「りぼん」とスカイツリーがコラボ!キスシーン満載で胸キュン止まりませんでした
日本

みなさんの子供時代の思い出の週刊、月間漫画は何ですか? 男の子なら少年ジャンプやマガジン、コロコロ、女の子だったらりぼん、なかよし、ちゃお、などでしょうか。

そんな数あるマンガ雑誌の中で、本日は2017年で創刊60周年を迎える「りぼん」がスカイツリーとコラボレーションした「250万乙女のときめき回廊」が開催されているというので行ってまいりました。

回廊展望台へ

スカイツリーへやってまいりました。
IMG_1454
見事な快晴! 絶好のスカイツリー日和ですね。
まずは、360mの展望デッキへと向かいます。
IMG_1455
事前にチケットを購入している方と、当日券を購入する方は入口が違いますのでご注意くださいね。
IMG_1457
まずは350mの展望デッキまでのチケットを購入。エレベーターで地上350mに向かいます。

展望デッキで東京のパノラマを堪能

展望デッキはたくさんの人で賑わっていました。
IMG_1465
富士山をとてもきれいに見ることができました。
IMG_1462
ちなみにこのスペースでは、3月17日までの毎週金曜日の夜に「SUPER SKYTREE DISCO」を開催しています。こちらも合わせて楽しんでもいいですね。
IMG_1469
展望回廊のチケットブース前には大きな看板が。

展望回廊へ

チケットブースにて展望回廊へのチケットを購入します。
IMG_1470
エレベーターの中に、すでに「りぼん」の世界が……!
IMG_1472
IMG_1473
モニターには展望回廊に到着までのカウントダウンが映し出されます。

「りぼん」の世界

エレベーターを降りると目の前に現れる「りぼん」の表紙。
IMG_1481
今回のテーマは「250万乙女のときめき回廊」。「250万」とは何かというと、250万部の発行部数を達成した80~90年代の人気漫画を中心に展示してあることからのネーミングだそうです。
展望回廊の名の通り、らせん状になっている会場。会場の隅から隅まで「りぼん」で埋め尽くされています。
IMG_1458
IMG_1475
それでは進んでいきましょう。
IMG_1487
まずは胸キュンのキスシーンの数々!
IMG_1483
この望遠鏡を覗くと、胸キュンシーンが!
IMG_1486
ネタバレになってしまいますが、「天使なんかじゃない」のキスシーンの奥には富士山が! 素敵~!とトキメキ度数が急上昇しました。
IMG_1496
また眼下に広がる美しい光景もあいまってドキドキも上昇! これが世にいう「吊橋効果」なのでしょうか?

憧れのヒロインになれる?

アプリを使用してなりきり写真が撮れる、なんて言う夢のコーナーもあります。
IMG_1485
「ひめちゃんのリボン」をはじめ人気漫画のヒロインになりきった写真が撮れますよ。
IMG_1495
また、自分がマンガの表紙になれるコーナーも。
自分が子供の頃に憧れたヒロインになれるなんて夢のようですね。

「りぼん」の歴史を感じる

IMG_1498
続いては、壁いっぱいに広がる60年分の「りぼん」の表紙のコレクション。
60年という年月の重みを感じますね。自分が買った思い出のある表紙を探すのも楽しかったです。

最高地点には

IMG_1505
ソラカラちゃんが最高地点をお知らせしてくれる向かいには、人気漫画の人気キャラクターが!
IMG_1504
等身大のイケメンキャラクターたちと記念撮影ができちゃいます。
毎号楽しみにしていた「おまけ」の展示もありますよ。
IMG_1507

人気漫画を舌で味わう

展望回廊から降りた天望デッキフロア340のSKYTREECAFEでは、人気漫画とコラボレーションしたメニューを味わうことができます。
IMG_1515
筆者は愛読していた「ママレードボーイ」とコラボレーションした、「チキン・ママレード・サンドイッチ」をいただきました。
コラボメニューを注文するとオリジナルのコースターがもらえますよ。
IMG_1516
大好きだったミキだ~!と興奮! コースターは4作品11種類の中からランダムでの配布だそうなので、筆者はラッキーでした。
さあ、サンドイッチの到着です。
IMG_1520
これは! ときめき度MAXです! 味もママレードの甘酸っぱさとほのかな苦みがマスタードの風味と合わさり、本格的なおいしさでした。
大パノラマを見ながらの食事も気持ちが良かったです。

会場を巡って楽しむスタンプラリー

スカイツリー全体をめぐって楽しむスタンプラリーも用意されています。
IMG_1459
IMG_1460
スタンプは全部で5個。全部集めて、景品引換所に行くと……
IMG_1535
オリジナルのシールをもらえます。

筆者もコンプリートしました。

どきどき、ときめきを感じて

子供のころに愛読していたりぼんのキャラクターたちに、懐かしさを感じながら、子供ながらに恋愛ストーリーにドキドキした気持ちを思い出しました。

もちろん、スカイツリーからの景色をメインに楽しんでも楽しいと思いますが、この「りぼん」の回廊でさらにドキドキ気分が増すと思います! 皆様も、ときめきを感じにスカイツリーに上ってみてはいかがでしょうか?

250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE
チケット情報
東京スカイツリー展望デッキ 当日券: 大人(18歳以上)2,060円
展望回廊          当日券: 大人(18歳以上)1,030円
東京スカイツリー

だっけど気になる~!(アニメ、ママレードボーイ主題歌より)

この企画のドンピシャ世代なので、なつかしい展示の数々にもう童心に帰ってはしゃいでしまいました。そういえばクリスマスプレゼントにママレードボーイのロボット型のレコーダーをサンタさんにもらったなあ、なんて忘れていた思い出が蘇ってきたり。タイトル通り「ときめき」がいっぱい詰まった企画でした。

この記事を書いた人

小川希

小川希

舞台俳優の傍ら、隙間を見つけては旅行に繰り出す。旅行先では、グルメ、美容グッズ、現地の人気なものを試す事が何よりの楽しみです。甘い物が大好きでスイーツには目がありません。その一方「ダイエットインストラクター」の資格も持つ。好きなものを食べて痩せる方法を日々模索中です。アートにも興味があり、写真展・絵画展、デジタルアート展などをめぐることも好きです。世界遺産検定二級取得

チャンネル

チャンネルをもっと見る