• 下田海中水族館にペリー、アンティーク…伊豆・下田の魅力 | TRIP'S(トリップス)

    下田海中水族館にペリー、アンティーク…伊豆・下田の魅力
    日本

    マンタ

    海を見上げ
    伊豆半島の下田といえば、海が有名ですよね。
    まるで外国のような白い砂の海岸は、大人気の観光スポット。

    ですが、今回は海ではなく「街」中心ののんびり観光プランをご紹介致します!
    テーマは、ズバリ「日常を離れて、のんびり」
    伊豆急下田駅中心に、徒歩orバス圏内の観光をしてきました。

    海のお隣、イルカが待ってる水族館



    まず向かったのは下田海中水族館。駅からバスで約7分です。

    マンタ
    大きな水槽は圧巻!
    まるで海の底から見上げているよう。

    見上げるとサメ
    ▲見上げたらそこに、サメ

    イルカとのふれあいプログラムが充実していて、一緒に泳ぐこともできます。
    私は、「ドルフィンフィーディング」というイルカにタッチしたり、餌をあげることができるプログラムに参加しました。

    イルカ顔
    間近でイルカを見て興奮!次は一緒に泳いでみたいな、と思いました。
    そして、すごく貪欲に餌を食べているのが可愛かったです。

    イルカ脂肪
    あとで展示を見て知りましたが、イルカは体脂肪が多いようです。この図が可愛くて個人的にツボでした。

    その他にも、クラゲのブースやペンギンショー、イルカショー等見所満載でした!

    赤クラゲ
    規模は小さいですが、スタッフさんが皆温かく、アットホームな感じの水族館でした。
    土日限定のアクティビティもあるようなので、公式HPをチェックしてみて下さい。


    異国情緒溢れるペリーロード

    水族館を満喫した後は、観光がてら徒歩で駅へ。
    下田は、1854年の日米和親条約によって、函館と共に外国船を受け入れた港街。かの有名なペリーが入港したことでも知られています。

    ペリーロードとは、

    黒船でやってきたペリー提督が了仙寺で日米下田条約締結の為に行進した道。
    (引用:「伊豆・下田の観光ガイド」)

    のことです。

    異国情緒溢れる街並みを見ていると、なんだかワクワク。
    「黒船美術館」もペリーロードの一角にあります。

    ペリーロード
    川沿いには、雰囲気のある素敵なお店が並んでいました。
    少し、京都の「哲学の道」辺りに似ているかも。

    花いっぱいの道
    ▲お花がいっぱい、ふわっと漂ういい香り

    アンティーク調カフェで休憩

    段々駅へ近づいてきました。
    大通りから1本入った静かな道にある、Cafe Le Deauvilleで休憩。
    駅でもらった下田マップの中で、気になったので行ってみました。

    下田カフェ
    内装がかなりお洒落で、外国に来たようでした。いい意味で異空間!
    こんな雰囲気も、下田ならでは。

    ふっくらラテ
    ラテはこんなにモクモク。
    個人的に、illyのロゴを見るとテンションが上がります!

    ここで休憩して時間を潰し、夕方伊豆急下田駅から帰りました。
    お土産も、駅で購入しました。

    行動範囲は広くないけど、のんびり過ごしてリフレッシュできました!
    下田の旅、いかがでしょうか。是非参考にしてみて下さい。

    この記事を書いた人

    カナ

    カナ

    93年香港生まれ神奈川育ち。
    高層建築物、地下、洞窟などワクワクする場所が大好き!街づくりに興味津々。
    夢はテーマパークのような街に住むこと!

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る