マチスやピカソ、モネを見出した蒐集家「シチューキン」。100年ぶりに集結したコレクションを見に行きました
フランス

ルイ・ヴィトン財団が、パリの西側に広がるブローニュの森の一角に美術館(La Fondation Louis Vuitton : 8 Avenue du Mahatma Gandhi, 75116 Paris)を完成させたのは2年前の2014年秋のこと。常設展としてのコレクションの数々はもとより、建築家フランク・ゲーリー氏によるモダンで洗練された設計、そして、屋上庭園の素晴らしさは、あっという間に話題になり、当面の予約チケットはすぐに完売。
「もう行った」という人達は、誰もが目を輝かせて話をしてくるのが特長で、森の中のガラス使いの美術館を愉しむなら、お天気のいい季節の日中というイメージがあったんですが、冬の日の土砂降りの中を出かけたとしても、きっと後悔しないはず!とお薦めしたいのが、今、期間限定展示中のIcônes de l’art moderne. La collection Chtchoukine(近代美術のアイコン-シチューキン・コレクション)。

La collection Chtchoukine――シチューキン氏のコレクションって?

……といっても、Chtchoukine(シチューキン)という名前、馴染みがないですよね。フランスで、アート好きな人たちの間ではよく知られている、ロシアの美術品蒐集家セルゲイ・シチューキン(1854年-1936年)氏は、マチスやピカソ、モネ、セザンヌ、そして、ゴーギャンなどが、まだ今のようには評価されていなかった時代にその価値を見出し、人の意見に左右されずに蒐集したことでも知られます。
その膨大なコレクションが、今回、4月から始まった、2016-17 l’année franco-russe du tourisme culturel(仏露文化ツーリズム年)を機会に、初めて一堂に会する運びになった、素晴らしい企画展なんです。
flv_6372

具体的には、どんな作品たち? たぶん、いつか見たことのあるもの……の本物!がそこここに、です。

実は、私も最近まできちんとは知らなかったんですが、私たちが教科書で学んだり、ポスターやカレンダー、絵葉書などでよく見かけて馴染みのある近代名画の多くは、ロシア国立のエルミタージュ美術館、プーシキン美術館、ギャラリー・トレティアトヴなどに分所蔵されているそうです。
flv_6354
どうして、ロシア? いえ、厳密には、ロシアの各美術館やギャラリーだけではなくて、海の向こうのMOMAニューヨーク近代美術館に所蔵されている作品もあるそうなので、ある意味では散り散りになってしまったこのコレクションたち。今回集められた名画や彫像など、上に書いた5人の他にも、ドガ、ルノワール、トゥールーズ・ロートレック、ルソー、ドラン、ゴッホなどなど、作品総数は130点にも上るそう。その他に、ロシアのアバンギャルド作品30点も加わっての公開です。
flv_6357
しかも、この至近でも鑑賞できる距離感。フランスの多くの美術館がそうなように、柵やショーケースで遮られていないのは、なんとも心地いい空間ですよね。
歩くペース、立ち止まるリズムは人それぞれ。贔屓の画家、好きな作品は、観る人ごとに違うもの。すーっと流れるように歩いていく人がいるかと思うと、誰か別のひとがじっと佇み、動かなくなったり……そこここで、時折、感嘆のため息が聞こえます。
flv_6378
今回こうしてひとつの場所に集められたのは、1948年以来のことだそうで、本当に貴重な機会。元々は、セルゲイ・シチューキン氏が集めたこの美術品たちを手放すことになったのは、彼が望んでそうしたわけではなくて、歴史の波にのまれたせい……(これも、歴史の教科書で習ったときには、遠い世界の夢物語みたいだった)1917年に勃発したロシア革命で、家も財産もすべて没収されてしまったからなんです。
そして、今、約100年後の私達の目の前に、ようやくこうして再び……私が、「夕方5時過ぎにシャトルバスに飛び乗ってでも行きたい!」と思った理由がおわかりいただけましたか?

行き方は簡単。片道たったの1ユーロ!の直通のシャトルバスで十数分。

パリの街の中心ではないものの、凱旋門のあるシャルル・ド・ゴール広場から、直通のNavettes(ナヴェット)と呼ばれるシャトルバスが10~15分間隔で運行しているので、行くのには全く躊躇いりません。時期ごとに運行時間は違うものの、ホームページには日本語での案内も出ています。小さな電気式で、片道1ユーロ。
flv2
ただ、確実に予定通りに鑑賞したければ、チケットの事前予約購入をお忘れなく。それでも、入館するまでに15分ほどは並びましたから。
flv_6436
こちらが外観。午後5時半過ぎには、もうすっかり薄闇のパリ・ブローニュですが……
flv4JPG
正面に燦然と輝くLVマークと、人々のちょっとしたさざめきは、森の中とは思えませんね。
せっかくなので、屋上テラスからの眺めも。遠く輝く高層ビルたちは、パリ市北側に位置する、新都心とも呼ばれるラ・デファンス地区です。
flv6417
さて、閉館して7分後が最終シャトル。どうぞご留意を。

C'est un bon endroit pour déclarer sa flamme. プロポーズ・フレンチスタイルはいかがですか?

屋上テラスから、ラ・デファンスの高層ビル群のその輝きを眺めながら、ふと脳裏によぎったのは、何年か前、やはり冬のこの時季の、このぐらいの空の色の時間に、エッフェル塔の最上階の展望台に辿りついた瞬間、おもむろに傍らのカップルの男性がかがみこんで指輪を取り出したシーン。 
フランスでは、プロポーズはひざまづくのが伝統スタイルなんです。

両手で顔を覆った彼女の目からは涙が溢れ始めて……あぁ、やっぱり、日本でのフランス婚(事実婚主流)勘違いを、いつかきちんと訂正できたら、と改めて感じました。

私の周りだけかもしれないけれど、フランスでも多くの女性はやはり結婚の形を望んでいて、それは、形をきちんととか理屈からではなく、このロマンチックなプロポーズの瞬間を何より待ち望んでいる夢のひとつ(の人が多い)のではないかな、と。

このテラスも、その舞台として完璧!申し分ないです。 ご旅行予定の方、プロポーズ・フレンチスタイル、いかがでしょう?

この記事を書いた人

ボッティ喜美子

ボッティ喜美子仏日通訳翻訳・ジャーナリスト

フランス在住。東京で長らく広告・PR業に携わり、1998年に渡仏。パリとニースで暮らした後、2000年からパリジャンの夫の転勤で南米ブエノスアイレスへ3年、出産も現地で。パリに戻り、地中海の街マルセイユへ転勤して13年。南仏拠点で時々パリの実家へ、家庭優先で仕事しています。Framatech社主催の仏ビジネスマン対象のセミナー『日本人と仕事をするには?』講師は10年目(年2回)。英語・スペイン語も少々。

チャンネル

チャンネルをもっと見る