TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

ハワイでピクニックしちゃおう!専門家が教える、ワイキキピクニックのコツ~初級者編~

Aloha! ピクニック好きが高じて、ピクニックコーディネーターとしても活動を始めた、ライターのmayuです。

そんな私が、ワイキキで、初めてでも気軽にピクニックを楽しむコツとして、おすすめの定番ピクニックスポットと手軽に楽しめるピクニックフードやアイテムの調達場所をご紹介します。

おすすめのピクニックスポット

マジック・アイランドとアラ・モアナ・ビーチ・パーク(Magic Island & Ala Moana Beach Park)

ハワイ旅行で必ずと言っていいほど訪れるであろうアラモアナセンター(Ala Moana Center)の目の前に位置する、マジック・アイランドとアラ・モアナ・ビーチ・パーク(Magic Island & Ala Moana Beach Park)。

広大な敷地なので、自分だけのお気に入りの場所を見つけたり、その日の天気や気分で場所を選ぶのも楽しみのひとつです。
 
朝のピクニックを楽しむなら、マジック・アイランド(Magic Island)の東側、海沿いのベンチがおすすめ。

ワイキキ方面の海とダイアモンドヘッドを一望できます。

IMG_6568

 

昼なら、涼しい木陰の芝生に腰を下ろしてみてください。

太陽の光が強い昼どきでも、一歩日陰に入ると海からの風が吹いているのでぐっと体感温度が変わります。

IMG_0983

 

夕方なら、西側のアラ・モアナ・ビーチ(Ala Moana Beach)沿いでサンセットをみながらお散歩はいかがですか?

アラ・モアナ・ビーチは夕日が綺麗なスポットとしても有名です。

IMG_0791

アクセス

アラモアナセンターのフードコートを出て、駐車場・トロリー乗り場前のアラモアナ・ブルバード(Ala Moana Blvd)の信号を渡ったらもう敷地内。

そこから右前方(西側)に進めばアラ・モアナ・ビーチ(Ala Moana Beach)に出ます。

ピクニックにおすすめのマジック・アイランド(Magic Island)へは、まっすぐ進んだ先の駐車場を通り抜けます。

左の海岸沿いに歩道を歩いて行くと気持ちいいですよ!

IMG_7188

ちなみに無料の駐車場も広いため、レンタカーの方はご利用ください。

 

カピオラニ・パーク(Kapiolani Park)

ハワイ旅行でよく利用されるワイキキのホテルからもアクセスが良いメインストリート、カラカウア・アベニュー(Kalakaua Avenue)。その東側、ダイアモンド・ヘッド(Diamond Head)方面に位置するカピオラニ・パーク(Kapiolani Park)は、ピクニックの定番スポットです。
 
土日には、お隣のホノルル動物園(Honolulu Zoo)の前後に、家族でふらっとピクニックを楽しむ地元の方も。

IMG_0597
芝生の先にはダイアモンド・ヘッドが広がります。

IMG_0445
私のおすすめは朝の時間帯。
大きな木が多いので、木陰にレジャーシートを広げて、ゆっくりとピクニックが楽しめます。

 

アクセス

カラカウア・アベニュー(Kalakaua Avenue)のビーチ沿いを東側(ダイアモンドヘッド方面)に進むと反対車線のスターバックスを目印にカパフル・アベニュー(Kapahulu Avenue)との交差点があります。

左手のホノルル動物園(Honolulu Zoo)を過ぎて、次の横断歩道を渡り、続けてモンサラット・アベニュー(Monsarrat Avenue)の横断歩道を渡るとそこはもうカピオラニ・パーク(Kapiolani Park)。

信号のない横断歩道なので、気をつけて渡ってくださいね。

広大な敷地ですが、先ほどおすすめした場所はダイアモンド・ヘッド(Diamond Head)の見える場所まで進んでいくと左手に大きな木がいくつもあるエリアです。

 

ピクニックアイテムは?

ピクニックに必要な敷物は日本から持参しなくてもOK! アラモアナセンター内やワイキキのABCストアで、ござやビーチタオルが売っているので気軽に調達できます。

冒頭の写真も、ABCストアで購入したハワイの地図のビーチタオルを敷いています。

ビーチタオルは持ち運びに便利でお土産にもなるので、是非お気に入りの柄を見つけてみてください。

 

お気に入りのフードを見つけよう!

アラモアナセンター内のフードコート

Magic Island & Ala Moana Beach Park(マジック・アイランドとアラ・モアナ・ビーチ・パーク)でのピクニックならアラモアナセンター内のフードコートで。

ハワイアン料理やイタリアン、中華料理、韓国料理、ハンバーガーなどのアメリカン料理、タイ料理やヘルシーなプレートランチまで揃っています。

【ハワイ】アラモアナセンターのフードコートで人気のプレートランチ3選 〜アメリカンフード編〜

【ハワイ】アラモアナセンターのフードコートで人気のプレートランチ 〜本格イタリアン編〜

【ハワイ】アラモアナセンターのフードコートで人気のプレートランチ3選 〜ハワイアンフード編〜
 

こちらは、グリルト(GRYLT)というお店のヘルシーなプレートランチ。お野菜やお肉がバランスよく食べられます。

手軽に軽食! 頼れるABCマート

ABCマートには、サンドイッチやスパム、ホットドッグ、フルーツなどの軽食や、コーヒーやジュースといったソフトドリンク、チップスやチョコレートなどのお菓子まで手に入ります。
ちなみに、ABCストアにはお酒も販売されていますが、ハワイでは公共の場所での飲酒は禁止されているのでご注意を。

ピクニックフード専門店、Tucker&bevvyがおすすめ!

カピオラニ・パーク(Kapiolani Park)でのピクニックなら、スターバックスやABCストアもありますが、私はそのお隣にある、美味しいサンドイッチやスムージーがおいしいTucker & Bevvyがおすすめです。

ピクニックフードを専門とするお店のため、サンドイッチやパニーニ、スイーツ系のブレッド、ラップ、サラダ、ジェラートやフレッシュなスムージー、ジュース、コーヒーなどのドリンクまで、ピクニック気分にぴったりのフードが全てが揃っています。

サンドイッチは7ドルから、朝食のパニーニは6.5ドル、バナナブレッドやマンゴーブレッドは3.5ドル、スムージーは5.5ドルとワイキキ内ではお手頃な価格設定なのも嬉しいです。

 

おわりに

今回ご紹介したピクニックスポットやピクニックフードの調達場所は、車を借りていなくてもアクセスの良い場所に限定しました。

私自身は、マジック・アイランド(Magic Island)も、カピオラニ・パーク(Kapiolani Park)もハワイに行くたびに何度も訪れます。

限られた日程でゆっくりとスケジュールが組めない方は、コーヒーとおやつを買ってビーチタオルやレジャーシートを敷き、ちょっと休憩するだけでもおすすめです。
 
きっと何年経っても思い出すのは、そんなひとときではないでしょうか。

この記事を書いた人

Mayumi Tosuji

Mayumi Tosujiハワイを愛するママライター

86年生まれ、2014年に長男、2016年に長女を出産したハワイを愛するママライター。早稲田大学卒業後、外資系IT企業での営業、大学でのキャリアカウンセラーを経て、現在は大阪府和泉市特産の貝パールを使ったアクセサリーブランド「kai pearl」、ギフト専門店「GOEN」のオーナーを務めながら、ハワイの魅力をお伝えするライターとして活動中。ここ数年、ハワイへは毎年3、4回ほど渡航。