• 東京朝市「アースデイマーケット」は、人と触れ合いながら地球について考えられる場所。 | TRIP'S(トリップス)

    東京朝市「アースデイマーケット」は、人と触れ合いながら地球について考えられる場所。
    日本

    earthdaymarket15

    ごはんは毎日欠かさず食べるもの。ごはんをしっかり食べて自身の栄養に変えたいものです。近年、日々の食生活を改善しようとする取り組みが様々な場所で行われています。
    代々木公園けやき並木で毎月開催されている「東京朝市 アースデイマーケット」もそのひとつです。今回は、清々しい日曜日の朝にそちらへ行ってきました。気持ち良い風が吹き抜ける市場には一体、どのようなものが販売されているのでしょうか?

    東京朝市「アースデイマーケット」とは?

    Earthdaymarket1

    東京朝市「アースデイマーケット」とは、代々木公園けやき並木で毎月どこかの日に開催している有機農業市場のこと。私たちの食を支えている土に感謝を込めて、地球のためにできることとして、有機農業やオーガニック系商品を扱っている人たちが出店をしています。

     

    Earthdaymarket2

    そこでは気になった商品を買ったりできるわけです。もちろんここでしか買えない商品もあるでしょう。さて、アースデイマーケットではどのようなお店が出店していて、且つどのような商品が買えるのでしょうか?
    この日は、「新しい朝が来た!」と言わんばかりの清々しい日曜日の朝でした。風が気持ち良く吹き抜けるなか、お店に突撃取材してきました。

    朝は何が飲みたい? コーヒー!

    earthdaymarket4
    早速、市場を入ってすぐ近くにあったのが「NARUTO Coffee & Roast」さん。
    朝早くから訪れたこともあって、オーナーさんは忙しそうにされていました。でも、覗きに来た私に対して親切に対応してくださりました。コーヒーの試飲をさせていただくことに。
    朝の爽やかさに合うような飲みやすいコーヒーでした。うん。美味しい!
    earthdaymarket6
    コーヒーはスペシャルティーグレードやオーガニックコーヒーを販売されています。ブラジル、インドネシア、エチオピア、メキシコなどコーヒーの生産地から厳選。苦味も少なく、しかも中にはカフェインレスのコーヒーもあるので、寝る前にホッと一息つきたい時に良いかもしれません。

    earthdaymarket5

    朝は何が飲みたい? フレッシュジュース!

    「いやいや、コーヒーよりもフレッシュなジュースの方が私はいいんだよ!」って思っていらっしゃる人もいるかもしれません。安心してください。ありますよ。
    DSC02353
    Why Juice?」が提供するCold Pressed Juiceは文字通り、非加熱で栄養素を壊さないコールドプレスト製法で作られています。
    お店の方に説明を色々と受けながら、今が旬の「梨」+「パイン」+「ジンジャー」のミックスジュースをいただきます。値段は700円ですが、値段以上の価値がある味で美味しいです。何よりも健康的になれそう。
    体に染み渡りました。ずっと「美味しいわー」と独り言を呟きながら、写真を撮らせていただきました。

    緑色のナス?! 有機野菜販売店もあります

    earthdaymarket11
    私は見たことがありませんでした、まさか緑色のナスがあるなんて! 紫色のイメージが強いナスですが、有機農業を施したナスは緑色にもなるようです。(もちろん、紫色も販売されていました。)
     

    販売していた「ののま自然農園」のオーナーさんに聞いてみました。
    私「なぜこのような色なんでしょうか?」
    オーナーさん「うーん。何でなんでしょうね?」
    ええ(笑)! まさかの回答! どうやらオーナーさんも不明だそうです。でも珍しいのでお店の特徴的な野菜になっていました。

    earthdaymarket10
    このお店の特徴は農薬を使わない、肥料も使用しない、そして耕さないの完全な自然農。珍しい栽培農法に驚きです。
    オーナーさん曰く「野菜たちに厳しくしています。」とのこと。頑張れ野菜たち……!
    そんな自身で育つ力を持った野菜たちはとても美味しそうに輝いていました。

    元気なヤギさんの贈り物はパン

    earthdaymarket12
    山羊さんの贈り物 〜修験deパン〜」が販売しているこの大きなパンに使われているのは、有機自然栽培の小麦を自家製粉したこだわりの小麦粉。自家製天然酵母とワイン酵母で低温発酵を2~3日かけて行い、溶岩窯で焼き上げるというひと手間ひと手間を丁寧に作り上げられます。
     
    丁寧に作られたパンの中に「山羊さんのミルクパン」がありました。水を一滴も使わず、代わりに山羊ミルクを使用しています。実際に購入して食べましたが、本当に独特の味わいでした。
    earthdaymarket14
    そして、お店の前にヤギさんがいました。この子のミルクから作られたのかな?
    (……何度も声をかけても全く顔を上げてくれなかったけどね! 残念!)

    アースデイマーケットの公式エコバッグも販売

    DSC02362
    地球について考えよう。まずは自身の買い物から変えてみますか?
    入り口の本部テントには公式エコバッグも販売されています。手作りのエコバッグですが、しっかりとした作り。
    DSC02363
    英字新聞柄のおしゃれが際立つエコバッグはトートサイズとビッグサイズの2種類。250円という安さに驚きです!

    まとめ

    earthdaymarket15
    ご紹介したお店以外にも、毎日食べたくなるようなおいしいもののお店がたくさん立ち並んでいました。有機栽培のお米で作られたおにぎりや、ハンドメイドの雑貨などランチでもショッピングでも充分に楽しめます。
    まずは足を運んでみて雰囲気を感じてみてください。お店の方と話しながら、地球のことについて考えてみませんか?

    東京朝市 アースデイマーケット
    公式HPはこちら

    ゆったり地球のことを考える、そんな大切な時間を過ごせます。

    取材をしてよかったと思います。有機栽培の野菜やそれを使った料理などをいただき、加工しないそのままのおいしさにも気づくことができました。忙しい毎日の中で日曜日の朝にゆったりと地球のことを考えられること。人と触れ合うこと。そんな時間、とても大切ですね。

    この記事を書いた人

    浦川 俊平(たろう)

    浦川 俊平(たろう)フリーライター&ブロガー

    1989年生の長崎出身、現在関東在住。海外在住フリーランスライター&ブロガーを目指す、スペイン好きな男。旅の楽しさに目覚め、海外で活躍出来る人になる為、日々様々なことを勉強中!

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る