国内線をお得に乗りこなせ!マイレージ利用のプチ裏ワザ

マイル

マイル

航空会社のマイルを貯めたけど、使い方がわからない…
そんなあなたに、お得なマイルの使い方を一つお伝えします!

デルタ航空“スカイマイル”が国内線で使える!?

アメリカだけでなくアジア方面へも就航していて、日本人にもお馴染みのデルタ航空。航空券比較サイトでも、デルタ航空が提供する安価なチケットが多く販売されています。
デルタ航空のマイレージサービス“スカイマイル”には、日本の航空会社が加入しておらず、それぞれのマイルの合算などはできません。
その為、日本の国内線では使えないと思われがちです。

そこで、デルタ航空のWebサイトを隅々までチェックしていると、こんなページがありました。

デルタ航空のスカイマイルが、国内線でも利用できるとあります!
使い道に困っていたマイルで、日本の色々な所へ行く事ができますね。

特典利用で注意すること

まず、デルタ航空の提携クレジットカードを所有している事。
ゴールドカードなどのグレードが高いタイプのクレジットカードに入会する必要はないようですが、カード自体、即日発行されるわけではありません。更に、この特典は、2ヶ月の支払い利用実績を確認した後利用可能になるようなので、事前に色々と準備が必要になります。

また、これは自分の経験からになるのですが、この特典のために用意されている座席数は多くないようで、席が取れないこともありました。時間に余裕を持った特典予約が必要だと思われます。(これは他の航空会社でも言える事ですが。)

最強の学生用カード!?JALカードNavi

JALが学生用に発行している、JALカードNavi。旅行保険や各種特典も、学生用カードとは思えない充実ぶりなのですが、このカードだけが利用できる過去最強とも言えるキャンペーンが実施されています。
それがこちら
国内線特典航空券 JALカード navi会員 減額マイルキャンペーンです。
太っ腹とも言えるこのキャンペーンですが、たったの6000マイルで、国内各地の往復航空券と交換する事ができます。
ちなみに、通常の特典航空券に必要なマイルは、東京─沖縄路線と東京─札幌路線が15000マイルですので、いかにこのキャンペーンがお得なのかが分かるかと思います。
一部国内線の路線が利用できない、このキャンペーンだけのブラックアウト期間などの制約がありますが、うまく使いこなせば、とてもお得に国内線の空の旅ができるはずです。

皆さんもマイルをうまく使いこなして、お得で快適な空の旅を楽しみましょう!

この記事を書いた人

伊藤 太成

伊藤 太成

1990年1月神奈川県藤沢市生まれ。島を愛する男。大学生の時、離島の魅力にノックアウトされ、以降沖縄を中心に全国の様々な島を渡り歩く。ドライブも趣味としており、月に1回は日帰り温泉へ行くことを心がけている。将来の夢は日本の離島を全て制覇すること。

チャンネル

チャンネルをもっと見る