TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

葛西臨海水族園の本当の魅力とは?イルカもアシカもいない、それでも惹かれる理由

マグロ

あなたは水族館という言葉からどんな連想をしますか? きっとダイナミックなイルカショーに可愛いアシカのショー、シャチやベルーガ、セイウチなどの海獣がいっぱいいたら最高だなぁと思う方が多いのではないでしょうか? そんな水族館の常識を覆したのがここ、葛西臨海水族園です。

葛西臨海水族園ってどんなところ?

葛西臨海水族園
比較的入園料も安く、常に賑わっているこの水族園。どんなイルカのショーが観れるんだろう? と胸を弾ませて入園しようものなら、いい意味で期待は裏切られます。
葛西臨海水族園
なんとこの水族園、海獣を一切飼育していないんです(ペンギンや海鳥の展示はあります)! 入り口近くのサメは? と思う方も多いと思いますが、サメは魚類です。「なんだ、じゃあ行く必要ないや」と思ったそこのあなた、騙されたと思って行ってみてください。正直に申し上げると私も「なんだ、魚だけか」と思った人間のうちのひとりです。ですが、今では今まで行った日本の水族館の中ではここがダントツに好きです。それでは子供の頃からシャチやイルカなどの海獣をこよなく愛する私が、この水族園に惚れ込んだわけを説明しましょう。

情報資料室がある

情報資料室
ここでは係員が標本などを用いて海洋生物の生態を説明してくれます。タッチパネルで楽しく展示生物の詳しい情報を学ぶことだってできるんです。
情報資料室
ここに来れば新しい発見があること間違いなし!

展示の仕方が魅力的な世界の海

世界の海
文字通り世界の海で暮らす魚が展示されています。
カリブ海
このようにカテゴリー分けされているので、どの魚がどこで暮らしているのか分かるのもいいですね。
解説
水槽の上に魚についての解説を発見!!
ランプフィッシュ
良く見るとところどころに魚についての解説が散りばめられています。
北極、南極
個人的にお気に入りの展示は北極・南極の海です。

どんな魚が展示されているの?

ニモ
ディズニー映画でお馴染みのニモ(カクレクマノミ)発見!
ドリー
ドリー(ナンヨウハギ)もいました。
世界の海
世界の海
世界の海
世界の海
他にも綺麗な魚やユニークな魚がいっぱい!

マグロの大水槽がすごい!

マグロ
この水族園最大のアピールポイントと言えばそう、マグロの展示です。この水族園はマグロの飼育にとても力を入れていて、マグロをテーマにしたイベントなどもやっています(注:マグロを食べるイベントではありません)。水槽はドーナツ型で真ん中の空間には座席が設置してあり、座ってじっくりとマグロを鑑賞することができます。
マグロ
私もマグロイベントの一部であるマグロ講演会に参加させていただきました。マグロの先祖が深海魚の”ペラジア”だったことや、乱獲によりマグロの数がどんどん減ってきていることを学びました。
マグロ
恒温性に優れていて高い遊泳能力を誇るマグロですが、水族館での飼育はかなり難しいとのこと。見かけによらずかなり繊細な魚のようです。
マグロ模型
マグロの大水槽正面に設置されているマグロの模型を見てみてください。マグロを観察する際のチェックポイントが書いてあります。よく見ると「ひれの先にご注意下さい」の文字が。
マグロ
マグロの生態や特徴を動画で説明してくれるタッチパネルが後ろの水槽のすぐ側に設置されています。
大洋の航海者
餌の時間やスポットガイドにも注目です。ちなみに私は水族園のスタッフの方からマグロの産卵の様子を動画で見せていただく機会があったのですが、マグロが白い液体を噴射している(メスが産卵した卵にオスが放精している)様子が目で見て分かったので、とても興味深かったです。運が良ければ皆さんも見られるかも?!

ペンギンがいっぱい

ペンギン
大人気のペンギンは外で飼育されています。結構いっぱいいます。
ペンギン
水槽から泳いでいるペンギンを観察できるポイントもあります。私のお気に入りポイントです。

おススメの見どころ、東京の海コーナー

東京の海
東京湾~小笠原まで南北約1500km。東京の海に住む様々な生物を展示しているコーナーです。
トビハゼ
泥干潟をはい回るトビハゼにスポットライトが当たった展示を発見。
トビハゼ
水族園でトビハゼの繁殖もしているようです。珍しい!
トビハゼ
ずっとトビハゼを見ていたらなんだか愛着が湧いてきました。かわいいかも。
ミノカサゴ
タコ
イカ
魚
他にはこんな魚たちが迎えてくれました。

見どころ満載すぎる水族園

さよなら
見どころがありすぎるこの水族園。全ての展示をまんべんなくチェックしようと思うなら、最低半日はないと時間が足りないでしょう。私も毎回「また時間が足りなかったな……。」と後悔しながら帰ります。都心からは少し離れていますが、それでも足をのばす価値のある魅力的な水族園です。あなたも1度足を運んだらやみつきになってしまうこと間違いなしです。

葛西臨海水族園
東京都江戸川区臨海町6−2−3
公式HPはこちら

ユニークな魚たちが主役な水族園

水族館に行くといつも耳にする子供たちの疑問。「魚ってどうやって息するの?」「魚って止まると死んじゃうって本当?」etc……。そのような子供たちの疑問とちゃんと向き合っているのがここ、葛西臨海水族園です。ゲーム仕立てにして子供たちが楽しく海洋生物について学べる機会を作ったり、子供だけでなく大人向けに講義を設けたりと、年間を通してさまざまなイベントを企画しています。またこの水族園には多数のボランティアスタッフが所属しており、彼らを通して海洋生物の生態について学ぶことができます。みなさんとても物知りです。私はこの水族園に出会って、色んな魚に興味を持つようになりました。きっと水族園のスタッフの魚への愛情が、来場者にもちゃんと伝わっているからなんでしょうね。
ユニークな魚たちが主役な水族園

この記事を書いた人

Makiko Suga

Makiko Sugaライター/ツアーガイド/バックパッカー

幼少期に有名なイルカの研究家と運命的な出会いを果たす。以来海洋哺乳類に魅せられ、海洋生物学者への道を志すが挫折。その後は海洋生物とは無縁の生活を送っていたが、昨年海洋生物の宝庫であるカナダに留学。あるイルカとの出会いが自分の人生を変える。子供の頃の夢を追い続けながら世界に目を向けている永遠の旅人。