青島神社はおみくじ数日本最多!? アトラクション的おみくじも楽しめる!
日本

私の地元・宮崎県には、おそらく日本で1番おみくじ数が多い神社・青島神社があります。
青島神社は、かつて昭和天皇が訪れていたり、「ミシュラングリーンガイド ジャポン」でも2つ星を獲得したりと、行くだけでも十分に価値のあるスポットですが、今回はおみくじという視点でもぜひ楽しんでください。

その数10種類以上!その豊富さに舌を巻く

青島神社には、全部で10種類以上のおみくじがあります。
どこの神社にもあるような、ふつうのおみくじから恋愛のおみくじ、果ては貝殻やサイコロを使ったおみくじまであります。
 
ちなみに、御守の数も他の神社と比べて多いように感じます。
henokappa1
henokappa2
全国でここだけ!と強調されている、「へのかっぱ御守」(500円)。
「そんな事、へのかっぱですが何か?」という煽り文句が購買意欲を刺激します。
 
otokoonna
質実剛健な男になれそうな「男守」や、女性の品格がアップするという「女守」(各700円)も、購入できるのは、ここ青島神社だけ!

話を戻して、青島神社オススメおみくじ3つをご紹介します。

鯛を釣って一年安鯛「鯛みくじ」

taimikuji
おみくじを「釣る」という、これまで誰も発想できなかったアイデアが、ここにはありました。おみくじ界の異端児、青島神社。
300円を払って、備え付けの釣り竿で色とりどりの鯛から好きな鯛を釣りましょう。
意外と難しく、手が震えてしまいましたが、なんとか釣ることができました。
taimikuji3
釣り人にとってはたまらないおみくじです。

サイコロに思いを込めて投げよう「賽の目神事」

sainome
拳よりも2回り程大きな木製のサイコロを投げて、あなたの運命を占うのが特徴。
「教え給え、導き給え」と唱えながら一投すると、あなたにとっていま1番大事な目が出るようです。
今回は「金」が出ました。
sainome2
商売繁盛に向けて身を正すことができました。(100円)

貝殻にも願いを込めて投げよう「真砂願貝」(まさごねがい)

サイコロの次は貝殻。
masagonegai
これは「宝貝」という種類の貝で、ここにあるのはその中でもなかなか大きなサイズです。
青島ならではの理由があり、ここ青島は宝貝(=真砂)が昔からたくさん打ち上げられることから『真砂(まさご)島』と呼ばれていたようです。
この宝貝は、その希少価値の高さから、昔から自然のお守りとして大切にされてきたという歴史があります。
表と裏の組み合わせで、大吉・中吉・凶が占われるシンプルなものです。
masagonegai2
しかも!
なんと大吉(表と表)が出るまで無限に振ることができるという、なんとも後味の良いアトラクションなのです。
青島神社のおみくじの〆は、この真砂願貝にすることをおすすめします。(100円)
 
その他にも、矢の形をした「幸矢みくじ」(200円)、「七福神みくじ」(200円)の他、「恋みくじ」(200円)は2種類あったりします。
sachiyamikuji

manekinekoshichifukujinkoimikujikoimikuji2
 
神社としては特におみくじの多さを誇っているわけではなく、おみくじ抜きにしても素晴らしい神社なのですが、訪れる際はぜひいろいろなおみくじにチャレンジしてみてください。
もちろん普通のおみくじもありますよ。

青島神社公式サイト
http://www.aoshimajinja.sakura.ne.jp/

この記事を書いた人

甲斐 考太郎

甲斐 考太郎Orange株式会社 代表取締役

85年宮崎生まれ。旅によって人生を大きく変えられた経験から、旅が世界中の人々を幸せにすると確信している。この人生は、旅のことだけしかしないと決めています。旅先では、川を見つけたら季節に関係なく必ず泳ぐ。好きな色はオレンジ。特に、インターナショナルオレンジ!

チャンネル

チャンネルをもっと見る