘れてゆっくりと過ごせます。

営業時間
モーニング 7:00~9:30(L.O.)※冬期は休業
ランチ   11:00~14:30(L.O.)
ディナー   17:00~22:30(L.O.)
カフェ  7:00~23:00(L.O.)

カプセルホテルも


RESTAURANT&CAFEの奥にはカプセルホテルがあります。カプセル数は男性36室、女性24室。シャワーユニットはもちろん、コインランドリーも完備。京都で宿がとれなかった時に覚えておくと結構穴場ですよね! もちろん滋賀の観光の拠点としてもおすすめ。
カプセルホテルのシャワーだけでは物足りない人は、観光案内所・オーツリーで配布されている銭湯マップが便利ですよ。他にも、いろいろな大津の観光情報・グルメ情報がありますので、立ち寄って情報収集してみましょう。

THE CALENDAR
公式HPはこちら

ごめん、大津、見直した!

正直、今まで何もない印象だったJR大津駅。リニューアルされたと聞き、半信半疑で訪れたのですが、あまりにもオシャレな施設になっていてビックリ!!
これなら大津はもちろん、琵琶湖観光や彦根や長浜散策の拠点にもぴったりです。しかも「ホテル予約が取りにくい」と言われる京都までJRで9分なんて、ザ・カレンダーのカプセルホテルは穴場としても重宝しそうな施設でしたよ。

この記事を書いた人

ヒイラギ

ヒイラギトラベルライター

国内中心に飛び回るトラベルライターです。心に残る風景、注目のグルメ・イベントを中心にお伝えします。

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る