TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

東京から屋久島まで往復約1万7,500円!オトクな行き方をご紹介

th_IMG_5770

島好きを自称しておきながら、今まで屋久島に行くことがなかった筆者。
理由は色々とあるのですが、屋久島までの交通費の高さが一番のネックになっていました。
しかし、今回は東京から屋久島まで1万7,500円という、格安価格で往復してきました!

屋久島はパックツアーを利用してもお高め

そもそも屋久島までの交通費はパックツアー等を利用しても、かなり高くなってしまいます。例えば、JTBの公式サイトで東京発屋久島のツアーを検索すると、最低でも5万円代からの値段設定になっています。
ここまで高くなってしまっている理由は、パックツアーは出発地から屋久島まで全て飛行機を使った行程になっているからでしょう。また、屋久島行きの飛行機運賃はいわゆる格安運賃が存在しない為、それがパックの行程にも反映されています。

LCCとフェリーを活用すれば屋久島に安く行ける!

では、今回はどのようなアクセスルートを使って安く屋久島入りしたのか! といいますと、LCCとフェリーをフルに活用しました。
ちなみに今回筆者は
成田空港⇔鹿児島空港 ジェットスター
鹿児島空港⇔鹿児島港 路線バス
鹿児島港⇔屋久島(宮之浦港)フェリー屋久島2
をそれぞれ利用しました。
これらの交通機関を利用すると、往復17,400円で往復が可能です!

ジェットスターのセールを狙え! 成田⇔鹿児島間が往復6,000円!

jetstar
LCCという概念が定着していなかった日本に格安航空旋風を巻き起こした事でお馴染みのジェットスター。今では日本のLCCの要として、すっかり定着してきました。
そんなジェットスターですが、頻繁に航空券セールを行っています。
しかし、セールは不定期で行われています。また、セールによって航空券の価格が数百円と超破格な値段だったり、定価に近い値段だったりとバラバラなので、確実に安く利用したい時に利用し辛いのが難点と言えるでしょう。
今回筆者が利用したセールは、出発の3ヶ月前に行われた成田空港→鹿児島片道3,000円というもので、比較的予約の取りやすい物でした。
ちなみに、セールを行っていない時でも片道6千円代から販売されているようです。これでも充分安いですね!

時間はかかるが確実に安い! フェリー屋久島2

Fyakushima
屋久島入りする手段は、空路か海路のどちらかになります。
船は鹿児島市内の港からの出発となり、高速船とフェリーが運行されています。
今回利用したのは、折田汽船の運航するフェリー屋久島2。驚くべきはその運賃の安さです。
ちなみに鹿児島港⇔屋久島間は
高速船トッピー&ロケット 片道・1時間50分 大人1人 15,000円
フェリー屋久島2 片道・4時間 大人1人 往復8,900円(2等料金)

となっており、フェリーは高速船の半額近い値段で利用することができます!
もちろん所用時間が2倍近く違ったり、高速船が1日に何便もあるのに対してフェリーは1日1便という制約もありますが、これらを差し引いてもフェリーを使うメリットは充分にあるのではないでしょうか。

実は手軽に行ける屋久島旅行!

今回ご紹介した方法ですと、ジェットスターが往復6,000円、路線バスが往復2,500円、フェリーが往復8,900円ですので、計17,400円となります。
もちろん宿も別手配となりますが、それでもパックツアーよりはかなり安くなるはずです。かなり手軽と言える料金なのではないでしょうか。

旅行費の関係で屋久島を敬遠していた皆さん、是非ともこれらの方法を駆使して世界遺産“屋久島”を堪能してきてください!

▼ジェットスター 公式サイト
http://www.jetstar.com/jp/ja/home

▼フェリー屋久島2 公式サイト
http://ferryyakusima2.com

▼屋久島にはなにがあるの?
屋久杉だけが屋久島じゃない!レンタカーで回る屋久島の穴場観光! | TRIP’S(トリップス)

この記事を書いた人

伊藤 太成

伊藤 太成

1990年1月神奈川県藤沢市生まれ。島を愛する男。大学生の時、離島の魅力にノックアウトされ、以降沖縄を中心に全国の様々な島を渡り歩く。ドライブも趣味としており、月に1回は日帰り温泉へ行くことを心がけている。将来の夢は日本の離島を全て制覇すること。