【フィンランド・ロバニエミ】一年中クリスマスのサンタクロース村
フィンランド

12月になり、街はすっかりクリスマスモードですね。あちらこちらでイルミネーションの点灯も始まり、なんとなくワクワクする季節です。そんなワクワクを一年中感じることができる場所「サンタクロース村」がフィンランドのロヴァニエミにあります。

ロヴァニエミはフィンランドの首都ヘルシンキから北へ835kmのところにあり、北極圏の入り口の街です。

 

ロヴァニエミの市街地から約8km北へ行ったところへサンタクロース村はあります。

DSCF1227

北極圏の入口

サンタクロース村の中に北極線が通っており、その線を越えれば北極圏へ突入です。

DSCF1212

インフォメーションセンターで「北極圏到達証明書」を発行してもらうことが出来ます。有料にはなりますがせっかくの機会なのでいかがでしょうか。

 レストラン

村内にはショップやレストランなどがあり、一日中楽しむことが出来ます。

レストランには、ラップランドの昔の住居「コタ」を利用した物もあります。

DSCF1207

ポストオフィス

DSCF1218

ポストオフィスもあり、ここで投函するとサンタクロースの消印が押されるので、家族や友人などへ絵ハガキを出すのもお勧めです。もちろん、絵ハガキを購入することも出来ます。また、ここではクリスマスに届けてもらうようにカードを予約することも出来ます。これは、サンタクロースからのクリスマスカードを予約するだけでなく、自分が書いたカードをクリスマスに送ってもらう予約も出来ます。全く違う時期に訪れてもちゃんとクリスマス頃に届きますので、自分宛てに出しておくと再び旅の余韻に浸ることが出来ます。

ちなみに、サンタクロースからのクリスマスカードはサンタクロース村のホームページから申し込むことも出来ます。

【ホームページ:サンタクロースからの手紙】

サンタクロースとの写真撮影

そして、サンタクロース村を訪れたらかかせないのがサンタクロースとの写真撮影です。これまた有料ではありますが、またとない機会ですので一番のお勧めです。ちなみに、残念ながら自分のカメラでの撮影は出来ません。

まとめ

サンタクロース村では色んな物にサンタクロースがデザインされていたり、クリスマスの雰囲気に包まれていたりで、まさに年中クリスマス気分で過ごせる空間です。

DSCF1209

 

ドアストッパーもサンタクロースでした。

DSCF1228

アクセスについて

サンタクロース村へのアクセスは、ロヴァニエミ駅から市バスで約20分、Arctic Circle下車、サンタクロース村のインフォメーション前に止まります。

 

ロヴァニエミへは首都ヘルシンキからであれば、飛行機か列車が通常です。列車は10~12時間かかりますので、往復する場合は片道は昼間に車窓を楽しんで、片道は寝台列車「サンタクロースエクスプレス」を利用するのも良いかと思います。

DSCF1200

おまけ情報

現在フィンランドからサンタクロースが来日されています。各地でイベントもあるようなので、お近くの方はサンタクロースに会いに行ってはいかがでしょうか。

【ホームページ:イベント情報】

 

Happy Christmas!

この記事を書いた人

Atsumi

Atsumi

旅好きな管理栄養士です。広島で、food arranging room Sheilaを主宰しており、美味しいお菓子を楽しく作る教室「おいしい!たのしい!お菓子の時間」を開催しています。その他、外部からの食に関するお仕事も承っています。旅先で出会った食べ物も新しいメニューを考える際のヒントになっています。

チャンネル

チャンネルをもっと見る