イタリア旅行で絶対行きたい観光スポット31選を、現地情報たっぷり交えてお届け!
イタリア

全世界で一番世界遺産の多い国、イタリア。
世界遺産だけでも51の数を誇りますが、それだけでなく、他にもみどころはたくさんあります。
今回はそんな魅力たっぷりのイタリアでの旅行を考えている方、実際に旅行中の方向けに、フィレンツェ、ミラノ、ローマの3地域に分けておすすめスポットをまとめました。
すべて現地に足を運んでつかんだ役に立つ情報をお伝えします。
(2016年6月21日最終更新)

フィレンツェ

フィレンツェ歴史地区

IMG_9133
フィレンツェ中心街は、1982年よりユネスコ世界遺産、「フィレンツェ歴史地区」に指定されています。
歴史地区の範囲は、車両の入場制限や厳しい美観規制が敷かれています。
下記に紹介する大聖堂やサンマルコ美術館も歴史地区に含まれており、それらの建物自体が世界遺産というよりも、この地区全体が世界遺産に登録されています。
※詳しい記事はこちら→フィレンツェ歴史的建築物地区~過去と現在が混在する街~

サンマルコ美術館

受胎告知
かつてのドミニコ修道院をそのまま使っているサンマルコ美術館。中に入るとかつて修道士が瞑想をしていたであろう静かな回廊があります。
街の喧噪から逃れ神聖な気持ちになることができる美術館です。こちらには修道士でもあったフラ・アンジェリコがそれぞれの独房の壁に描いた絵を見ることができます。壁に描かれているので外に持ち出すことはできず、こちらに来ないと見られない作品ばかりです。
※詳しい記事はこちら→サンマルコ美術館にある門外不出の作品とは?

アカデミア美術館

ダヴィデ像
本物の彫刻を見たいという方におすすめなのがアカデミア美術館。今でも美術学校が併設されており、彫刻家としてのミケランジェロのすごさを感じることができる美術館です。連日長蛇の列ができるくらい人気の美術館です。
※詳しい記事はこちら→アカデミア美術館で本物のダヴィデ像を見よう!

旅のTIPS
・連日長蛇の列ができるほどの人気のため、予約をとることをおすすめします。

メディチ家礼拝堂

IMG_4286
フィレンツェの最高権力者であったメディチ家。1700年代までフィレンツェに君臨してきた一族のお墓があります。1500年代、当時法王として最高のスポンサーであったメディチ家+最高の芸術家ミケランジェロが創りだした作品が、サン・ロレンツォ教会メディチ家礼拝堂にあります。
※詳しい記事はこちら→メディチ家礼拝堂 ミケランジェロとメディチ家が織りなす物語とは?

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

IMG_4206
列車で移動する旅行者がフィレンツェ中央駅に降り立ち、最初に見える茶色の建物がサンタ・マリア・ノヴェッラ教会。
サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局は日本でも有名ですね。
数年前に広場はリニューアルされ、昼間はベンチでくつろぐ観光客でいっぱいです。
※詳しい記事はこちら→ サンタ・マリア・ノヴェッラ教会、フィレンツェ中央駅前の地味な外観と中とのギャップがすごい!

旅のTIPS
・「緑の回廊」に入れるのは、毎週第一月曜日と、特別な宗教行事があるような日のみ。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

ドゥオモ
イタリア・フィレンツェの街の中心にそびえるドゥオーモ(大聖堂)。ピンク色の外壁で別名・花の大聖堂とも呼ばれ、誰もがその大きさに圧倒されます。映画「冷静と情熱の間」の舞台ともなったこのドゥオーモは、500年以上も前の建築物とは思えないほどで、その壮大さには言葉も出ません。
※詳しい記事はこちら→大聖堂ドゥオーモ フィレンツェで行くべき有名映画の舞台

旅のTIPS
・クーポラ(ドーム)には400段以上の階段を上って行くことができる展望台があり、夕暮れ時に行くとロマンチックな雰囲気に浸ることができます。

ジョットの鐘楼

firenzeduomo
フィレンツェで大人気の絶景スポットといえば、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ)のクーポラ(ドーム)とジョットの鐘楼です。
特にイタリアで最も美しい鐘楼の一つといわれ、大パノラマが堪能できるというジョットの鐘楼は、観光客でいっぱいのフィレンツェの中心にあり、一年を通じて行列がない時が珍しいほどの観光スポット! 必見です。

旅のTIPS
・15ユーロの入場券を購入すると、48時間以内であれば、①大聖堂クーポラ、②ジョットの鐘楼、③大聖堂内サンタレパータ教会地下遺跡、④洗礼堂入場、⑤大聖堂博物館の見学が可能(2016年3月現在)

サン・ジョヴァンニ洗礼堂

IMG_9671
フィレンツェの大聖堂の正面に位置するのはサン・ジョヴァンニ(洗礼者ヨハネ)洗礼堂。フィレンツェの守護聖人である洗礼者ヨハネに捧げられています。
フィレンツェで最も古い歴史を持つ建物のひとつで、ローマ時代の建物の上に建設されました。
もともとは大聖堂だったのですが、八角形に建て替えられ洗礼堂となりました。
※詳しい記事はこちら→サン・ジョヴァンニ洗礼堂の「天国の扉」へ。お得な共通チケットがあなたを導く!?

旅のTIPS
・15ユーロの入場券を購入すると、48時間以内であれば、①大聖堂クーポラ、②ジョットの鐘楼、③大聖堂内サンタレパータ教会地下遺跡、④洗礼堂入場、⑤大聖堂博物館の見学が可能(2016年3月現在)
・2016年秋に封切りされる「ダ・ヴィンチ・コード」の続編、「インフェルノ」にも出てきます!

ミケランジェロ広場

ドゥオモ一望
フィレンツェの街を一望する丘にあるミケランジェロ広場。巨大なドゥオーモ、ジョットの鐘楼、世界遺産に登録されたフィレンツェの歴史地区を見下ろす広場で、デートスポットとしても人気です。夕暮時に行くとロマンティックですね。
※詳しい記事はこちら→ミケランジェロ広場でフィレンツェのロマンティックな街並みを一望しよう

旅のTIPS
・魅力はなんといっても絶景。
・ミケランジェロのダビデ像のコピーもあります。
・あまり治安はよくないので夜暗くなってから行くのは十分に注意してください。

レプッブリカ広場(共和国広場)

IMG_9681
フィレンツェの中心”共和国広場”は、カフェやデパート、メリーゴーランドがあり、大道芸人の姿も見かけます。昼夜問わず人がいっぱい。
歴史ある街でありながら、今ではフィレンツェで一番新しい場所といっても過言ではないでしょう。
※詳しい記事はこちら→レプブリカ広場(共和国広場)の見晴らしを堪能しよう!

旅のTIPS
・広場に面したデパートの最上階にある、見晴らしのいいカフェがおすすめ。
・アンティークなメリーゴーランドは幼児や小学生向け。

シニョーリア広場

シニョーリア広場
フィレンツェの行政の中心となるシニョーリア広場。
広場には今でも市役所が入るヴェッキオ宮殿や、コピーではありますがミケランジェロのダヴィデ像、そしてメディチ家のコジモ1世の騎馬像などたくさんの彫像、銅像があります。さながら屋外の博物館のような広場です。ネプチューンの噴水の周りは待ち合わせ場所としてもよく使われます。

ランツィの回廊

IMG_9232
街全体がまるで美術館のようなイタリアフィレンツェの中心・シニョリーア広場。そこには市庁舎をバックに約700年前に作られた彫刻などが多く立っており、その中でも特に多くの彫刻がここ、ランツィの回廊に集まっています。
屋根もあるので雨の日はもちろんのこと、ライトアップもされ夜は違う表情を楽しめます。
※詳しい記事はこちら→ランツィの回廊に古代からルネッサンス期までの彫刻が勢揃い!

旅のTIPS
・人数制限と時間制限があります。
・入場無料で、8時から19時まで開いていますが、11時から17時までは人数制限ががあることがあります。
・雨が降ると雨宿りの観光客でごった返すため、入場出来ない場合がありますので注意が必要です。

ウフィツィ美術館

回廊
パリのルーブル美術館、ニューヨークのメトロポリタン美術館と並び”三大美術館”と称されるウフィッツィ美術館。
莫大なお金を持っていたメディチ家が集めたルネッサンス時代の珠玉の絵画作品がおさめられた美術館です。
ルネサンス初期のジョットやボッティチェリ、ルネサンスの三大巨匠といわれるレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、そしてバロックの巨匠カラヴァッジョに至るまで 見応えがある作品ばかりです。
※詳しい記事はこちら→ウフィツィ美術館でルネサンスの絵の宝庫に触れよう!

旅のTIPS
・美術館の中にカフェテリアがあるので、休憩しながら美術鑑賞を楽しむことができます。
・オンシーズン(3〜10月)はかなりの行列ができるので、予約をおすすめします。

ヴェッキオ宮殿

500人広間
外観は要塞のようなヴェッキオ宮殿ですが、宮殿というだけあって内部は華やか。
コジモ1世の時代に増改築し圧倒されるほどの巨大な五百人広間と、その妻エレオノーラの居室、レオナルド・ダ・ヴィンチに関する逸話が残る絵画など見どころたっぷりです。現在も市役所として使われています。
500年前の世界地図が見られます。
※詳しい記事はこちら→ヴェッキオ宮殿の巨大な五百人広間が圧巻!

ヴェッキオ橋

ヴェッキオ橋
フィレンツェのアルノ川にかかる一番古い橋がヴェッキオ橋。
他の橋と違い、ここは宝飾品のお店が両端に立ち並び、常に観光客で賑わっています。かつてのメディチ家の仕事場だったウフィツィ宮(現在の美術館)とピッティ宮殿をつなぐヴァザーリの回廊がこの橋の上を通っています。

旅のTIPS
・橋から見る夕暮れがきれい。
・基本的に車は通らないのでじっくりウインドウショッピングが楽しめます。

アルノ川

IMG_3583
盆地の中心を流れるのはアルノ川。有名なヴェッキオ橋もあり、昼夜問わず観光客で賑わっています。
夜にはライトアップされ、川や橋を照らす薄い街の灯りは、昼間と違う表情を見せてくれます。
※詳しい記事はこちら→ アルノ川さんぽでロマンティック気分。「沼タヌキ」が見られるかも!

旅のTIPS
・毎週火曜日の午前中に大規模な市場、カッシーネの市が出ます。
・美しい夕暮れの写真撮影がおすすめです。

サンタ・クローチェ教会

IMG_4198
フィレンツェの西に位置するサンタ・クローチェ教会。有名人や著名人のフィレンツェの財力者のお墓があります。その数、なんと270基以上!
壁面には君主論を書いたニッコロ・マキャベリ、音楽家ジョアキーノ・ロッシーニなどのお墓があります。
※詳しい記事はこちら→サンタ・クローチェ教会と付属美術館で有名人のお墓参り! ここにも最後の晩餐が!?

旅のTIPS
・親子ファミリー割引という、両親は4ユーロずつ、子供はひとりまで無料になる制度があります。

ピッティ宮殿

居住
ラファエロの作品を多く所蔵するパラティーナ美術館や、衣装博物館、陶磁器博物館、広大なボーボリ庭園を持つピッティ宮殿。メディチ家のコジモ1世の手に渡り、絢爛豪華な装飾で施されたお部屋を見ることもできます。
絵画の作品はもちろん、細部まで作りこまれたお部屋の装飾は溜息が出るほどの美しさです。
※詳しい記事はこちら→ピッティ宮殿の豪華すぎるお部屋と壁一面の絵画とは!? ラファエロの作品も多数


次ページ:ミラノのスポットをご紹介。「最後の晩餐」の見学は時間制限があります。

この記事を書いた人

TRIP'S編集部

TRIP'S編集部

TRIP'S編集部アカウントです。 旅にまつわる有益な情報をお届けいたします!

チャンネル

チャンネルをもっと見る