【東京牡蠣食べ放題】昭和記念公園「かき小屋」!都内で港町気分を大満喫
日本

かき小屋 牡蠣

東京○○食べ放題 バナー

冬と言えば、そう、牡蠣!!
牡蠣をお腹からはみ出るんじゃないかというくらい食べたい、そんな衝動、ありませんか?
そんなときに全力でおすすめしたいのが、「牡蠣食べ放題」。
なんと殻付きの牡蠣を、炭火で豪快に焼き放題なんです。
私も生まれて初めて、牡蠣だけでお腹を満腹にすることができました。本当に幸せです。

都内にいながら港町気分を味わえる

かき小屋
この立ち並ぶ小屋の中で、牡蠣たちが次々とお客さん自身の手で焼かれております。
場所は、東京都立川市・昭島市にまたがる「昭和記念公園」。


こんな海のない場所で、まるで港町を訪れたかのような体験ができちゃいます。

ボウルいっぱいの牡蠣を受け取る

かき小屋
ありがたや。本当にありがたやと、海の恵みに感謝せざるを得ません。
ボウルいっぱいに佇むは、大きな殻をまとった牡蠣たち。
ほのかに感じる磯の香りが、さらに期待を煽ります。

そして忘れてはいけないのが…

かき小屋 ビール

昼間っからビール、いただいちゃいます。
これから焼かれる生牡蠣と、黄金色に輝くビールを目の前にすると、もうとにかく感謝の念しか出なくなります。
こんな贅沢な一日も、たまにはいいじゃない!

あとはただ、ひたすら焼くのみ!

各テーブルには炭火がセットされています。

かき小屋

あとはこの炭火の上に牡蠣を効率よく並べて、ひたすら焼くだけ!

かき小屋

まだかな…

かき小屋

焼き方や注意事項などもしっかりと記載されているため、初めて牡蠣を焼くという方でも安心して挑戦することができます。
また、砂時計や温度計なども装備されています。

かき小屋 温度計

焼きたての牡蠣、いただきます

少し開いた殻の間に、牡蠣ナイフを入れて、一気にめくります。

かき小屋

牡蠣、登場。

かき小屋

熱いうちに、口の中へ。
牡蠣ならではのこのプリプリの食感に、広がるジューシーな味わい。
これぞ牡蠣。これこそ待ち望んだ牡蠣の味。間違いなく幸せを実感できます

この日は牡蠣が2種類あったように感じます。
上記写真の牡蠣はやや小ぶりで、濃密な味。後半に出てきた牡蠣は、大ぶりでよりジューシーな牡蠣でした。

かき小屋 牡蠣

ポン酢を少し垂らすと、またこれが美味いんですよね…。

バケツ一杯分食べ尽くして、大満足

かき小屋

気がつけば、バケツ一杯分の牡蠣を食い尽くしておりました。
牡蠣だけでお腹いっぱいになったのは人生で初めてです。
これだけお腹いっぱいになっても、またすぐにでもリピートしたいと思ってしまっております。
要予約なので、ホームページのチェックをお忘れなく。
昭和記念公園 冬季限定かき小屋


寒くてお出かけも億劫になりがちな季節ですが、冬ならではの味覚に触れるお出かけなら、寒さを忘れて楽しめちゃいます。
冬の味覚を探訪する、そんな旅行やお出かけで、この季節をより楽しんでみましょう!

この記事を書いた人

春菜 由香(コロポン)

春菜 由香(コロポン)TRIP'S編集長

87年北海道名寄市生まれ、旭川市育ち。名古屋大学文学部を卒業後、しばらくゲームを作ってました。Webメディアを作る上でも、とにかく面白いと心から思えるコンテンツだけを出していきたいです。ひがし北海道マニア(自称)、旅ラン専門家(フルマラソン経験あり)、写真家(名乗れるようになりたい)

チャンネル

チャンネルをもっと見る