タイ王国の特集

南北で全然違う。北スペイン「巡礼の道」を実際に歩いてみた
スペイン

スペインというと太陽の海岸リゾート、フラメンコ、闘牛、白壁の街……などのイメージがあると思いますが、これは全て南スペインのイメージ。

実は北スペインは全く違う景色と歴史を持ち、同じ国とは思えないほど!
「グリーンスペイン」と呼ばれ、緑が多く、山と海の景色、そしてキリスト教文化が根強く残り、その代表とされるのが聖地サンチャゴ・デ・コンポステーラに続く巡礼の道です!

今回は巡礼の道の一区間を歩いてみました!

今回、紹介するのは約4kmの一区間

スペイン巡礼の道
今回ご紹介するのはMelideからArzuaまでの一区間。約4kmです。
早い方だと1時間もあれば歩けてしまう区間で一番歩きやすい区間でもあります。ちょっと体験するにはベストな区間といえます。

森林浴を楽しみながら歩こう

スペイン 巡礼の道
道はこのような土の道なので足にも優しい。
そして何よりもこの緑!! 森林浴を楽しみながら歩くことができます。
スペイン 巡礼の道
時にはこのような小川を渡り……
スペイン 巡礼の道
のどかな牧草地帯を横目で見ながら……
スペイン 巡礼の道
喉が渇いたら水飲み場もちゃんとありますよ!
スペイン 巡礼の道
こちらはガリシア地方独特の穀物などを保管しておく倉庫。

迷子の心配はいりません

スペイン 巡礼の道
基本的に一本道で迷いません。さらに木に黄色い矢印もあり安心です。
スペイン 巡礼の道
もしくはこのような道しるべとなる石碑もあります。
1992年に巡礼の道は世界遺産に登録されているので、巡礼の道の整備はきちんとされています。

いろんな楽しみ方があります

スペイン 巡礼の道
時々、このように果物やチーズの販売もあります。
無人の場合が多いのですが、お金を横にある籠に入れてスタミナ補給をしていきましょう!
スペイン 巡礼の道
様々な国籍の人が巡礼の道を歩いています。
この方は靴下を干しながら歩いています! 頭いい!!
スペイン 巡礼の道
巡礼者の人との会話も楽しいですよ。
すれ違ったりしたら笑顔で挨拶! これが基本です。

ホタテ貝をつけて歩こう

スペイン 巡礼の道
巡礼者の3種の神器は水を入れるひょうたん(水筒)、杖、そして聖ヤコブのシンボルマークでもあるホタテ貝。
この方もリュックサックにつけていますね。
巡礼の街のいたるところで売られているので歩く前にぜひ1つ買っておきましょう!
スペイン 巡礼の道
こんな素敵なホタテ貝もあります!

区間を決めて巡礼しよう!

巡礼の道は総距離1,000km以上あるので、全部を走破するのはなかなか難しいですよね。最低でも1カ月はかかります。
中には木もない炎天下を歩かないといけなかったり、勾配のある坂道が続いたりと状況も様々。

今回ご紹介した区間は、木立もあり比較的平坦なのでウォーキング感覚で楽しむことができます。
旅の途中で楽しむのであれば区間を決めて少しづつ歩いていくというやり方がお薦めです!

ベストシーズンはやはり春か秋

北スペインの冬はとても寒く山岳地帯では雪になります。
また、夏は日差しが強いので日陰のないところは炎天下となり体力も消耗します。
歩くのであればベストシーズンである春か秋がおすすめです!

この記事を書いた人

小春日和

小春日和旅行コンシェルジュ 現役添乗員

これまで約200回、50か国以上を旅してきた大の旅好き。社会人になってからスペイン語も習得し、スペインはもちろん、イタリア、ポルトガル、フランス、イタリア、中南米が特に詳しいです。 東京と京都に拠点をおき、国内も時間のある時は車でドライブ。常に何か面白いものはないかとアンテナをはっています!かわいらしい小物やお菓子が大好きです。

チャンネル

チャンネルをもっと見る
タイ王国の特集