台北の絶景!?「北投温泉」の地熱谷で大自然の息吹を感じる
台湾

北投温泉地熱谷

旅行をするときはグルメよりも風景・絶景優先派の私です。しかし台湾・台北といえばどうしても「グルメ」が語られがち。

▽参考
【厳選3選】台北リピーターがオススメする、台北グルメ! | tripro VOICE

風景派の私としては、グルメはもちろん、台北に潜む絶景を見たい!と固く決心して旅程を組みました。
そうして向かった先は「北投温泉」。アクセス方法なども交えて書かせていただきますので、どうぞ参考になさってくださいませ。

MRT淡水信義線に乗って北上

アクセス方法は非常に簡単です。台北を南北に貫く「MRT淡水信義線」淡水行き方面に乗車します。途中、北投駅で乗り換えて、新北投駅へ向かいましょう。改札内乗り換えですので迷うことはないはずです。
台北駅から乗車すると、30分・35元(約120円)ほどで到着。何しろ海外ですから、アクセスしやすいのも嬉しいところです。

「北投公園」へ向かう

下車したら、さっそく「北投公園」方面へ。公園を中心にして、周辺に旅館が立ち並び、「湯の川」が流れています。

北投公園

この雰囲気…日本の草津温泉かのようです。でも聞こえてくるのは台湾語か中国語か。看板に書かれている文字もしかり。不思議な気分になります。

また途中、「北投親水公園露天温泉」という公衆浴場にも出会えます。台湾では一般的に、温泉は水着着用で入浴するので、この日は断念。次に行った時にチャレンジしてみたいですね…!

「地熱谷」、圧巻の景色

そんな湯の川を上流へと歩いていくと、湯の川の温度が上がっていくのを感じます。湯けむりの量が少しずつ増していき、そして目的地「地熱谷」へ到着。
すると、迎えてくれたのは、これでもかとモクモクした湯気!

北投温泉地熱谷

この日は風がほとんどなかったせいか、湯気がかなり滞留して、視界が遮られるほど。

北投温泉地熱谷

そんな湯気を掻き分けると、そこに見えるのはエメラルドグリーンの、煮えたぎったお湯。

北投温泉地熱谷

時折ボコボコと湧き出ているのを見ると、かなりの高温だと思います。しかし台湾でも、まさか温泉がボコボコと湧き出ているとはつゆ知らず。日本と台湾というのは、出発前に想像していたよりもはるかに近い存在なのだなあと感じました。


▼台湾在住の人に聞いてみました!
「台湾で温泉に入浴する際に気をつけることはありますか?」

IMG_1778 ■台湾在住歴27年
揚大福さん


台湾では温泉に入る時に必要なものがあります。
一番は水着です。
記事中にあるように、基本的に台湾の温泉は水着着用(髪の長い女性の場合、水泳帽やシャワーキャップも)を求められるところが多いです。それは、いわば公共のレジャー施設という色が強く、男女も特に分けられていないからです。
北投温泉には水着を着用せず入浴できる場所も一部ありますが、念のため持って行ったほうがいいですね。
ちなみに水着を忘れても40元(約150円)程度で買うこともできます。

また、北投温泉のような野外での公共浴場では地面がお湯で滑ることもあるので、スリッパを持参するのが無難です。
台湾人はお節介の人が多いので(笑)、もしマナーを間違ってしまったりしてもすぐに教えてくれるはずです。
あとは実際に行ってみて日本との違いを楽しんでください。

“外国”が一気に身近に感じる体験、ぜひ旅の選択肢のひとつに入れてみてくださいね!

▽北投公園はこちら

この記事を書いた人

春菜 由香(コロポン)

春菜 由香(コロポン)TRIP'S編集長

87年北海道名寄市生まれ、旭川市育ち。名古屋大学文学部を卒業後、しばらくゲームを作ってました。Webメディアを作る上でも、とにかく面白いと心から思えるコンテンツだけを出していきたいです。ひがし北海道マニア(自称)、旅ラン専門家(フルマラソン経験あり)、写真家(名乗れるようになりたい)

チャンネル

チャンネルをもっと見る