「磯丸すし」の寿司食べ放題はいかに!?あの磯丸水産の姉妹店でたらふく食べた結果
日本

磯丸寿司 食べ放題

これまで「寿司の食べ放題」というワードを耳にするやいなや、すぐに現地へ駆けつけてきたTRIP’S。
今回もまた見つけてしまいました、最近新しく開店したという寿司食べ放題のお店。
その名は「磯丸すし」。
名前を聞いてお気付きの方も多いかと思いますが、そう、この寿司の食べ放題を実施しているお店は「磯丸水産」の姉妹店とのこと。
「磯丸水産」といえば海鮮系のメニューが充実している人気の居酒屋です。そんなお店が仕掛ける寿司の食べ放題とは一体どんなものなのでしょうか?

磯丸水産姉妹店の寿司食べ放題!

私が行こうと思い立ったのは11月の下旬。「磯丸すし」はまだオープンしたばかりで、場所も横浜駅西口からすぐの場所にあります。
そんな条件下では人気が高く予約必須だろうと考えたため、すぐに予約のため電話を取ります。
すると予想に反し、運が良かったのか一発で希望した日時で予約を取ることができました。

磯丸寿司
そして迎えた食べ放題当日。食べ放題に備え、一日かけて体調や胃腸の調子を整え、わくわくしながら「磯丸すし横浜西口南幸店」に向かいます。
この日は土曜日の19時頃。横浜駅から近い通り沿いは、休日の夜を楽しむ人で非常に賑わっていました。
その賑やかな通りに面したお店に到着し、のれんをくぐると、入り口近辺に2組ほど順番待ちの方が。予想ではもっと長い列ができているものだと思っていましたが、それでもやはり確実なのは予約して訪れることだと思います。

食べ放題のシステム

磯丸寿司 食べ放題
店員さんから「当店は初めてのご利用ですか?」と聞かれたため頷くと、食べ放題のシステムを説明してくれました。
磯丸寿司の食べ放題は、ふたつのコースから選ぶことができます。ひとつめは「ゆかりコース」。その内容は80種類が食べ放題というもの。もうひとつは「きづなコース」。食べ放題の種類はなんと100種類に増えます。ただ、どちらのコースにも、中には寿司ではない一品料理なども含まれています。
そして、注文の形式はというと、卓上にあるタッチパネルで注文していきます。注意点としては、一度に注文できるのは最大で6種類まで。貫数は30貫まで頼むことができるようです。
……と、ここまで店員さんの説明を聞いていて、ふと、このシステムは前にどこかで見た気がしてきました。それもそのはず、このシステムはほとんど以前TRIP’Sで取り上げた「きづなすし」の食べ放題と同じなのです。どういうことかと調べてみると、実は「きづなすし」も「磯丸すし」も運営会社は同じ、とのことでした。

いざ注文!

制限時間をむかえた時に後悔しないためにも、すぐさま注文していきます。
磯丸寿司 食べ放題
▲まずは中とろ、あじ、サーモン、赤えび、いくら軍艦からスタート!
こちらの店舗は地下階にも広がっており、見たところ席数だけでも100席ほどありそうです。そのため、タッチパネルでの注文といえども、頼んだ寿司がテーブルに届くまで時間がかかってしまうのではないかと危惧していました。その予想は良いほうに裏切られ、5分もかからないうちに到着。
予想外の速さになぜか、早く次の注文をしなければ、と焦ってしまいます。
磯丸寿司 食べ放題
▲食べたいがままにどんどん注文。うに軍艦とあぶり中とろ。
磯丸寿司 食べ放題
▲枝豆と梅水晶
磯丸寿司 食べ放題
▲鮭ハラス焼き
磯丸寿司 食べ放題
▲白海老の唐揚げ
寿司を食べ過ぎて他のものが食べられない事態を防ぐため、早い段階で一品料理も注文しました。鮭のハラス焼きがお酒にとても合います。
磯丸寿司 食べ放題
▲続いてしゃこ、あぶりえんがわ、甘えび、鯛づけ、こはだ、かんぱち
磯丸寿司 食べ放題
▲早くもそろそろ辛くなってきます。ズワイガニ、子持ちこぶ、納豆軍艦、とり貝、岩のり軍艦、あぶり赤えび
磯丸寿司 食べ放題
▲本格的に辛くなる前に、これまで食べたお気に入りのものを再注文。
磯丸寿司 食べ放題
▲タッチパネルを使いこなせなかったために埋もれていた、芽ねぎ、蟹盛り軍艦を発掘。
磯丸すし 食べ放題
▲最後に漬けまぐろ、ズワイガニ、穴子で締めます。
今回もお腹いっぱいいただきました。

お店の雰囲気

お店は開放的な雰囲気で広く、きづなすしと同じくオペレーションもしっかりしていました。
何より注文したものが運ばれてくるスピードが早く、ラストオーダーである30分前の時間には食べ過ぎて、もはや何も頼めない状態に。
お茶とみそ汁を頼むのが精一杯でした。
また、こちらのお店では寿司の食べ放題だけでなく、磯丸水産のように居酒屋のような使い方もできます。

ネタの質

特別新鮮というわけでもなく、値段相応という印象。
個人的には炙り系の寿司のほうが好きで、一品料理の中では鮭のハラス焼きが特においしかったです。
他のテーブルを見渡すと、まぐろ系が人気なようで、30貫すべてまぐろで埋め尽くしている方もいました。

きづなすしとの違いは?

ここまで見るときづなすしとほとんど変わらなそうです。実際お店の方に伺うと、一品料理できづなすしと少し異なるメニューがあるとのこと。
ただ、基本的にはきづなすしと同じだということでした。

総合評価

システムやネタの質、料金も含め基本的には「きづなすし」と変わらないと考えて良さそうです。
きづなすしも含めて考えると、店舗数も多く各所にありますし、あまり並ばずに入れるため、「いますぐに寿司をたらふく食べたい!」というような人にはうってつけのお店だと感じました。
あくまで寿司の食べ放題であるものの、一品メニューも充実している印象。プランには飲み放題もあるため、おつまみとして寿司以外に一品料理を食べたくなったら注文できるのは嬉しいですね。

※他の食べ放題記事もチェック!

磯丸すし横浜西口南幸店
80種類食べ放題:男性3,480円(税抜)、女性2,480円(税抜)
100種類食べ放題:男性3,980円(税抜) 女性3,480(税抜)
24時間営業(食べ放題は11:00-22:00まで)
神奈川県横浜市西区南幸2-14-3

高速で寿司を握る職人さんたち

退店する直前、この広い店舗だとひっきりなしに寿司の注文が来るはずのに、どうしてあんなに早く寿司が届くのだろう? と気になりカウンターに目を向けると、そこにはものすごい速さで手際よく寿司を握る職人さんたちがいました。芸術的なほど早くて、いつもなら注目しそうな入り口に設置してあるいけすは、こちらの写真を撮っただけでほぼスルーしてしまいました。
高速で寿司を握る職人さんたち

この記事を書いた人

甲斐 大輔

甲斐 大輔

平成元年宮崎生まれ。南国出身よろしく寒いと身体機能が低下する習性を持つ。都内の大学を卒業し、国会議員の公設秘書を務めた後、半年間海外に留学。冬のはじめの11月に成田空港に降り立ってはじめて、夏を南国で過ごしてしまったことに気付き愕然とする。 魅力ある地域にスポットライトを!が人生のテーマ。

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る