TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

LCCに乗り遅れそうな時、すぐに行うべき確認と対策(保存版)

LCC早見表20161031

4.上記全て該当せず、絶望的な時は

上記が全てあてはまらず、もうどうしようもない、という場合。
そのまま諦めて家に帰ってしまう前に、ダメ元で空港カウンターまで相談に行きましょう。
なぜなら各航空会社の空港カウンターでは、その時の航空便の状況などによって救済措置を取ってくれることもあるからです(航空会社によってその対応は変わります)。
その基準は公開されておらず私たちの知るところではありませんが、「チェックイン時間には間に合わなかったが、出発時間の直前に空港に到着し、相談したら手数料を払って次の便に振り替えてもらった」という例もあるようです。
公共交通機関の遅延による乗り遅れは払い戻しの対象となることもあるようなので、遅延証明書はもらっておきましょう。
この選択肢は不確定要素が多いため状況次第としかいいようがないのですが、せっかく空港の近くまで来たにも関わらず、諦めて家にUターンするよりは一度相談してみる価値はあると思います。



以上、LCC便に乗り遅れそうな時の確認事項と対策法を書きましたが、やはり何といっても余裕のある行動が一番です。
ちなみに、飛行機に乗る旅をする上で個人的におすすめしたいことは、荷物を少なめにすることです。これはLCCでなくてもそうですが、飛行機に乗るときに手荷物を預けるか預けないかで、時間の使い方がだいぶ変わってくると思います。
特にLCCの場合、上述したように事前にウェブチェックインをして航空券を持ってさえいれば直接保安検査場に行けますし、何より荷物検査で長蛇の列に並ぶ必要がありません。
今は機内持ち込み可能なキャリーケースも数多くの種類が売っていますので、できればその範囲に収まる荷物にしたいですね。

5.乗り遅れ早見表(ジェットスター、ピーチ、バニラエア、春秋航空)

LCC早見表20161031
※2016.10.31現在
まずチェックイン時間はフライトの何分前までなのか、そして遅延がないかを確認しましょう。
預ける手荷物を持っていたり、印刷環境のないところでウェブチェックインをしても意味がありません(詳しくは上述)。
それでは各航空会社について詳しく後述します。

ジェットスター

・運航状況→http://booknow.jetstar.com/FlifoSearch.aspx?culture=ja-jp
・チェックイン時間→国内線2時間前〜30分前、国際線3時間前〜60分(45分)前
 ※機種によって異なります。詳しくはこちら
・ウェブチェックイン→国内線48時間前〜1時間前、国際線48時間前〜2時間前(一部利用できない国際路線あり)
 ※ウェブチェックインはこちらから
・搭乗口締め切り→15分前
・変更・払い戻し→国内線は出発時間の2時間前、国際線は出発時刻の3時間前(エコノミークラスのStarter運賃またはStarter Plus運賃のフライト予約のみ。エコノミークラスのStarter Max運賃、ビジネスクラスのBusiness運賃またはBusiness Max運賃のフライトの予約は出発当日であればいつでも可能。)
 ※変更・払い戻し方法はサイトか、コールセンターで可能。

ピーチ

・運航状況→http://www.flypeach.com/jp/flightStatus.aspx
・チェックイン時間→国内線90分前~30分前(関西国際空港、沖縄(那覇)空港発は出発時刻25分前)、国際線120分前~50分前
・ウェブチェックイン→なし
・変更・払い戻し→運賃タイプにかかわらず、出発時間の1時間前まで。
 ※変更・払い戻し方法はコンタクトセンターPCサイトか空港カウンターで可能。

バニラエア

・運航状況→http://www.vanilla-air.com/jp/flight-info
・チェックイン時間→国内線90分前~30分前、国際線120分前~50分前
・ウェブチェックイン→48時間前から2時間前(国内線のみ)。
 ※ウェブチェックインはこちらから
・搭乗口締め切り→国内線・国際線ともに20分前
・変更・払い戻し→国内線は出発時間の90分前、国際線は120分前まで(わくわくバニラはどちらも不可、払い戻しはコミコミバニラのみ可能。)
 ※変更はこちら、払い戻しはこちらから

春秋航空

・運航状況→http://j.springairlines.com/jp/help/serviceguideflightdynamics
・チェックイン時間→国内線90分前〜35分前(成田発は120分前~)、国際線120分前〜45分前
・ウェブチェックイン→なし
・搭乗口締め切り→30分前(成田発以外の国内線は25分前)
・変更・払い戻し→・ラッキースプリング―不可 スプリング―払い戻し:15日以上前まで、変更8日前まで スプリングプラス―払い戻し:8日前まで、変更:出発7日以内
 ※詳細、方法はこちら

乗り遅れた場合は、ダメ元で空港カウンターまで相談に行きましょう。
その時の状況によっては、有料で振替えなどの救済措置をとってくれるかもしれません。

この記事を書いた人

甲斐 大輔

甲斐 大輔

平成元年宮崎生まれ。南国出身よろしく寒いと身体機能が低下する習性を持つ。都内の大学を卒業し、国会議員の公設秘書を務めた後、半年間海外に留学。冬のはじめの11月に成田空港に降り立ってはじめて、夏を南国で過ごしてしまったことに気付き愕然とする。 魅力ある地域にスポットライトを!が人生のテーマ。