ハノイ・コンカフェ(CONG CAPHE)のヨーグルトコーヒーが美味しすぎる!
ベトナム

こんにちは!Halcaです。今回は、ベトナムのお洒落女子たちに大人気のスポット『CONG CAPHE』のヨーグルトコーヒーをご紹介いたします。

※CAPHEは、ベトナム語のつづりです。フランス語の流れを汲んでいるらしいです。

さてその前に、本日もベトナムとコーヒーの関係についてご説明致します!

2012年ベトナムはブラジルを抜いてコーヒー輸出量、世界一となりました!

ベトナムのコーヒー文化は、フランスの植民地時代に持ち込まれたものと言われておりますが、今や独自の進化を遂げているように感じます。

 

そんなベトナムでは、ロブスタ種というコーヒー豆が主流です。ロブスタ種には、特有の「泥臭さ」がありまして、ベトナムではその嫌なにおいを消す為にバターを使って深煎りしたものを濃い目に抽出して、それにコンデンスミルクを入れて飲むのが一般的です。

ハノイに来て初めてベトナムコーヒーを飲んだ時の衝撃は今でも忘れません。濃厚でドロッとしていて日本のコーヒーとは全く別物です!

 

そんな独自の進化を遂げたベトナムコーヒーの飲み方の1つが、本日ご紹介するヨーグルトコーヒーです!

コンカフェ8

このヨーグルトコーヒーはハノイ発祥で、ホーチミンには無いそうです。ハノイの喫茶店には結構どこにでもあります。

ベトナム語ですと、「Sua chua (ヨーグルト)ca phe(コーヒー)」と言います。そんなハノイの喫茶店には比較的何処にでもある、ヨーグルトコーヒーですが、その中でもCONG CAPHEのコーヒーが一番美味しいと思っています!

CONG CAPHEは、 ベトナム共産主義のイメージで作られたカフェで、軍隊的なイメージの内装に、可愛らしい花柄の小物たちが散りばめられたお洒落なカフェです。私がハノイに来た2年ちょっと前には数店舗しか無かったのですが、ぐんぐんと店舗が増えていき、2015年08月現在ハノイに19店舗あります!

コンカフェ10
大きく書かれたCONGという文字とカーキー色が目印です!
コンカフェ9

 

どこの店舗も大人気で、お店の前には大量のバイクが停まっております。

 

コンカフェ4

コンカフェ7

定期的に生演奏などもやっています。
コンカフェ5

 

カーキー色の内装に、花柄のクッション、ホーローの食器がとっても可愛らしくベトナム人女子たちのハートを掴んで離しません!

コンカフェ13

店内の内装は、遊び心もいっぱいで、照明が「ザル」のお店もあったりします。なんだか真似したくなっちゃいますよね!?

・・・私だけでしょうか??

コンカフェ1

どこの店舗でも、カーキー色、ホーロー、花柄クッションは統一されております!

さて、お店の可愛さにキュンキュンしているうちに、お待ちかねのヨーグルトコーヒーが運ばれてきました。

コンカフェ14

ヨーグルトコーヒー 40,000VND(≒211円/2015年08月現在)です。運が良いと上記の様に星形を書いてもらえます!

先にも書きました通り、ドロッとしていて濃厚で甘味のあるベトナムコーヒーにヨーグルトがマッチしていて、とっても美味しいです。先日ハノイに遊びに来てくれたコーヒー好きの友人にヨーグルトコーヒーを紹介したところ、あまりのベストマッチに感銘を受けていました。

 

 

この記事を読んで「ヨーグルトコーヒーなら、日本でも”飲むヨーグルト”と”缶コーヒー”で作れるじゃん!」と思った方もいるかもしれませんが、そうではないんですよ、ドロッとしていて濃厚なベトナムコーヒーだからこそ、ヨーグルトに合うのです。日本のコーヒーで試しても、この味は再現できません!是非ともハノイに来た際に試してみてください!!

 

CỘNG CÀPHÊ
所在地:ハノイ市内に複数店舗有り

詳しくは下記ホームページをご確認下さい

http://congcaphe.com
CONG CAPHE Facebook

この記事を書いた人

Halca@Earth

Halca@Earthライター

宮城県仙台市出身。現在婚活中。高校生時代に短期留学で訪れた台湾をきっかけに海外生活に興味を持つ。2年間のオーストラリア滞在後、現在ベトナムハノイ在住。趣味は、色々な国で民族衣装を着る事。民族衣装を着こなす為に日々体型維持に取り組んでいる。現在狙っている民族衣装は、シンガポール・カンボジア・台湾。

チャンネル

チャンネルをもっと見る