• 盗難対策/財布・ベトナム編 楽しい海外旅行にするためにやってはいけない事とは? | TRIP'S(トリップス)

    盗難対策/財布・ベトナム編 楽しい海外旅行にするためにやってはいけない事とは?
    ベトナム

    こんにちは、Halcaです。今回は、楽しい海外旅行にする為に気をつけるべきこと、「財布・ベトナム編」をお送りします。

    ==========================

    【やってはいけない事2つ!】

    ①財布の中身を見せてはいけない。

    ②小銭入れを利用してはいけない。

    ==========================

    【ベトナムドンについて!】

    ・ベトナムドンを瞬時に日本円に換算する方法

    ・お金の種類を把握しよう!

    ==========================

    ①財布の中身を見せてはいけない。

    財布2

    ベトナムの通貨はとにかく桁は大きいですし、全てお札の為、種類が多くて慣れていないとワタワタしてしまいがちです。

    ベトナム人は結構お世話好きの人も多いので、札を選ぶのを手伝ってくれようとする人もいるのですが、中には本来の請求額の10倍のお札を選ばせたりする悪い人もいます。

    例えば、50,000VND(≒260円/2015年10月現在)札を選ぶはずなのに、わかっていないのを良いことに、500,000VND(≒2,600円/2015年10月現在)札を選ばせたりするという事です。更に、一瞬の隙を見てお札を抜き取ったりする人もいるので、いくらどのお札を出せば良いのか直ぐにわからなくても、財布の中身は見せないで下さい。

     

    ②小銭入れを利用してはいけない。

    財布1

    「どうせ、カードなどは使わないし!」という事で、小銭入れを海外では使用する人もいるみたいなのですが、先にも書いた通り、ベトナムドンは全てお札です。

    更に、10,000VND(≒53円/2015年10月現在)以上は、プラスチックで出来ています。その為日本円の様にきっちり折り畳むことが困難な為、財布からお金を出そう財布を開けた途端にビックリ箱の様にお金が飛び出しちゃう!なんて事もあるんです。。。

    お札を床にばら撒いてしまったり、そうならない為に財布に集中し過ぎて他の荷物に気が回らなくなったりしては大変です。

     

    財布をコンパクトにまとめたいのであれば、100円ショップなどで売っている2つ折りの財布が便利です!

     

    tohe1

     

    余談ですが、写真の財布は、toheというベトナムの障害者や孤児の子どもたちが描いた絵を元にデザインされた雑貨を扱うお店の商品です。

    その話はまた今度書きますね!

     

    tohe2

     

    私のおススメは2つ折りの財布より、ペンケースです。

    旅行中に日本のポイントカード類やら免許証やらが必要になる場面は、一切ありません!

    もしもの為に、クレジットカードとお札が入っていれば良いのでペンケース位が十分です。間違っても、日本のカード類が入った財布にプラスしてベトナムドンを入れて使用するという事はしないで下さい。危ないですよ~!!

    万が一スラれたとしても、被害が最小限におさまるようにしておいたほうが良いと思います。

    tohe3

    ちなみにこちらもtohe!

    tohe4

     

     

    ちょっぴり大げさに見えるかもしれませんが、鈴を付けて音が鳴るようにしたり、チェーンを付けて鞄から離れないようにしておくのもスリ対策としておススメです。

    東南アジアは日本では無いので、恥ずかしさやダサさは置いといて、安全対策をしっかりとして下さいね。

    DSC00488

     

     

     

    さて、ここからはベトナムドンがお札しかなく、更に桁が大きすぎてわかりづらい!という方にベトナムドンについて説明していきます。

    ・ベトナムドンを瞬時に日本円に換算する方法

    vnd

    その日のレートによって多少の誤差はありますが、ザックリ計算したい場合は、0を2つ消して、その消した数字を2で割ります。

    そうすると大体の日本円の価格になります。

    【例】

    500,000VNDから0を2つ消します!

    そうすると5,000になりますよね?

    そ5,000を2で割ります。2,500になりますよね?

    つまり、500,000VNDは大体2,500円くらいという事がわかります!

     

    さて、日本円に換算する方法がわかったら最後はお札の種類です!

    ・お金の種類を把握しよう!

    まずは、千単位のお札からです。

    1000vnd

    千単位のお札のみ、紙で出来ています。

     

    続いて1万単位のお札です。

    10000vnd

    1万単位のお札から、プラスチックになります。それぞれはっきりと違う色なので、色で覚えるのも良いですね。

     

    最後は、10万の単位のお札です。

    100000vnd

    こちらも、プラスチックで出来ていて、1万単位のお札よりちょっぴり大きいです。

    ※プラスチックのお札は、たまに割れたりかけたりしている事があります。そうなるとお金として受け取ってくれないお店がほとんどですので、ベトナムドンに両替したりお釣りを受取った際には、割れていないか、かけていないかしっかり注意してくださいね。

     

    最後に全部並べてみました!種類が多いですね~!

    all

    ちなみに、現在ハノイではほとんど出回っていないのですが、500VND(≒2.7円/2015年10月現在)もあります。(ホーチミンではまだ使われているそうです。)

    大体のお店では、1,000以下は四捨五入で切り捨てられるか、お釣りの代わりに飴をくれます。

    500VNDがもらえたら、ある意味ラッキーかもしれません!

    500vnd

    この記事を書いた人

    Halca@Earth

    Halca@Earthライター

    宮城県仙台市出身。現在婚活中。高校生時代に短期留学で訪れた台湾をきっかけに海外生活に興味を持つ。2年間のオーストラリア滞在後、現在ベトナムハノイ在住。趣味は、色々な国で民族衣装を着る事。民族衣装を着こなす為に日々体型維持に取り組んでいる。現在狙っている民族衣装は、シンガポール・カンボジア・台湾。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る