住宅街が壁画アートだらけ!梨花洞「路上美術館」が楽しすぎる
韓国

韓国路上美術館

2時間程のフライトで行けてしまうお隣の国・韓国は、ソウルフードに買い物・エステ・K-POPなどで人気の観光地。何度か訪れる人も多いと思いますが、いつもお決まりのコースになってしまっていませんか?

今回はそんな韓国でいつもとは違った風景を楽しめる梨花洞(イファドン)を紹介します。梨花洞は、作家や住民による約80個もの壁画アートやオブジェなどの芸術作品に溢れ、「路上美術館」と呼ばれている街。お散歩をしながら、気軽に写真撮影も楽しめてワクワクしてしまいます!

インスタ映え間違いなし!「路上美術館」が楽しすぎる

住宅街にたくさんの壁画アートが!

梨花洞は、地下鉄4号線「恵化駅」2番出口から徒歩10分のところにあります。
多くの劇場がある大学路から、ソウルの街並みを一望できる「駱山公園」の方向へ進みます。
韓国路上美術館
すると次々と壁画アートが現れはじめます! 地図までもが個性あふれるアートでワクワクしちゃいます!
韓国路上美術館
小道や階段が点在する昔ながらの住宅街に数多くのアートが溢れる不思議な光景です。曲がり角、パイプや窓枠さえもアートの一部として溶け込んでいます!
韓国路上美術館
作家や住民によって描かれたアートは、優しく素朴なものからポップでユニークなものまで様々で見ているだけでもとても楽しいです。
韓国路上美術館
お次は階段アート!
長い階段を使って描かれたアートは迫力があり、写真の撮りごたえがあります!
韓国路上美術館
階段は座って撮るのがお決まりですかね!
ひと組ずつ順番に写真を撮るため、列ができている場所もあります。
韓国路上美術館
ドラマの撮影などでも使われているお花の階段!
韓国路上美術館
そして立体的に浮かびあったトリックアート!
自分もアートの一部となって写真を撮ることができちゃいます!
韓国路上美術館
見るだけでなく、アートと一体化できるなんて楽しすぎます!
韓国路上美術館
壁画のなかでも人気のある羽のアート。しっかりはまります!
韓国路上美術館
カフェやお店の壁にもアートが描かれています。
梨花洞は坂や階段が多いので、疲れたらカフェで休憩するのも楽しみのひとつです。

オブジェもお見逃しなく!

まだまだ「路上美術館」は見所満載です!
壁画アートだけではなくオブジェや彫刻などの芸術作品もたくさん点在しています。
韓国路上美術館
建物の屋上にも彫刻と花びらのような不思議なオブジェを発見!
韓国路上美術館
頭に鳥?が乗ったかわいらしい親子と犬のオブジェ。
韓国路上美術館
こちらはおじさんと犬が空中を散歩しているようなオブジェ。
 
ユニークで心温まる芸術作品に触れることができ、インパクトがありインスタ映えするような撮影を楽しめる「路上美術館」。
いつもと違った韓国を体感できること間違いなしのスポットです!

季節を感じながらソウルの街を一望!「駱山公園」にも寄り道

韓国路上美術館
梨花洞を訪れた際に立ち寄ってほしいスポットをもうひとつご紹介します。
ソウル中心部の街並みを一望でき、ドラマの撮影でもよく使われている「駱山公園」です。
春には桜が咲きとても綺麗です!

草木や花々と豊かな自然に囲まれた、とても気持ちのいい公園です。
韓国路上美術館
広大な敷地には散歩コースや遊具・運動器具などがあり、ウォーキングや運動をしている人の姿を目にします。
韓国路上美術館
韓国の公園には遊具だけでなく健康促進のため運動器具が置かれています!
ジムに行かなくても近所の公園に行けば気軽に筋トレができるなんて羨ましい!
韓国路上美術館
公園には展望広場がいくつかあり、あらゆる角度からソウルタワーやソウルの街並みを一望できます。
24時間開放されているので、夜景を楽しむデートスポットとしても人気です!
 
「路上美術館」「駱山公園」のある梨花洞は、ソウル駅や明洞から4号線で1本、東大門の隣「恵化駅」から徒歩10分程と、メジャーな観光地からも近くアクセスも抜群。いつもとは違った韓国を体験する一歩としてとてもおすすめのスポットです。
 
韓国好きの私は、これまでの韓国旅行で2回梨花洞を訪れました。新しい壁画アートや、季節によって変わる公園の風景を楽しんでいます。
まだ駱山公園からの夜景を見たことがないので、また行きたいと思います!

「路上美術館」を訪れる際の注意点!

「路上美術館」のある梨花洞は、坂道や階段が多いです。また広大な敷地の「駱山公園」にも立ち寄るには、動きやすい服装やシューズをおすすめします!
また「路上美術館」は多くの壁画アートがあり撮影も楽しめるスポットで興奮してしまうのですが、住宅街ですので静かに楽しんでいただけると幸いです!
住民の方の苦情によって消されてしまった壁画もあるそうです……。
いつまでもこの素晴らしい街並みを残していけるよう、私もマナーを守って楽しみたいと思います!
「路上美術館」を訪れる際の注意点!

この記事を書いた人

AN

AN

航空会社に勤務していたこともあり国内・海外共に旅行が大好きです。センス溢れるインテリアにかわいい小物が詰まったカフェや、おしゃれなレストランを巡ることも趣味のひとつです!パンの資格やポーセラーツの資格取得など新しいことに挑戦することが好きな主婦です。

チャンネル

チャンネルをもっと見る