TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

「ピーターラビット展」はグッズも全部欲しくなる!精巧な筆致に圧倒されます。

peterrabbit

みなさん、「ピーターラビット」ってご存知ですか? そう、あの青いジャケットを着た愛らしいウサギです。
話は知らないけど名前は知っている! キャラクターは見たことある! という人も多いのではないでしょうか。
ピーターラビットはもともと、イギリスの絵本の主人公なんです。
ピーターラビットの絵本作者・ビアトリクス・ポターは、今年で生誕150周年。それを記念して、ピーターラビット展が各地で開催されています。
10月28日から福岡で開催中! 今回はその福岡展の様子をご紹介します。

福岡展に行ってみました!

ピーターラビット展ポスター縦
福岡県立美術館で開催中、入り口のポスターが目印です。
ピーターラビット展ポスター横
会場は3階の展示室。階段でもポスターがお出迎えしてくれました。「日本初の大規模な原画展」とのこと、ワクワクしますね!
ピーターラビット展 入口
受付の横には、ピーターラビットの世界への入り口が!

ここから中は撮影禁止のため、残念ながら写真はありません。

見どころ1 原画の数がすごい!

私家版『ピーターラビットのおはなし』

1901年に出版された「私家版ピーターラビットのおはなし」の、44枚の直筆インク画がすべて公開されています。私家版というのは、今で言う自費出版のことです。経費削減のためモノクロ! 手のひらサイズの原画が壁にずらっと並べてあり、歩きながら絵本が読めるスタイル。

 

お話を知っている人も知らない人も、原画を眺めながらじっくりすべての中身を読むことができます!
そしてさすがの原画展、実際には使われなかった挿絵も公開されていました。

マグレガーさんとの追いかけっこ、ウサギの家族の暮らしぶり、ピーターラビットたち兄弟の様子が細かい筆致で書かれていて、とても愛らしいです。
 

約30年間に渡る、20以上の絵本たち

彼女が書いた絵本は『ピーターラビットのおはなし』だけではありません。ここではビアトリクス・ポターの30年に渡る出版人生における作品、その数20以上もの絵本の挿絵原画が展示されています!
 

どの絵本を見ても驚くのは、その緻密さです。リス・猫・ねずみなど小動物を主人公にした話の多いビアトリクス・ポターですが、デフォルメは最小限にとどめてあります。まるで本物の小動物たちが、ふっと2本足で立ち上がったかのような印象。

見どころ2 作者ビアトリクス・ポターの人生に思いを馳せる

『ピーターラビット展』では、作者ビアトリクス・ポターについて詳しく知ることができます。産業革命の時代に学校に行かなかった少女が、ペットを友人と考えていたこと。15歳の頃から、自分だけが読める暗号で日記を書き続けていたこと。絵本出版までの厳しい道のり、その中で出会った人々。両親に反対された結婚と、婚約者の病死……。
彼女が幼少期から愛した湖水地方のスケッチは、どこまでも精巧に描き込まれていて、見る人を圧倒します。
 

後年に湖水地方に移り住んだ彼女は、キャラクタービジネスの先駆者でもあったようです。また広い土地を手に入れて結婚後は幸せに過ごし、羊の品種改良や自然保護活動に精を出していたと言われています。
 

ここではビアトリクス・ポターが愛用していた品々の展示も。人形やドレスやメガネ、机などがありました。ビアトリクス・ポターの肖像画と愛用の品を一緒に見ることができて、作者をよりいっそう身近に感じることができる展示でした。

音声ガイド

また『ビアトリクス・ポター生誕150周年』の特別企画として、音声ガイドも凝っています。ガイドの声を務めているのは、俳優で映画監督のディーン・フジオカさん。本展のオフィシャルサポーターでもあります。彼が実際にビアトリクス・ポターが過ごした湖水地方を訪れて、その空気を伝えてくれます。
音声ガイドは520円で貸し出しされていて、約30分間の解説が聴けます。

見どころ3 150周年オリジナルグッズが見逃せない!

売店で漏れ聞こえてきた声をご紹介します。「ヤバい、全部可愛い! 全部ほしい!」

まったくもって同意でした! 絵本やハンカチ・キーホルダーといった小物から150周年限定グッズまで、とにかく種類がたくさん!

150周年限定グッズには、こういった印刷がされています。

ピーターラビット150周年グッズ
お気に入りのグッズを見つけてくださいね!

ピーターラビット展がこれから開催されるのは?

    福岡 2016年10月28日~12月11日 福岡県立美術館
    仙台 2016年12月~2017年2月 TFUギャラリー ミニ モリ 東北福祉大学仙台駅東口キャンパス
    大阪 2017年2月11日~4月2日 グランフロント大阪
    広島 2017年4月15日~6月4日 ひろしま美術館
    名古屋 2017年9月~11月

 

これらの展示は、約1年かけて全国を周ります。お近くに来た際は、ぜひお出かけください。ピーターラビットの原画がこれだけの量をいっぺんに見られるのは、日本初です。
 
詳しくは公式サイトをご覧ください!
ピーターラビット展

 

めったに見られない展示でした!

実は数年前から、自宅にピーターラビットのぬいぐるみ(けっこう巨大)を持っています。可愛いよねピーター! ベンジャミンも好きだよ!
そんな私ですが、「私家版 ピーターラビットのおはなし」をしっかりじっくり読むのは初めてでした。ご来場のみなさんも、足を止めてゆっくりご覧になっていましたよ。とてもオススメの展示会です!
めったに見られない展示でした!

この記事を書いた人

きまや

きまやライター

80年生まれ、太宰府市出身、福岡市在住。地元大学の日本語日本文学科卒。猫と文学と音楽と甘いモノをこよなく愛する、主婦兼ライター。純文学からミステリまで、和洋問わず幅広く読みます。今までに行ったことがある海外はイギリスとフランス。国内で行きたいのは、あらゆる文学記念館!