恐怖のゴッティ鉄橋を渡ってみた!世界第2位の高さを誇るミャンマー鉄道の橋
ミャンマー

photo by Clay Gilliland

ゴッティ鉄橋とは

ゴッティ鉄橋Goteik Viaductは1903年にイギリスによって架けられた橋で、ミャンマー第2の都市マンダレーから北東方面へ伸びる鉄道の途中にあります。鉄橋としての高さが世界第2位と聞き、これはぜひ渡ってみたい!と鼻息荒く列車に乗り込んでみました。

マンダレーから約11時間。ティボーへ

マンダレーMandalayから出発し、ティボーHsipaw (Thibaw)駅の手前にゴッティ鉄橋があります。1日1本の列車は早朝4時発。時刻表上はマンダレーから11時間かかりますが、実際には13時間かかりました。

14385249383_2a5b5c2082_o
photo by Clay Gilliland

鉄橋のためだけに半日か…と思った方は、途中駅のピンウールウィンPyin Oo Lwinで一泊して翌日改めてティボーへ向かってもいいかもしれません。ピンウールウィンはイギリス植民地時代の建物や滝など見どころのある街です。

photo by Paul Arps
ピンウールウィンの滝

13時間なんてあっという間!列車の旅はやっぱり楽しい

11853856_10207495822252641_787301471_n

乗車してしばらくすると朝日がのどかな田園風景を照らし始めます。

11850986_10207495822292642_495294749_n
列車は全席指定。対面でしばらく一緒に時間を過ごしていると、お菓子を交換したり、荷物番を頼まれたりと、数時間もすると不思議な信頼関係が。ケガをしていた腕に謎の薬も塗ってくれました。おばちゃんありがとう。

6244528270_1776a82a0e_o

photo by Ken Marshall

売り子さんが途中駅で色々売りに来てくれます。お昼ごはんはここで入手!

11830098_10207495822492647_2112565877_n
ひたすらにのどかな風景が広がる。

11824099_10207495823292667_1018503249_n

途中で焼き畑している様子が間近に見れました。

11846483_10207495823212665_593250113_n

焼き畑(実は山火事だったのか!?)の炎が車内に入り込んで一時パニック。でも列車は走り続けます。

車内で起こるイロイロに一喜一憂し、車体が揺れすぎて転倒するんじゃないかという緊張感に包まれているとあっと言う間に時間が過ぎていきました。

メンテナンスとか、その、どうなってるんでしょうか…と考える恐怖

乗車して約8時間、ついにゴッティ鉄橋がお目見え。

11843975_10207495822652651_1341743428_n

高さも揺れもすごい。ちゃんと調べてはいないけど、おそらく定期検査とかしてないでしょう。メンテナンスや修理をしてなくて何十年もこのままで、車体の揺れで落ちないようにゆっくりゆっくりスピードを下げて進んでいく、この恐怖。「高いから怖い」というより「とりあえず電車が落ちる事故が起こるまで何の対策もしてなさそう」という、想像を膨らませて恐ろしくなるパターンの恐怖。

11824140_10207495822612650_1216026858_n

無邪気に顔を出す少年よ、どうか少しでも列車の重心を中心に寄せてくれと考えながらパシャリ。

13時間かけて行き着いた場所は素朴な田舎町

ゴッティ鉄橋を渡ったあとに行き着くティボーは、これといった見どころはないです。けれどミャンマーの素朴な田舎町という感じで、庶民の市場やお茶工房があり、人々の生活の一部を垣間見ることができます。トレッキングを目的に来ている人もちらほら。私は鉄道でひたすら山々の風景を見てきたのでトレッキングもせず、ティボーに着いた数時間後にはマンダレー行きのバスを捕まえて早々にマンダレーへ。ティボーの滞在時間は3時間ほど。それでも鉄橋の強烈な刺激に満足の1日でした。帰りのバスはあっという間の6時間。
11844038_10207495824092687_1013558768_n
本当に何もない街のメインロード。

おみやげ話になる確率100% 時間に余裕があればぜひ訪れてほしい

乗り鉄ならずともゴッティ鉄橋を渡る10時間超の列車旅は刺激的でした。何よりおみやげ話でみんな食いついてくれるのが嬉しかったです。
ミャンマーに訪れたらぜひ一度体験を。事故が起こりませんように。

この記事を書いた人

やよい

やよいTRIP'S ライター

85年生まれ。神戸育ち横浜在住。 地図が読めない女。大学時代に1人旅に目覚め、これまで訪れた国はアジアを中心に19ヶ国。 旦那を置いて結婚式10日前まで旅に出ていたことも。極度の猫好き。

チャンネル

チャンネルをもっと見る