• 日帰りで行ける!大阪からうどん県(香川県)へ、グルメも観光も満喫の旅 | TRIP'S(トリップス)

    日帰りで行ける!大阪からうどん県(香川県)へ、グルメも観光も満喫の旅
    日本

    明石海峡大橋

    うどん県料理
    Aloha! ライターのmayuです。

    このところ「日帰り旅行」に、はまっております。

    東京出身の私ですが、大阪に移り住んで約3年。気がついたことがあります。それは、関西圏は日帰り旅行に適した立地であるということです。

    ということで、今回は話題の「うどん県(香川県)」に日帰りで行ってみました。

    明石海峡大橋を渡って、四国へ…

    明石海峡大橋

    車で香川県を目指し、兵庫県から明石海峡大橋を渡りました。

    左右に広がる海が美しく、天気の良い日にはオススメのドライブコースです。

    ちなみにこの明石海峡大橋は、兵庫県神戸市と淡路島の間の明石海峡に架かる、橋長3,911m、中央支間長1,991mの世界最大の吊橋です。

     

    うどん本陣 山田家で、うどんを堪能

    うどん本陣
    言わずと知れた、山田家のうどん。

    約800坪の広大な敷地に建てられたお屋敷は、国の重要文化財にも指定されています。

    そんなお屋敷でいただくうどんは、また格別のお味です。

    今回は、ざるぶっかけ定食をいただきました。天ぷらやお寿司もついていて、ボリューム満点でした。

    うどん本陣別アングル
     

     

    屋島で瓦投げ!

    屋島
    食後は、瀬戸内海随一の絶景スポット、屋島へ!

    屋島は、瀬戸内海に突き出している巨大な溶岩台地です。頂上部が平坦で、その形状が屋根に似ていることから屋島と名づけられたそうです。

    瓦投げ
    ここでの名物は瓦投げです。

    瓦投げとは…

    合戦に勝った源氏の将兵が陣笠を山上から投げて勝どきをあげた古事にならい、小さな素焼きのカワラケを投げ飛距離を競うもので、屋島名物の一つ。遠投力ではなく風にうまく乗せるのがコツ。戦勝にちなみ、受験の合格祈願にも霊験があるとか。屋島についてはコチラ

    瓦投げ実践
    見事に失敗です。トホホ… 運動神経の悪さがここででました。

    弘法太子空海の84番札所
    屋島寺は、弘法太子空海の84番札所です。

    多くのお遍路さんが訪れていらっしゃいました。

    さて、日帰りで行く「うどん県(香川県)」への旅はいかがでしたか?

    忙しく長期のお休みが取れない方にもお勧めしたい、癒しの1dayプランです。

    うどんをお腹いっぱい食べたい方は、早めに出発してうどん屋さんをハシゴすることをお勧めします。

    この記事を書いた人

    Mayumi Tosuji

    Mayumi Tosujiハワイを愛するママライター

    86年生まれ、2014年に長男、2016年に長女を出産したハワイを愛するママライター。早稲田大学卒業後、外資系IT企業での営業、大学でのキャリアカウンセラーを経て、現在は大阪府和泉市特産の貝パールを使ったアクセサリーブランド「kai pearl」、ギフト専門店「GOEN」をプロデュースしながら、ハワイの魅力をお伝えするライターとして活動中。ここ数年、ハワイへは毎年3、4回ほど渡航。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る