• ハノイ観光は電気自動車で格安に旧市街をまわるのがおすすめ! | TRIP'S(トリップス)

    ハノイ観光は電気自動車で格安に旧市街をまわるのがおすすめ!
    ベトナム

    はじめまして!ベトナム・ハノイ在住のHalcaです!これから、ベトナム・ハノイや近隣諸国の情報を中心にご紹介していきます。

    記念すべき第1回目は、ハノイと言えば外せない観光スポット「旧市街」のおススメな観光の仕方をご紹介致します。

    ベトナム首都・ハノイ

    ・・・とその前に、私が住むベトナム・ハノイがどんなところか知らない方も多いと思いますので、まず始めにハノイについてご説明致します。

    ハノイは、縦に細長く伸びている『ベトナム社会主義共和国』の北部に位置しています。ベトナムですとホーチミンの方が有名ですが、ベトナムの首都はハノイなんですよ。ハノイは漢字で表すと「河内」となり、街が、紅河とトーリック川(蘇瀝江)という2つの川に囲まれていたことに由来します。
    本日ご紹介する「旧市街」は、ハノイに都が置かれて以来栄え続けた、ホアンキエム湖北側エリアの事を言います。細い路地が入り組み、古い街並みが続き、通りごとに「漢方が売っている通り」、「おもちゃが売っている通り」、「布が売っている通り」、「仏具が売っている通り」などなど異なる製品が売られているのが特徴です。

     

    観光にぴったりの電気自動車

    私は、ハノイに住み始めて丸2年になるのですが、2年経った今でも旧市街の入り組んだ細い路地はまるで迷路のようで、未だによく迷います。先日も上手く道を選べば徒歩10分程度で行ける距離を迷いに迷って1時間ほど歩き続けてやっと目的地に辿り着いたくらいです。

     

    そんな入り組んだ迷路のような旧市街をスムーズにお手頃価格で観光できるのが、本日ご紹介する観光用の「電気自動車」です。電気自動車の申し込みは、ホアンキエム湖沿いにあります。

     

    旧市街のメインスポットです。

    ホアンキエムメイン

     

    乗り場は、このメインスポットのすぐ近くです。

    ホアンキエムメイン2

     

    道路を渡りホアンキエム沿いを50Mほど歩くと乗り場があります。

    11921796_898915336866485_7169217569770012084_n

     

    地図だと大体この辺りです。

    地図

    Google mapsはこちら

    着きました!電気自動車が並んでいるのですぐわかりますよ!写真の電気自動車の上に書かれた70の文字は、「9月02日 ベトナムの独立記念日:国慶節」です。

    11947520_898915260199826_8600961043439197601_n

     

    受付で、電気自動車が申し込めます。ルートは、旧市街周辺(外側)を大回りするルートと、旧市街の店舗街を細かく巡る2つのルートがあります。

    申し込み

    お値段は、7人乗りで35分200,000VND(≒1,080円)もしくは、60分300,000VND(≒1,620円)の2種類です。

    ※1台のお値段です。1人ずつのお値段じゃないのでとってもお得です。

    35分はあっという間なので、60分がおススメです。ベトナムは英語が通じないところも多いですが、観光客目当てのお仕事ですので、受付のお姉さんは英語が話せます。

     

     

    申し込んだら出発です!車内ではベトナムの演歌がBGMとして流れているので、気持ちも乗ってきます!

    電気自動車

     

    電気自動車での観光のみどころ

    ベトナムの代表的な乗り物である人力自転車シクロも沢山走っているので、横目に見ながら走れますよ。のんびりと静かに旧市街を回るのであればシクロがおススメですが、シクロは最大で2人乗りなので、みんなでワイワイお話しながら観光したい場合は電気自動車の方がおススメです。

    シクロ

     

    ホアンキエム湖の亀の塔です。

    11894822_898798666878152_1483497327_o

     

    先ほどの電気自動車の上に書かれていたのと同じく「9月02日 ベトナムの独立記念日:国慶節」の飾りです。今ハノイでは70周年記念のイベントで盛り上がっております。

    70周年

     

    電気自動車にはドアや窓が無く、吹き抜けなので、写真を撮っても綺麗に写ります。

    シクロ 道

     

    ハノイのオペラハウスです。

    オペラハウス

     

    ちなみに、電気自動車は、写真を撮りたいところで一時停止してくれたり、少しの間降りて観光スポットを見て歩く事も出来ます。(観光スポットに着くと運転手さんが「降りる?」と聞いてくれます。それ以外で気になる場所がある場合は、運転手さんに声をかけてください。)

     

    最初にも書きましたが、旧市街は通りごとにそれぞれ決まった商品が売られているので、電気自動車のゆっくりとしたスピードで通りごとに異なる店舗や人々の様子を眺めるのはとても楽しいですよ。また、シクロよりも乗り降りしやすいので、お子様連れやご高齢の方にも安心です。ハノイに来た際には是非試してみてください!

     

    さて、第1回目のご紹介いかがでしたでしょうか?まだまだライター初心者ですが、これから沢山の方に楽しんでもらえるような記事をたくさん書いていけたらと意気込んでおりますので、これからよろしくお願いします。

     

     

    この記事を書いた人

    Halca@Earth

    Halca@Earthライター

    宮城県仙台市出身。現在婚活中。高校生時代に短期留学で訪れた台湾をきっかけに海外生活に興味を持つ。2年間のオーストラリア滞在後、現在ベトナムハノイ在住。趣味は、色々な国で民族衣装を着る事。民族衣装を着こなす為に日々体型維持に取り組んでいる。現在狙っている民族衣装は、シンガポール・カンボジア・台湾。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る