懐かしい景色広がる瀬戸内『島旅』~あったかくって優しい海が日本にありました。~
日本

小豆島の浜辺

小豆島の浜辺

綺麗な海を思い浮かべてみてください。
どこの海を想像しますか?ハワイ?沖縄?

わたしが思い出すのは、あそこ。
うっとり見つめたくなる沖縄の海とはまた違う、優しく見守ってくれているような瀬戸内海。

国内で、綺麗な海が見れて、美味しい海の幸が食べられて、近場過ぎず、非日常を味わえる場所。
そんなわがままを叶えてくれるのが、瀬戸内海です。

ちょうど1年前、瀬戸内国際芸術祭でその地を訪れたわたし。
海の綺麗さと田舎の暖かな景色に、心は和み、元気付けられました。

わたしはハワイもグアムも行ったことがなく、知っているのは沖縄の海。
沖縄の海は、蒼くて、真夏の空と繋がっているみたいですよね。
ずっと見つめていたくなるような凛とした美しさには、何度見ても感動します。

 

瀬戸内の海は…

 

空色で、そこに浮かぶ島々を包み込むような雰囲気。
瀬戸内の海原

沖縄の海が綺麗なお姉さんなら、瀬戸内の海は懐かしいおばあちゃんといった感じ。

海が綺麗なだけじゃありません。
東京生まれ東京育ちのわたしが初めて見た、田舎の風景。

薄茶色の土の道、民家や道端に生える木々、軒先に吊るされたタマネギ、太陽に負けたひまわり。
小豆島のひまわり

“あー、田舎って気持ちいい”って、本当にそう思うあったかい島があります。

わたしが回ったのは直島・豊島・男木島・小豆島です。

島と海

どこも自然がいっぱいで、のんびりと流れる島時間。

暑さの中の山道坂道は地獄にも思えますが、そのつらさを吹き飛ばすような景色が見られます。
山道を自転車で下りながら、目下に広がる広大な瀬戸内海には叫ばずにいられない。
豊島から見下ろす瀬戸内海

小さい頃、おばあちゃんの家で遊んだことがある人は、その記憶が蘇るかもしれません。
そういう懐かしい思い出を、また作れる土地です。


日本には、まだまだわたしの知らない、優しくて美しい場所があるんですね。

瀬戸内海を訪れたことのない方、どうぞ尋ねてみてください。
きっと、もっと日本を好きになります。
直島にて、瀬戸内海をバックに

この記事を書いた人

まりあ

まりあ

94年3月東京生まれ、日本語日本文学専攻。3大欲求は書きたい食べたい撮りたい。美術館へ行くカカオジャンキー。

チャンネル

チャンネルをもっと見る