アイスランドに片想い
アイスランド

アイスランド 雑誌

アイスランド総合研究所ロゴ

特別企画「tripro VOICE アイスランドWEEK」
アイスランド総合研究所の企画「アイスランドに関する記事募集」でご応募いただいた記事のうち、「特別賞」「優秀賞」に輝いた記事を掲載しています。
今回の記事は「特別賞」に輝いた、小沢 明子さんによる「アイスランドに片想い 」です。


アイスランドに行きたい!!とはじめて思ったのは1997年。
今から18年も前のこと。

雑誌の「海外で暮らす」特集で、アイスランドの記事を見た私は瞬時にハートを射抜かれました。
見開き2ページで、当時12人いた日本人の住人のうちの3人がブルーラグーンをはじめ、 アイスランドの人々の暮らしを伝えていました。
そこから猛烈で長~い片想いがはじまりました。

アイスランド 雑誌

当時は今のように簡単にネットで調べものできませんから、まず旅行会社に問合せます。
すると旅費は50万円オーバー。
20代前半の私にはあり得ない金額です。
友だちと海外へ行こうなんて話しになっても、もちろん時間と金額で断られてしまいます。
ではと、ハワイへ行き、台湾へ行き、ニューヨークへ行き…なんてしている内に 18年も経ってしまいました。

『これは…このままでは一生行けないのではないか!!』

もうひとりで行こうと、ようやく決心しました。

『片想いの相手、アイスランドに会いに行こう!』

そして2014年7月24日 、ケプラヴィーク空港へ降り立ちました。
通常の海外旅行にある浮かれた気持ちはまったくなく、
『やっと、会えた。やっと、会えた。…』
そればかりで、このどうしようもない熱い気持ちを胸に、バスからの景色をぼーっと眺めていました。

アイスランド 片思い

アイスランド故郷

アイスランド景色

アイスランドは初めて行ったのに、故郷みたいな国でした。
なんだか、ほっとして居心地が良いのです。(まるで海外から日本へ戻ったかのように…)

そして20代のうちに借金をしてでも行けば良かったと思うような国でした。
今タイムマシーンに乗って、あの頃の私にぽーんと航空券を渡してあげたい。
そうしたら、考え方とか人生の歩み方とかが変わっていたのではないか?!
そう考えてしまうほど(普段あまり動じない私でも)心動かされる国でした。

18年の片想いも実り、私とアイスランドの関係ははじまったばかり。
これから2年に1度は行きたいと、一生行き続けたいと思っています。

最後に。
ブルーラグーンは世界中の人が裸の付き合いをする、地球をぎゅっと凝縮して、 そこには幸せしか残っていない、といった愛のある場所でした。
これがまさにアイスランドです。
アイスランドブルーラグーン

アイスランドのことが気になってしまったあなたへ!
2014年9月27日(土)~28日(日)に行われるツーリズムEXPOジャパンに、駐日アイスランド大使館が出展いたします。どうぞお立ち寄りください!
詳しくはこちら:ツーリズムEXPOジャパン

この記事を書いた人

アイスランド総合研究所

アイスランド総合研究所

「アイスランド総合研究所」は、アイスランドを愛するすべての人が参加できるアイスランドファンのための団体です。各種キャンペーンなどを通じ、さらに多くの方にアイスランドの魅力に触れていただけるよう活動中。

チャンネル

チャンネルをもっと見る