YOU何しにOrangeへ!イギリス人スティーブン編

スティーブン

こんにちは、COOのえいぶです。

Stevenは陽気なイギリス人。

10409902_634744033268407_1087052468_n

来るや否や、 「足が痛い」 と言っています。

足をひきずりながら大荷物をもってやってきました。確かに、足を見せてもらうと大きく腫れています。

「休んだほうがいいんじゃないか?」

と聞くと…

「いや、だめだ、今日はTOKYOのMandarinにいくんだ!そしてそこに行くための服も買わなきゃならない!俺は忙しいんだ!」

「昨日もHAKONEでcuteなインドネシア人のGalに会ってね、Greatな夜だったよ!」 「これまでもNAGASAKI、HIROSHIMA、MIYAJIMA…(中略)…にnon-stopで行ったよ!とても忙しかったぜ!」

と言います。

うん、せっかくの旅行、気持ちはわかります。

そして彼はひとり、足をひきずりながら出て行きました。

10416794_634744029935074_1090004198_n

夜12時ごろかえってきた彼に

「どうだった?」

と聞くと、

「Fantasticだったぜ・・・」

と恍惚の表情を浮かべます。

マンダリンホテルのレストランで16品のコースディナーを食べたそう。写真を見せてくれて、自慢げにひとつひとつ解説してくれます。 そして

「聞いてくれ、今日俺は誕生日なんだ」

とニヒルな笑顔を浮かべるSteven。

「本当に?おめでとう!!」

ととりあえずお祝いをした。 でもやっぱり足がいたそうです。

「明日はゆっくり休んだほうがいいよ」

ととりあえずアイスノンを渡しました。

「いや、だめだ。」

「俺は明日、SHIBUYAとHARAJUKUとROPPONGIのUENOに観光にいくんだ。いかなければならない。俺は忙しいんだ!」

「さらに俺はイギリスに明日夜の飛行機で帰国する。帰ったら3日間死ぬ気で仕事をする。中国の上客たちが俺を待っている(彼は銀行員らしい)。そしてその後俺は一週間SPAINに行くんだ!」

「まったくツイてない!Fairじゃないぜ、今日は誕生日だってのに足は痛くなる一方だ!」

そして彼は眠りにつきました。

 

朝8時、オシャンティーなBGMで目覚め、鼻歌まじりで

「じゃ、いってくるぜ!まずはSHIBUYAだ!」

と意気揚々と重い荷物を背負い、出て行きました。

でもやっぱり足は痛そうでした。

グッドラック!Steven!

この記事を書いた人

佐藤 永武

佐藤 永武

82年東京生まれ神戸育ち。お寿司が大好き。得意料理は24時間以上煮込む特製カレーで、一時はカレー屋の経営を志したことも。

チャンネル

チャンネルをもっと見る