TRIP\

【東海汽船×Crew World×tripro】御蔵島Part7 対談 “船で働く女子×飛行機で働く女子”
日本

船で働く女子×飛行機で働く女子

今回の企画で、御蔵島の旅へ行ってきた3人と、それを実現させてくれた東海汽船から、美人広報/大道さんにご参加頂き、“船で働く女子×飛行機で働く女子”という、興味深い対談の様子をお届けします!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クララ/(右奥) CAを経て、Crew Worldを運営する㈱KoLabo代表。御蔵島へは6度目。
10才迄を船の上で暮らしている。
ちぎー/(右手前) 現役CA12年目。御蔵島は7度目。アクティヴですぐ旅行にいく。
大道さん/(左手前) 東海汽船・広報。島旅のエキスパート。
最近、魚突きにはまっているそう。
よっしー/(左奥) triproメンバー。自然が大好き。

カツオドリ/是非、夜の山へ

旅の達人であるクララさんに、国内旅行のおすすめはどこ?とお聞きしたら、即、“御蔵島だ”と答えられたのが切っ掛けで始まったのが今回の旅です。
しかし、この旅で、新しい発見が沢山あって、当初考えていたよりも、大大充実となった事をご報告しつつ、女子トークは盛り上がりました。

――カツオドリっていう鳥が、私たち大好きになってしまって。

大道 た、食べたりですか?
全員 違う、違う。(笑)
クララ 1年に1回だからまだ食べてなくて。(笑)

――一同笑

御蔵島では昔、カツオドリを大事な動物性たんぱく源として食していましたが、現在では、保護のため、一年に一度だけと決められています。

ちぎー 大好きになったー、っていうとね、美味しかった、みたいだね。(笑)
大道 見た目がですね?

――あの愛くるしい声と、見た目ですかね。楽しくて、真似したりとか。

大道 漫画チックですよね。
ちぎー 夜に光るキノコを見に行ったとき、道路でカツオ鳥が巣に戻るところを目撃したり。森の中でサッサッサッて動いてたり。

――ユニークで。他にはない体験でしたね。

大道 そんなに近くで見られるんですね。

――島の方が愛を込めて、『こいつら、ばっかだよな〜』っておっしゃってたりして。

クララ あぁ、言ってた!
(よっしーの物真似が)似てる、超そっくり。(笑)

――これも魅力の1つだと思いました。

ちぎー 巣の数が日本一らしいです。
クララ 私たちがちょうど滞在しているときも、ホテルに獣医さんがいて、
カツオドリの生態を調べていましたね。
大道 研究のために、ですか。
クララ 御蔵に色々な人が入るようになってから、影響が無いか、とか。
今のところ無いみたいですけど。
大道 結構、御蔵は森も保護されてますもんね。
ちぎー そうですね。
大道 私、カツオドリって、遠目でしか見たことないんですけど、
すごくバタバタしているんですね。
クララ そうなんですか。是非、夜の山に!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船で働く女子×飛行機で働く女子

クララ 御蔵は身近ですね。御蔵なら、ちゃっと行けるのがいいなぁと思って。
ちぎー 週末ちょっと、とかもできるよね。
クララ あと、私たちは仕事柄飛行機に乗る機会がすごく多いので、
旅行で飛行機に乗っても、あまり旅行した気分にならないんですよ。
大道 あぁ、そうなんですね!
クララ 電車くらいの感覚で飛行機に乗るので。
船だと、乗るときだけでなく、パッキングする時から旅してる気分ですね。
大道 船旅って、ちょっと違った旅の始まりですよね。
クララ やっぱり、いいですよね。
ちぎー 本当に旅に出る、という実感が湧きますね。
大道 それは、私にとっては真逆でして。
ち・ク なるほど~!面白い!
大道 先月、隠岐諸島の方にアテンドでお客様と行ったんですけど。
羽田から米子のほんのちょっとの区間でも、飛行機に乗ったらすごく楽しくて!
仕事なのに、私まで旅気分でしたね。皆さんと反対です。(笑)
クララ 本当に逆~!私たちは船に乗ると、ワクワクしますもん。
大道 私なんて、船に乗るとパジャマに着替えるくらいです。(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

――大道さんは、どうして船の会社に入られたんですか?

大道 私は、前職も船関係だったんです。コンテナを運ぶ、貨物船のところなんですけど。
出身も大阪の港区なので、向こうの区に行くのに川を越えないと行けなかったりして。
橋がないから船に乗ってたんです。船はすごく身近でしたね。
で、転職するとなったとき、私はすごく小笠原海運に入りたかったんですが、
募集の枠がなかったので、グループ会社の東海汽船へ就職しました。
クララ 昔、初めて小笠原丸に乗ったとき、色々な所に桶が置いてあって、心配になりました。
ちぎー 私も思った!(笑)
すごく袋が目立ちました!何メートルおきかに。(笑)

――とても、ありがたいですけどね。

大道 あれ、すごくお客さんをびびらせますよね。

――一同笑

大道 そんな光景にびっくりしたのも最初のうちだけで、
いまはもう、すっかり“仕事場”という感じですね。
なんで、この間、仕事で空港に行ったときは、
『旅がはじまるー!』という感じでワクワクしました!
大道 普段置かれてる環境によりますよね。
クララ 真逆ですもんね~。
ちぎー 船はラクですよね。ごろんってなれるから。
クララ 寝転がれますよね。
大道 やっぱり、船の12時間と飛行機の12時間は違いますよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船旅には、女の子が楽しめる要素が沢山ある気がします。

大道 自分が見る、船に乗られるお客さんは、釣りとかダイビングの方が多いんです。
観光に来られるのは、おじいちゃんおばあちゃん、といったイメージだったので、
皆さんのような若くてキラキラした女性が乗船されて、
こんなに船旅を楽しんでいらしたのか!とびっくりしました。
クララ 相当楽しませていただいてますよ!(笑)

――『島ガール』の取り組みをされてますよね。

クララ 島ガールのコンテンツ、すごく面白いと思いました!
大道 ありがとうございます。そういう層のお客様にもっと知ってほしくて。
こうして直に、船を満喫している若い女子のお話を伺うと、とっても嬉しいです!
ち・ク まだ知られてない方多いですよね~。
知ったらハマってしまうんではないか!と思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大道 船旅の楽しみは、おじさんだけじゃないですよね。
クララ むしろ、おじさんの楽しみ方がわからないです!(笑)
大道 おじさんは、デッキにレジャーシート敷いて、
お酒飲んでくさやを食べるのが楽しいんですよ。
クララ なるほどー!
ちぎー でも私もいつも、レジャーシート広げちゃいますね!
大道 あ、本当ですか?でも、おじさんはくさやを食べてるんですよ。(笑)
ちぎー まだ、くさやは食べてないです。(笑)
クララ カップ麺を必ず持ってくるように、と言われてて。
大道 それは素晴らしいです。船旅のプロの私のオススメは、缶詰ですね。
イナバのタイカレーとか。

――いいですね~!

大道 あれは湯せんで温められるので。電子レンジは、船にないんですけど。
ちぎー 湯せんはどうやってやるんですか?
大道 給湯器はあるので、何かお湯を入れるものを持参していただければ。
それか、カップ麺を食べたあとの容器もオススメですね。
湯せんするとちゃんと温まるので、焼き鳥の缶詰とか、ハマって食べてます。

――あの甘い濃い味いいですよね~!

大道 そうなんですよ!

――一同笑

ちぎー いつも缶詰とかは、どこで食べられてるんですか?
大道 普通に、そこらへんとか、お部屋で食べてますね。
ちぎー 橘丸だと、他にどこか食べるところはありますかね?
大道 レストランがあるんですけど、営業時間以外は解放されているはずです。
そこに給湯器もあります。
クララ それはいいですね!
大道 缶詰と、レトルトパウチの物がおすすめですね。これも湯せんで温まるので。
やっぱり、カップヌードルだけでは飽きてしまいます。
小笠原丸に乗るときは特に!
クララ 確かに、私も相当お菓子を持って行った覚えがあります。

――バッグの中にお菓子が詰まってましたよね。(笑)

大道 素晴らしいです。
クララ 酔うことも想定して、色々なパターンの、酔っても大丈夫な食事を用意しています。
おにぎりの海苔を外したりとかね。
クララ やっぱり、持ち込む食べ物を考えるのも、船旅ならではの楽しみですよね。
大道 今日初営業公開の橘丸っていう船があるんですが、
私は今晩乗って、八丈島まで乗って、帰ってくるんですね。
一同 おぉ~!
大道 ほぼ24時間じゃないですか。なんで、何食べようかな、と思って。(笑)
作戦練って、これから買い出しです。

――早速、楽しみですね〜。

大道 レストランも新しいので、新メニューもチェックしたいですけどね!
クララ 確かにー!
船×飛行機女子トークは、さらに盛り上がっていきます。
Part8へ!

この記事を書いた人

よっしー

よっしー

千葉県出身、1980年生まれ。モデルや海外での経験をへて、翻訳などをしています。特技は民謡、タイ/ハワイアンマッサージ。趣味は三線を弾くこと。自然が大好きで、犬とじゃれ合っていると幸せに感じます。言葉よりも先に、体で表現してしまうので、ジェスチャーで会話をしているようです。
成田空港航空旅客数 10億人達成記念 SNS投稿キャンペーン 2017

チャンネル

チャンネルをもっと見る
タイ王国の特集