TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

あのフレッシュネスバーガーで食べ飲み放題!生ハムとワインを1,500円で堪能し尽くす

生ハムとトマト

大人がくつろげるバーガーカフェをコンセプトにしている「フレッシュネスバーガー」に会社帰りの社会人をターゲットにしたちょい飲みメニューがあることを知っていますか? 
このメニューは「FRESHNESS BAR」と名付けられていて、略してフレバルと呼ばれています。17時から閉店まで、生ハム食べ放題とワイン飲み放題が実施されており、生ハムは1時間500円(税抜)、ワインは1時間980円(税抜)というお手ごろ価格。早速この生ハムとワインの食べ飲み放題を試してみました。

まずカウンターで注文します

フレッシュネスバーガー

通常の注文と同じくカウンターで注文します。カウンターの横にはお客さんが自由に使える毛布が置いてあり、気配りが感じられます。

 
メニュー
まずは生ハム食べ放題500円とワイン飲み放題980円を注文しました。ちなみに生ハム食べ放題はアルコール類の注文をした方のみ注文可能です。もちろん飲み放題でなくてもOKです。

 
メニュー_飲み物
ビールやハイボールもあります。普段はビール派なのですが今回はお得なワイン飲み放題を選択。

注文が終わったら席で待機

フレッシュネス_食べ飲み放題
注文後、席で待っているとひと皿目の生ハムとキンキンに冷えたグラスを持ってきてくれます。

 
飲み放題ルール
一緒に食べ飲み放題の注意書きを渡されます。時間やおかわりの方法が記載してあります。
制限時間はどちらも提供されてから60分。
生ハムは、お皿にある分がなくなってから、店の奥にあるカウンターでおかわりできるとのこと。
 
ワインおかわり
ワインはセルフ方式で渡されたコップでのみ利用できます。種類は赤と白の2種類で店員の方いわく白の方が人気で早くなくなるとのこと。
樽で置いてあるなんて気分が上がりますよね。店舗デザインにこだわるフレッシュネスバーガーらしい粋な演出です。
 
飲み放題
「FreBar」と書いてあるプレートが飲み放題or食べ放題の印ですので、目につくところに置いておきましょう。

生ハム&ワインの食べ飲み放題スタートです

生ハム&白ワイン
1杯目は白ワインを選びました。甘めであっさりとしていたのでごくごく飲めます。私はあまりワインに詳しくないのですが、とにかく飲みやすかったです。

 

生ハム&トマト

生ハムは480時間熟成したイタリア産プロシュートを使用しており、程よい塩加減で口に入れると豚の脂がとろけます。ただやっぱり生ハムだけを食べるのには限界が……ということで300円のトマトを追加注文。

 

生ハムとトマト

生ハム2、3枚をのっけて食べるとトマトの酸味と生ハムの甘みがバッチリ合います。

 

生ハムとトマト

生ハムは通常価格で1皿300円なので2皿食べれば元が取れます。私はこの1時間で4皿食べたのでミッションクリアです。

 

生ハム_トマト

赤ワインは白に比べると渋めで少し飲みにくかったです。ちなみにワインは通常価格300円なので3杯以上飲めれば上出来です。

お店の雰囲気

お店の雰囲気

店内は昔のアメリカのような雰囲気で、フレッシュネスバーガーの特徴であるスパイスバーがさらにアメリカ感を出してます。スパイスバーはマスタード・ケチャップ・タバスコなどが使い放題でお得。

 

看板
今回、17時頃にお店についたのですが、お客さんは数名ほど。ひとりで来店している方がほとんどでした。また「フレバル」を利用している人は私以外いないようで、生ハムのおかわりも時間がかからずスムーズ。混雑している様子もなく、快適にちょい飲みできました。

実施店舗は限られているので公式サイトで要チェックです

生ハムとワインの食べ飲み放題は実施店舗が限られています。行く前に実施されているか確認して行きましょう。またフレバルを実施していても生ハムの食べ放題だけやっていない店舗なんていうのもありますので公式サイトをよく見てくださいね。ちなみに私は浅草橋店に行きました。

【結果】1時間で生ハム4皿、ワイン3杯

生ハム
今回1時間で生ハム4皿とワイン3杯を楽しむことができました。ちょい飲みのつもりだったのですが、生ハムは意外と弾力があり噛み応えがあるのでお腹いっぱいになりました。おかげで夜ご飯は食べずに済みそうです。普通に注文するより断然お得なので、また機会があれば友人を誘って行きたいと思います。

 
他の食べ放題の記事も合わせてどうぞ!

フレッシュネスバーガー浅草橋店
フレバル実施店舗と詳しいメニューはこちら

この記事を書いた人

さと

さとライター

89年福岡生まれ。雑誌記者として活動後、ライターとして様々な記事を執筆しています。飼い猫をこよなく愛しInstagramでたくさんの「いいね!」をもらうため日々奮闘中。最近は愛猫の噛み癖に悩んでおり、かなり思いっきり噛んでくるので怖いです。もう少しおとなしくなってくれるといいなと思っています。