TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

「ディマシオ美術館」ってなに?北海道のマイナースポットにある「世界最大」とは

ディマシオ

北海道新冠町のとある美術館

ディマシオ

あいにくの雨。そんな日はインドアで楽しもう、というわけで、やってきたのは北海道新冠町にある美術館。
美術やら芸術に無頓着なぼくが、なぜこの選択をしたのか。
それは、「世界最大の油彩画がある」という情報を耳にしたからです。
最大。その言葉には弱いもので、ウキウキしながら向かったわけでございました。

 

ディマシオ

外にはいろいろなオブジェがありました。雨に打たれながら空気椅子ならぬ空気机を実践する天使たち。
正直言うとよくわからない部分もありますが、メルヘンですねー。

 

ディましお

さあ、それでは中へ入っていきましょう。
ちなみに営業時間は4月15日~8月31日までは10:00~17:00。9月1日~11月6日までは10:00~16:00だそうです。
冬季は休館。入場料は大人1,100円です。

 

ホラーテイストの作品群

ディマシオ

入って早々、スタッフの方に「写真撮ってもいいですか?」と尋ねたところ「ガンガン撮って宣伝して」とのことでした。
ホールにはシャンデリアとステンドグラス。

 

ディマシオ

最後の晩餐? 絶対座っちゃいけない感満載のダイニングテーブル。壁には人物画が飾ってありました。

 

ディマシオ

一角にあった粘土人形。ディマシオさんはフランスの方らしく、この人形は開館記念として作ったものなんでしょうか? それともスタッフの手作りなのでしょうか。

 

ディマシオ

美味いものはさきに食べるタイプです。なので早速、世界最大の油彩画を見に行きます。しかしね、どうして真っ暗です。しかも不協和音のような、不気味な音楽が流れてきてます。
どうやら定時的にプロジェクションマッピングのようなものを上映しているらしいんですけど、この雰囲気に怯えまして強行突破はできません。
それならば、先に某油彩画の裏にあるギャラリーを見に行こうじゃないかと。こっちなら怖くないよね。不気味な音楽漏れてるけど。

 

 

ディマシオ

はい、怖いです。不気味な音楽も相まって怖いです。これがジェラール・ディマシオワールドのようです。
幻想画というものらしいんですけど、背後にもびっしり奴らが居ます。
ファンタジーとカオス、みたいな、人間のようで人間じゃない生物がお好きなようです。

 

ディマシオ

微妙に立体感のあるお猿さんを横目に、またホールへと戻ります。

 

ディマシオ

2階へ行くこともできます。

 

ディマシオ

なんと人慣れした猫ちゃんが2匹おりました。
雨天だったためヒーターに寄り添って過ごしていましたが、外に出ていることもあるそうです。
猫を撫でたり何やらしていると油彩画の上映が終わったみたいですね。
行ってみましょう。

 

ディマシオ

ディマシオ美術館は校舎を利用しているらしく、ここはどうやら元体育館だったようです。
たしかにそれだけの規模がなければ幅27mの絵画はとても飾れません。
これは油彩画の縮小版なんですけれども、実際に見てみると……

 

ディマシオ

とてつもなくでかいです。

 

ディマシオ

広角レンズを持っていきましたが全くおさまりません。上下左右は鏡張りになっており、奥行き感があります。
この1枚でディマシオの描きたいものがすべて詰まっているかのような大スケール。
誰が見ても圧倒されるでしょう。入館料1,100円は、これを見たときに「元は取れた」と思いました。

 

ディマシオ

他にも数々のギャラリーが各部屋に点在しており、美術館自体が、もしくはこの世界観が好きなら僕の数倍楽しめることでしょう。
「君も私のギャラリーにならないか」とディマシオさんが手斧を持って出てきそう、などと愉快な妄想を繰り広げつつディマシオ美術館を後にしたのでした。

日高地方へ旅行するなら静内に泊まるべし

ディマシオ美術館へ行った日は、静内エクリプスホテルに泊まりました。
楽天で北海道朝食部門第2位という実績のあるホテルです。
もちろんそこの朝食も美味しかったのですけれど、大注目はホテル近隣にある「あま屋」。
昔ながらの商店街に似つかわしくないモダンな和食屋が一軒。
夕食をいただきましたが何を食べても美味しく、お洒落で居心地のいい空間でした。
夜はあま屋、朝はエクリプスホテルのバイキング。
「食も旅行のひとつだ」とお考えなら是非検討してみてください。

この記事を書いた人

yuta.d

yuta.d

1988年生まれ。生まれも育ちも北海道旭川市。趣味で1人楽しく風景写真を撮っています。 身近にありすぎて見えていなかった北海道の魅力にカメラを通して気付くことができました。 その感動を少しでもおすそ分けできればと思います。