TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

新江ノ島水族館で大人の夜を。デートにぴったりのナイトイベントやってます!

IMG_2852

「えのすい」の名で親しまれている『新江ノ島水族館』。
現在、新江ノ島水族館では夜のスペシャルイベント「ナイトワンダーアクアリウム2016~月光に漂う水族館~」が開催されています。
2014年、2015年と人気を集めてきたこのイベント。普段では体験することが難しい夜の海を体感することができます。今回は、夜の海という事で”月光”がキーワード。開催期間は、パート1からパート3までの3期間で構成され、季節とともにコンテンツも変化していきます。今回はパート2を徹底取材してきました!

※「ナイトワンダーアクアリウム2016~月光に漂う水族館~」
パート1(7月16日~9月12日)・パート2(9月13日~10月31日)・パート3(11月1日~12月25日)
ナイトワンダーアクアリウムは17時~20時迄

さっそく相模湾の魅力たっぷりの”えのすい”へ!

IMG_2812
▲ナイトアクアリウムの営業時間が始まる17時に到着
小田急電鉄江ノ島線「片瀬江ノ島駅」から徒歩約3分という好アクセス。鎌倉駅から江ノ島電鉄を使って「江ノ島駅」で降りて水族館に向かう場合は『江ノ電1日乗車券 のりおりくん』を購入するとお得です。乗車券をチケット売り場窓口で提示すると入館料が10%offになります。
IMG_2819
ナイトアクアリウムの始まる17時に到着しました。早速チケットを購入し、入場します。
IMG_2820
▲どの柄が手に入るかわからない全8種類のチケットデザイン
IMG_2822
入場口を入ってすぐの階段を見上げると、そこはもう夜の海。海水の揺らぎが、海の世界へと誘います。
運が良ければ、大きなウミガメに出逢えるかも。

圧巻のプロジェクションマッピング!相模湾ゾーン

IMG_2827
まずはじめは、相模湾ゾーン。
地元・相模湾の環境を中心に様々な生き物の展示やショー、豊富な体験プログラムが”えのすい”の強みです。
浅瀬から深海まで複雑な地形をもち、暖流と寒流が交差する地点でもある相模湾は1,500種類以上の多様な生物が生息しています。
IMG_2826
▲「相模湾ゾーン」/出会いの海
海中と星空が溶け合った映像に心がときめきます。
IMG_2835
相模湾大水槽2階の通路に並ぶ不思議な映像キューブ。この前を通ると、魚たちが集まってきます。人の動きに反応して、えのすいの生きものたちが踊っているよう。

ナイトワンダーアクアリウムの目玉!相模湾大水槽

IMG_2833
高さ9m幅12mの「相模湾大水槽」前にやってきました。
大水槽の一番の見どころは、なんといっても銀色に美しく輝きながら力強くうねり泳ぐマイワシの大群です。その数、約8,000匹。自由自在に群れの形を変えながら泳ぐ姿は圧巻です……。
そしていよいよ相模湾大水槽のプロジェクションマッピングエリアに突入です。
IMG_2841
上映のテーマは「そして、あなたは魚になるPART-2」(約4分間)
土日祝日は約1時間に6回、10分おきの上映。平日は15分おきになります。
IMG_2851
▲美しいプロジェクションマッピングと大水槽のコラボ
IMG_2867
夜の海中に身をおいて相模湾を泳ぐような興奮とスリルを味わえる、スペクタクルな大空間です。
魚たちの住空間とデジタルテクノロジーや照明、サウンドが融合されとても神秘的。
IMG_2869

~空には月、海にはクラゲという海の月~

IMG_2874
「ナイトワンダーアクアリウム」のもうひとつの見どころは、「クラゲファンタジーホール」です。
新江ノ島水族館は国内ではじめてクラゲの展示を開始し、その種類は国内有数を誇ります。
IMG_2885
▲「クラゲファンタジーホール」の中心には、満月をイメージさせる球体の水槽
IMG_2877
「パシフイックシーネットル」という世界最大級のクラゲの大水槽の前で、スタッフさんがショーの説明をしてくれます。
IMG_2879
上映が開始されると、美しく浮遊するクラゲに光と音の演出が加わりファンタジー空間に。息をのむ美しさです。
IMG_2886
▲クラゲファンタジーホールと隣接する「太平洋~クラゲサイエンス」
極彩色に浮かび上がる、神秘的なサンゴ礁とクラゲ。水槽内の照明と外側の映像がカラフルに変化します。

ムードたっぷりのオリジナルカクテルが楽しめる!

「太平洋~クラゲサイエンス」から階を上がるとテラスのあるフロアに出ます。
フロアには「オーシャンカフェ」と「オーシャンショップ」があり、ドリンクやお土産が購入できます。
r
ナイトワンダーアクアリウムの特別メニューも!
それぞれ、カフェとバーで異なるカクテル(ノンアルコールも含む)を提供。
IMG_2912
▲オーシャンバーの「クラゲプラネットカクテル」
カクテルの中にはクラゲ型の光るオブジェが入っていて、まさにグラスの中でクラゲがぷかぷかと浮遊しているよう。比較的甘めのさらりとしたカクテルです。

ここも見逃せない夜の”えのすい”

昼とは違う、夜の生きものたちの素顔をのぞくことができるのも今だけ!
IMG_2900
▲昼間は活発に動き回っているペンギンも寄り添って睡眠中
IMG_2897
ペンギンエリアの通路には面白い演出もあります。通路を歩いてふと振り返ると、ぴたりとついてくる愛らしい足跡! 寝ているペンギンたちに意外なカタチで出合えます。
IMG_2902
▲相模湾や江の島の磯にすむ生きものに触れられるタッチプールも、昼同様に楽しめます
IMG_2925
▲【「深海II~しんかい2000~」】プロジェクションマッピングしんかい2000
IMG_2927
こちらでもプロジェクションマッピングを用いています。1982年から2002年までの20年にわたって実際に日本の深海研究に貢献してきた有人潜水調査船の実物を観察することができます。
IMG_2931
▲滅多に見られない希少な深海生物も展示
 
まだまだご紹介しきれない見どころがいくつもある新江ノ島水族館「ナイトワンダーアクアリウム2016~月光に漂う水族館~」! クリスマスまでの期間、季節を追い内容も変わっていくので、年間パスポートを購入して何度も足を運んでみてはいかがでしょうか。

新江ノ島水族館「ナイトワンダーアクアリウム2016 ~月光に漂う水族館~
神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
2016年7月16日(土)~12月25日(日)[休催日]10月15日(土)
パート1:2016年7月16日(土)~9月12日(月)
パート2:9月13日(火)~10月31日(月)
パート3:11月1日(火)~12月25日(日)

入場料:大人 2,100円、高校生 1,500円、小・中学生 1,000円 幼児(3歳以上) 600円

※イベント実施日時・内容は予告なく変更する場合があります。
※「ナイトワンダーアクアリウム2016」は、17:00 から開催する夜間スペシャルイベントです。
一般入場料のみでお楽しみいただけます。
公式HPはhttp://www.enosui.com/

”えのすい”で日ごろの疲れをリフレッシュ

天候に左右されずに常に美しい海の中を楽しめる水族館は、大人から子どもまで万人に愛されるスポットのひとつ。
最近、夜のライトアップを工夫した水族館が増えているなかでも……新江ノ島水族館のナイトワンダーアクアリウムは、海の中の物語とリンクさせてメッセージ性たっぷりの展示でした。
特に、大迫力のプロジェクションマッピングの映像と、心地よく響くサウンド。そして、ひとときも同じ状態でとどまらない魚たちを見ていると時が立つのを忘れてしまいました。ショーは、あっという間の4分間です。
時間に余裕がある時には、昼と夜の水族館の違いを楽しむのもまた粋だなと思いました。
”えのすい”で日ごろの疲れをリフレッシュ

この記事を書いた人

杉浦加奈

杉浦加奈

昭和生まれの道産子。温泉や絶景、美味しいご飯とお酒を求めて全国各地を旅するのが大好き! お腹がすくと不機嫌になる習性あり。 幼少期からモデルの仕事をはじめ、現役活動中。女子目線で旅のおもしろさや色々な情報をお伝えできればと思います。ゆる~く楽しくお付き合いください。