• 恵比寿の隠れ家で食べつくす、肉が苦手な私もうなった“○○の肉”! | TRIP'S(トリップス)

    恵比寿の隠れ家で食べつくす、肉が苦手な私もうなった“○○の肉”!
    日本

    たけし入口

    たけし入口
    暑い夏、体力をつけるためにも食べるべきは肉。
    ということで、脂っこいお肉が苦手なわたしが選んだのは、

    牛肉、豚肉、鶏肉、ラム肉… 馬肉の時代到来です。

    ヒヒーンと鳴き声が出てしまいそうな、絶品馬肉を食べてきました!

    恵比寿4丁目の交差点を広尾側に1本入り、合ってるか不安になるくらい進むと、角にハンバーガー屋が見えます。
    その3階が『馬肉屋たけし』です。

    店内はこじんまり。
    この上の階にも個室があるようで、そちらも埋まっていました。
    こじんまりした店内

    さすが馬肉屋。

    メニューを見て思わず笑ってしまうくらい、馬、馬、

    馬づくしメニュー
    写真右側は焼肉メニュー。
    〈ヒモ肉+基本野菜〉を2人前~注文可能で、
    ヒモ肉以外のお肉は、このセットに追加する形でオーダー。
    つまりセットを頼まずに、焼肉の単品オーダーはできないみたいです。

    焼肉以外でいろいろ食べたいものがあったので、
    たてがみ後ろ髪引かれながら、量的に今回は見送り。
    隣のテーブルを見ると、ジンギスカン鍋みたいな山型のお鍋で焼いていました。

    ちなみに、このお店を教えてくれた姉に、焼肉を見送ったことを話すと、
    『食べなかったの!?焼き馬、超おいしいよ!?!?』と大声で言われました。
    焼き馬は、ジンギスカンっぽいらしいです。はい、リベンジします。

    今回のオーダーは、以下の7品。
    ・馬刺しユッケ
    ・馬刺しハツ
    ・馬ナス味噌炒め
    ・馬スジ煮込み
    ・馬チャーハン
    ・きゃべつコンブ
    ・キムチ

    ~お通し&馬刺しの部~

    ◆お通しにも馬。
    お通しとビール!
    細切り馬肉とニラ・ニンジン・ネギなどを炒めたものがお通しでした。
    初めて食す、火の通った馬肉、その味は…

    ちょっと歯ごたえがあって脂の旨みが強い豚肉、という感じ。ほぉーこれが馬肉か!

    ◆ユッケとハツ
    ユッケ狂としては、食べずには帰れません。
    焼肉屋さんなどで見かけることも多くなった、馬肉のユッケ。ですが、やはり専門店は肉が違います。
    太目に切られた肉厚のお肉は、タレと黄身と最高に絡まりあっていてたまらない…。

    そして、これがもう恐ろしく絶品だったハツ。醤油で食べます。わたしのイチオシ。
    馬刺しハツ薄切りですが、コリコリとプリプリがかなりしっかり感じられます。
    クサみもなく、馬を食べていることを忘れてしまいそうになりました。

    ~馬一品料理の部~

    ◆馬スジ煮込み
    馬スジ煮込み
    やっぱり、牛よりも脂の旨みを感じます。ただスジではあるので、ちょっと脂はキツめ。

    ◆馬ナス味噌炒め
    馬ナス味噌炒めハツの次においしかった!
    お時間がかかるそうなので、早めオーダーのほうがいいかもしれません。
    まろやかというよりも、結構濃い味噌味でした。これはもしかすると、ライスと一緒に食べたら最高なのでは…?

    ~ご飯物の部~

    ◆馬チャーハン
    メニューには載っていませんが、壁にかかった黒板にも、いくつか馬系〆ものがありました。
    おすすめっぽいマークがついていたので、馬チャーハンにしてみました。
    馬チャーハン
    チャーシューの代わりに、細かく切った馬肉が入っていましたが、馬の味は特にせず。
    ただこのチャーハン、衝撃的なパラパラ具合。
    1つとしてくっついてる米粒がないくらい、パラッパラ
    馬の脂効果?わかりませんが、チャーハンの鑑や。

     

    こんなにがっつりしっかり馬肉を食べたのは初めてでしたが、いや馬肉っておいしいんですね!
    しかも牛豚に比べてヘルシーなのに、栄養価が高いという素敵なお肉。

    家庭ではもちろん、ごはん屋さんでもあまり見かけない馬肉。
    どうせ食べるなら、専門店で食べるに超したことはありません。

    ちなみにこのお店のオーナーは、電波少年でも有名になった芸人ドロンズの石本さん。
    この日もいらっしゃって、とっても笑顔で接客してくださいました!

     

    おまけ。
    デザートは、恵比寿の大人気ジャパニーズアイス・OUCA
    ジャパニーズアイスオウカしろくまかき氷でも有名ですね。やっぱりかなり並んでいました。
    季節ごとに変わるメニューに、目移りしてなかなか決められない…
    アイスのショーケース悩んだ末に、左から時計回りに季節ものスイカ氷菓・鉄板の櫻小豆・興味深い紫蘇クリームチーズ
    わたしのオーダーお肉で重くなった胃を癒すには、アイスはうってつけ。

    こうして、絶品馬肉と絶品アイスに満たされた高野まりあでした!

     

    この記事を書いた人

    まりあ

    まりあ

    94年3月東京生まれ、日本語日本文学専攻。3大欲求は書きたい食べたい撮りたい。美術館へ行くカカオジャンキー。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る