• 伊豆大島の海と山を一望できる温泉露天風呂ー浜の湯 | TRIP'S(トリップス)

    伊豆大島の海と山を一望できる温泉露天風呂ー浜の湯
    日本

    伊豆諸島・大島。三原山の周りに町が栄える、東京からわずか約1時間半のこの島には、多くの魅力が詰まっている。
    その魅力の一つ、それは温泉。いくつか温泉スポットはあるのだが、その中の一つ、水平線と山を一遍に一望できてしまう、島ならではの魅力を凝縮した温泉、「浜の湯」を紹介したいと思う。

    海の真横!混浴の温泉露天風呂

    IMGP8440
    元町港から徒歩4分。伊豆大島唯一の混浴温泉露天風呂である「浜の湯」。
    港からすぐ近くでとてもアクセスしやすいこの露天風呂は、地元の人々にも愛されている憩いの場。
    その人気の理由はやはりこの景色だ。目の前に広がる海は青々とした透き通る海と水平線。
    新鮮な空気を吸いながらほっとした一息が味わえる、そんな場所だ。

    男女グループ・ファミリー・カップルできても利用しやすいのがここの特徴。
    水着着用の混浴風呂なので、一緒に温泉を楽しむことができる。水着は基本持ち込みだが、レンタルで借りることも可能である。

    なかなか一緒に旅行に来ても、温泉に限っては男女で共に楽しむ場所は少ない中、ここは素晴らしいビューを共に共感できる貴重な場所だ。

    この気持ちよさにこのお手ごろ感

    IMGP8423
    魅力なのはそれだけではない。ここの入浴料は大人400円、子供240円とかなりお手頃だ。(2015年5月現在)
    この値段で、こんなにも気持ちよく、綺麗な海が一望でき、晴れていればその先には富士山が拝められる。

    人気の時間帯は夕日が見れる夕方。太平洋に沈みゆく太陽は、言葉を失うほど美しい。
    竹芝に戻る就航前に訪れ、一風呂浴び、戻る人も少なくない。

    浜の湯のお湯は、三原山が噴火した際に湧きだした天然の温泉であり、こころなしか、入った後の肌はすべすべで、女性にかなりオススメだ。

    温泉に入るまでの流れ

    IMGP8414
    ここではまず、入浴料を払った後に、男女別の脱衣所で水着に着替える。
    この中にシャワー室が設けられているので、体・髪はここで洗っておく必要がある。
    固形のボディソープのみ用意されているが、シャンプー等はないので、自身でもってくる必要がある。

    体を綺麗に洗い流したら、いざ露天風呂へ!
    IMGP8427
    ドアを開ければ目の前に広がる壮大な海・バックには三原山。少し熱めのお湯が体を癒し、自然とおいしい空気と共に心も癒す。

    ついつい、隣にいた人ともお話ししたくなるこの解放感。いつでも入れる手軽さがたまらない。

    是非大島に来たら立ち寄って頂きたい。男女隔たりなく楽しい旅行にできること、間違いない。

    浜の湯
    住所:〒100-0101 東京都大島町元町字トンチ畑882
    営業時間:13:00~19:00(7月・8月は11:00~19:00)
    利用料金:大人300円・子供150円
    定休日:年中無休(天候により休業・時間短縮もあります)
    アクセス:元町港から徒歩4分

    この記事を書いた人

    Fujico

    Fujicoフリーライター/地域観光プロモーター

    2015年に独立。主にフリーライターとして活動している。専門としては、トラベルや観光地域プロモーション。そして英日の翻訳・通訳も行っている。独立前は畑違いの販売業で、店舗マネージャーを務め、大阪で日々汗を流していた。
    広く色々な場所にいくよりも、一つの場所を開拓するのが好きな性分で、今は月1以上のペースで東京の離島・伊豆諸島に通っている。趣味は「観光客がいない素晴らしい場所を見つけ出し、それを紹介して喜んでもらうこと。そしてその後どや顔する」ことである。音楽と英語をこよなく愛す、目指せボーダーレス女子。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る