【湖水地方・ピーターラビット故郷】イギリスを一人旅するなら絶対ココがいい!
イギリス

 

名前の通り、周りを16の湖に囲まれたとても美しい湖水地方。

目立ったテーマパークや賑やかで楽しいクラブなどはありませんが、だからこそゆっくり一人で羽を伸ばせる場所でもあります。

湖水地方の恵みは、何といってもその景色です。

1つ1つの湖に違った顔があって、季節や時間帯によってもまた異なる美しさがわかります。

一人で静かに街を散歩したり、湖を眺めたりするのは、病み付きになる贅沢な時間です。

 

白鳥が近い

お昼寝中の白鳥

 

湖の周りには白鳥がたくさんいます。

ロンドンの公園の池にも白鳥がいたりしますが、柵などがあり、なかなか近距離で見ることはできません。

しかし湖水地方ならたくさんの白鳥が、手を伸ばせば触れるくらいの距離にいるのです。

集団でいる白鳥を眺めていると、それぞれに特徴や個性があって、飽きることがありません。

いつまでも、好きなだけボーっとしながら景色を眺めるのは、一人旅だからこそできる時間の使い方なんですよね。

 

クルージングも楽しめる

ボートが色々なところに停まっている様子
photo by Eugene Regis

 

様々なタイプのボートや船が、写真のようにたくさん停まっている様子が見られます。

交通の手段としても便利なので、購入の際はあらかじめ往復で買っておくと便利かもしれません。

水面が近いので、とっても気持ちいい散歩になります。

 

The World of Beatrix Potter Attraction

The World of Beatrix Potter Attraction

 

湖水地方は、あの有名な『ピーターラビット』の作者でもある“ベアトリクス・ポター”が住んでいた街として知られています。

だから彼女の家やギャラリー、ピーターラビットのミュージアムは絶対に見逃せません。

絵本の中から飛び出してきたようなピーターたちが展示されていて、ピーターラビットの世界観が忠実に再現されています。

お土産屋さんもあるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

お手頃なポストカードがあって、そのうちの1枚にはキャラクター紹介がされているのですが、ピーターのお父さんのところにはパイの絵が…。

実はピーターラビットのお話、ピーターのお父さんが人間に捕まって、パイにされてしまったところから始まるんですよ。

意外と切なくて悲しいお話だったのですね。

 

気になる治安は?

湖に続く橋
photo by Angie Muldowney

 

湖水地方へ一人旅を勧める理由は、美しい景色を思う存分満喫するためだけではありません。

この辺りは確かに観光地ではありますが、治安もヨーロッパ全都市の中でも、飛びぬけてよいところなのです。

イギリスは文化的にもB&Bが国全体に広まっているので、宿も安く予約することができます。

私が湖水地方で出会ったイギリス人たちは素朴な雰囲気で、とても親切でした。

B&Bの中の小さなパブでは、同じラテン系の観光客と仲良くなれたり、こういった郊外こそ、純粋なイギリスを楽しめるものだなぁ…と思います。

 

この記事を書いた人

Ellie

Ellie通訳/ 翻訳/ライター

イギリス生活を経て、現在はフランス人の夫とフランスで暮らしています。執筆のメインジャンルは、国内外の旅スポットと恋愛心理学。自他共に認めるハプニング体質であり、そんな体験を含めながら丁寧に記事を書くことを心がけています。夫のことも大好きですが、ツンデレのセキセイインコをこよなく愛してます。

チャンネル

チャンネルをもっと見る