南米・ベネズエラで唯一雪が積もるメリダで、環境問題に取り組む。
ベネズエラ

ベネズエラ

せかいのおと

カトあろーばベネズエラ

松浦さん ■ライター情報
カト0510
大学卒業後、協力隊・環境教育隊員としてベネズエラに派遣されています。海外ではカトと呼ばれて(呼ばせて)います。ちなみにこの名前は僕の1番好きな国ツバルでいただいたものです。
「1歩踏み出す勇気」「人事を尽くして天命を待つ」「諦めなければ夢は叶う」この3つの言葉を胸に今日も1日楽しんで生きてます。

Hola, mucho gusto (こんにちは、はじめまして)
カトです。

私は、ベネズエラ・ボリバル共和国メリダ州メリダにある環境省メリダ州支局で、協力隊環境教育隊員として派遣され働いています。
2013年10月からかれこれ11か月、日本とほぼ正反対に位置するこの国で生活しています。


ベネズエラ

それでは、簡単にベネズエラ及びメリダの紹介を…
ベネズエラは、南アメリカ大陸北部にあり、北緯10度前後に位置しています。気候は熱帯に属していますが、ベネズエラ西部は高地にあるため、比較的過ごしやすい環境にあります。中南米の国の多くはスペイン語を話しますが、ベネズエラも例外ではなく、もとはスペインの植民地であったため、ベネズエラ人はスペイン語を話します。

メリダは標高2000m近いため、朝晩は涼しく非常に過ごしやすく、ベネズエラの中でとても美しい場所です。また、アンデス山脈の始まりの地であり、ベネズエラで唯一雪が積もります。

ベネズエラ

そして、2つのギネス記録を持っています。
1つ目はアイスの種類世界一のお店があります。2つ目は世界最長で標高差世界最大のロープウェイがありますが、残念ながら数年前からロープウェイは運休中です。

続いて活動の紹介を…
まずは、大学の先生との共同プロジェクトで、メリダ市内のある地域をモデルとして分別収集の実現を目指しています。ベネズエラを通して言えることなんですが、実はほとんどの地域でごみの分別収集が行われていません。
そして、環境省内での仕事です。
普段私は、環境省内で活動のアイデアを考案したりしています。また、ベネズエラでは祝日ではないのですが、なんちゃらの日というのが多く、その際何らかのイベントが行われ、それに環境省が関わることが多いです。私は特に子どもたちを対象とした環境啓発のアクティビティの企画に携わっています。アクティビティを通じて、彼らに環境問題は重要で、身近な問題であることを感じてもらうようにしています。

ベネズエラ

ベネズエラに慣れてきたようで、慣れていない今日この頃です。

この記事を書いた人

せかいのおと

せかいのおと

せかいのどこかで、協力隊が見て、感じて、触れたこと。 せかいのどこかの、そこに生きる人の暮らし、習慣、文化のこと。 遠くの国のはずなのに、近くに感じる体験記をお届けします。

チャンネル

チャンネルをもっと見る