タイ王国の特集

フィレンツェ歴史的建築物地区~過去と現在が混在する街~
イタリア

フィレンツェ中心街は、1982年よりユネスコ世界遺産、歴史的建築物地区に指定されています。

歴史的建築物地区は、車両の入場制限や厳しい美観規制が敷かれています。

遠目では美観の統一がなされていますが、実際に人々が生活する街中はどんな様子なのでしょう。

こんな体験ができます!

この歴史的建築物地区の範囲は、ちょうど1300年代につくられたフィレンツェを囲っていた

旧城壁内となっています。

現在のレプブリカ広場周辺は、1800年代の都市計画工事によって一新されました。

それ以外の場所は、馬車や馬が通っていたので道も狭くなっています。

IMG_4336

街を走る観光用の馬車です。

観光客が好きなところに行けるわけではなく、旧市街のルートが決まっています。

ヴェネツィアでいうゴンドラのようなものでしょうか。

ポクポク蹄の音が石畳に鳴り響くと、観光客が振り向きます。

 

実際に住む人達は?

IMG_4409

こちらの車は、フィアット500(チンクエチェント)。

1960年代、この車を持つのはイタリア人の夢だったそうです。

古いイタリア映画にも登場しますし、イタリア人に大人気のアニメ、ルパン三世の車でもあります。

市内は車両進入の厳しい規制が敷かれています。

 

IMG_4381

観光客が実際に来て驚くのが、スクーターなどの2輪車の数。

交通規制と細い道でも簡単に街の中に入れるため、数が多いです。

まさに現代の「馬」ですね。

イタリア語でバイクに乗っている人のことをcentauro(ケンタウロス)と言います。

そういえば外見がよく似ていますね!

みんな風防スクリーンをハンドルに取り付けています。

スクリーンがないと、排気ガスをまともに受けてしまいます。

 

現地の治安は?

2015年に起きたパリのテロ事件の影響を受けて、イタリアも日本人観光客が減ってしまいました。

実際に住んでいるイタリア人は、

「パリでの出来事なのに? パリから1,000キロ以上離れているのに? 何故平和なイタリアも影響を受けるの?」

と不思議がります。

現在も、ヨーロッパやアメリカなどの観光客でいっぱいなのですが、日本人観光客は例年と比べて減少しています。

IMG_4403

平和な街ですが、抑止力としてイタリア軍の兵士が常にパトロールしています。

機関銃をもっている兵士の姿など見たこともなかったので、最初はびっくりしました。

IMG_9477

有名モニュメントの近くには、もともと常駐しているパトカーなどに加えて、現在では軍の車両も駐車してあります。

個人的には、スリやジプシーなどがウロウロしていた頃よりも、治安は良くなったと実感しています。

ぜひみなさんも安心してイタリアへお越しくださいね!


その他イタリアの観光スポットはこちら→イタリア観光地31選! 現地取材で調べあげたおすすめスポット | TRIP’S(トリップス)

この記事を書いた人

ゆきとさな

ゆきとさなフィレンツェ県公認ガイド

旅行業界で20年以上働いています。旅行の度にコロコロシステムが変わるイタリアですが、できるだけ最新の情報を心掛けます。歴史と魅力が沢山の国イタリアに来て下さいね!

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る
タイ王国の特集