運命の一本と出会う夏—小豆島そうめんと私の物語
日本

小豆島の海

小豆島の海

”最強のそうめん”が食べられる島があるのですが、ご存知ですか?

そうめんはどれも同じと思っている方。(かつての私ですね。)
いますぐ小豆島<ショウドシマ>に行くべし。

出会いは昨年8月・・・

瀬戸内国際芸術祭で、小豆島を訪れた時のこと。

小豆島道端アート
(島内の道端アート)

太陽ギンギンの酷暑の中、干からびる寸前に入った、小さな飲食店。
いや、お店というよりも、飲食物を提供している休憩所のような場所。
ドアなし冷房なし。申し訳程度の扇風機が、うー・・・うー・・・・・・
暑い、暑すぎる・・・

そんな時、「そうめん」が目に入りました。
ああ・・・そうめんがある・・・!

すいませんそうめんお願いします!!

正直、別に味に期待はしていませんでした。
冷たくてさっぱりしたものなら、なんでもよかったんです。

それに、『そうめんなんてどれも同じじゃろ、ハズレはないじゃろ』って思っていたんです。

あれを一口すするまでは・・・。

出てきたのは、見た目はフツーのそうめん
ガラスの器に入ったフツーのそうめんと、フツーのつゆのみ。具もありません。
でも・・・

 

ずるずるっ
・・・!?・・・うまっ・・・!!!

ハズレどころか、まさかの大当たり。
驚きました。
こんな美味しいそうめんがあるなんて…
知らなかったのはわたしだけ!?

細いのに、THEコシ

ものすごくプリップリッ!そんでもってとぅるんっとぅるんっ!
ものすごく口当たりがいいのです!

 

その秘密は『ごま油』とのこと。

そうめんは、小麦+水+塩を練ったあと、油で伸ばして乾燥させるのですが、
その過程でごま油を使用しているんですね。

小豆島そうめん

なぜごま油かというと。
オリーブオイルのイメージの強い小豆島ですが、実際降り立ってみるとものすごい、ごま油の香り。
あっちもこっちもごま油。

小豆島には、ごま油国内トップシェアの老舗・かどや製油があるんです!
そのため、島中あの芳香な香りに包まれておりました。

小麦作りに適した気候、瀬戸内海で取れる天然塩、老舗のごま油。

この三拍子そろって生まれたのが、あの“プリプリとぅるんとぅるん”そうめんなんですね。

さあ、お箸だけ持って、いざ小豆島へ。
青い海×芳香なごま油の香り×絶品そうめん= 最高の夏。

青い海

小豆島まで行くのはちょっと遠いぜ、という方。

「小豆島 そうめん」で検索すれば通販もあります。
ポチッとしたら、あとは首を麺より長くして待つだけ。

ちなみにわたしは近所の雑貨屋で買っています。
喜之助そうめん
(なぜ雑貨屋にそうめんが売っているのかはわかりません・・・)

 

最後に、ポチったそうめんが届くのを待てない方に、おすすめのちょい足しをご紹介。
めんつゆに、ごま油をちょろっと。
ネギにみょうがに刻んだショウガと大葉をどっさり。はい完璧。

めんつゆ×ごま油って、むちゃくちゃ旨い。

小豆島そうめん

・・・あ、小豆島そうめん、ごま油使用してるじゃん!さすがです。

ごま油入りそうめんとごま油入りめんつゆ。最強のふたりです。ぜひぜひお試しください!

この記事を書いた人

まりあ

まりあ

94年3月東京生まれ、日本語日本文学専攻。3大欲求は書きたい食べたい撮りたい。美術館へ行くカカオジャンキー。

チャンネル

チャンネルをもっと見る