TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

阿寒湖「夏希灯」で幻想的な夜を体験してきた。湖に浮かぶきれいな灯火がロマンチック!

夏希灯

北海道でひと夏の思い出を作りたい。自然に恵まれた大地に身を任せるのもいいですが、幻想的な緑の光に包まれる、そんな夏もあってよいのではないでしょうか?
今回は全国のマリモloverにお届けしたい、阿寒湖温泉主催の「夏希灯」に迫ります。

夏希灯って?

阿寒国立公園指定80周年記念として、2015年から始まったイベントのようです。簡潔に言いますと、灯篭流しを疑似マリモでやっちまおう、といった感じでしょうか。各々の願いをマリモにのせて……。その数が多ければ多いほど、夜の阿寒湖を幻想的な空間に仕立てあげることでしょう。
まりも

2016年は、7月1日から8月31日までの2か月間開催しています。船は19:50出航なので、基本的に阿寒湖温泉内のホテルに宿泊することになりますね。道外からお越しの方は、観光バスもしくは道東の空港からレンタカー、といったアクセスになるかと思います。
チケット販売場所は、あかん遊久の里鶴雅・あかん湖鶴雅ウイングス・ホテル御前水・ニュー阿寒ホテル・阿寒の森鶴雅リゾート花ゆう香・ホテル阿寒湖荘です。遊覧船乗り場での夏希灯チケット販売は行っていないので、ホテル予約時に確保しておきましょう。

阿寒湖温泉街を楽しむ

阿寒湖温泉
ホテルにチェックイン後、時間があればぜひ阿寒湖温泉を散策してみてください。

 

アイヌコタン
土産店のほか、アイヌの方々の民芸品店が数多くありました。
今回、時間の都合上行くことは叶いませんでしたが、近隣に古式舞踊や火まつりを上演するアイヌシアターという場所があり、観光客に好評のようです。

 

アヒルボート
THE  観光客なこともしてみました。スワンボート。遊覧船の波に煽られながら、わりとスリリングな船旅ができます。
小さな波がくるたびに「浸水するー!」と叫ぶあたり、ぼくはボート恐怖症なのかもしれません。

 

いよいよ夏希灯が始まる

阿寒湖乗船
阿寒湖の自然を堪能していると次第に陽が暮れていきました。夕食をいただき、ビールをかっこんでいざ乗船。この段階ですでに緑です。すごいぞマリモパワー。

 

DSC_0248
行ってからのお楽しみですが、夏希灯にはストーリーがあります。ひと通りのナレーションを聞いた後、願い玉セットが手渡されました。
環境保護の観点でしょう、プラスチックの球体のなかにあるのはLEDライト。ライトの下にあるのが、ぼくが書いた”願い”です。願いの内容は正直覚えていません。ぼくのことだからきっと”宝くじがあたりますように”だと思います。

 

夏希灯
しっかりと蓋をして、あとは湖に流すだけ。ここまで30分ほどかかったような気がします。

 

夏希灯
いっせいに阿寒湖へ流します。あまりに暗すぎて写真が非常に難しいのですが、伝わるでしょうかこの幻想美。
ちなみに左上の大きな願い玉は、セレブが金にものをいわせたわけではなく、ビジュアル的な問題で観光協会の方が流したものです。大玉があることで絵的にもメリハリがでますし、運営側の細かな気遣いを感じた一面でした。
夏希灯
遠くを見ると、まるで地平線のように緑の光が連なっていました。
湖には大小の願い玉が漂います。まるで異世界に訪れた気分。涼しい湖風も伴って日頃の疲れを吹き飛ばしてくれます。感嘆の吐息を漏らすご老人、寄り添うカップル。そんな中で、ぼくも写真を撮りながらやさしい時間に身を委ねました。

 

夏希灯
環境保護の観点から、このまま漂わせているわけにはいきません。遊覧船が願い玉を中心としてしばらく周回した後、徐々に回収船が集まってきました。

 

ましゅう丸
ちなみに乗った遊覧船はこんな感じ。2階建てで、室内席もあります。先ほども申し上げた通り、マリモを湖に流したあとは回旋してくれるので、どこの席に座っても大丈夫。
北海道は8月下旬になると冷え込みますから、時期によってはアウターを準備しておいたほうがよさそうですね。

今年は終了まであとわずか!

阿寒湖温泉
2016年の夏希灯は8月31日まで。弾丸ツアーを組まないかぎり今年は厳しいかもしれません。つまるところ、狙うは来夏です。阿寒湖温泉でアイヌの文化に触れつつ、幻想的な光に包まれる1日を体験してみてはいかがでしょうか。きっと、思い出に残る北海道旅行になるはずです。

 

阿寒湖まりも「夏希灯」(なつきとう)(2016年)

7月1日(金)~8月31日(水)
19:50まりもの里桟橋出航 19:55幸運の森桟橋出航
20:40幸運の森桟橋到着  20:45まりもの里桟橋到着
大人1,500円 小人1,100円 ペット同伴不可
※遊覧船乗船料・メッセージカード含む。
定員 250名

この記事を書いた人

yuta.d

yuta.d

1988年生まれ。生まれも育ちも北海道旭川市。趣味で1人楽しく風景写真を撮っています。 身近にありすぎて見えていなかった北海道の魅力にカメラを通して気付くことができました。 その感動を少しでもおすそ分けできればと思います。