これがCA流!1泊2日でアクティブな香川の楽しみ方《Flight.6》
日本

 Welcome aboard!皆様こんにちは。本日はナリタニストの旅路 高松空港行きをご利用いただきましてありがとうございます。当機は機長成田とチーフパーサーYokoが、皆様の香川への旅をお手伝いさせていただきます。それではただ今より、1泊2日で楽しむことができる「香川」をご紹介いたしますので、アナウンスをしっかりお聞きください。

うどんのことなら、ココに聞け!

IMG_0387
 成田国際空港からの飛行時間は約1時間30分。香川県の中央に位置する高松市は、四国を代表する経済の中心地です。香川県と言えば、何を想像されますか?そう、「うどん」が有名ですよね。しかし、旅に慣れたCAは、うどんだけではなく、ある「島」で一泊するのです。


 まず高松空港に到着したら、やはりうどんをいただきましょう。空港から有名なうどん店へは車が便利ですので、レンタカーを借りることをお勧めします。事前に予約をすれば、空港の到着ロビーにレンタカー会社の方が迎えに来てくれます。利用時間は一番短い「6時間」を選びましょう。 
 ここで皆様にお勧めしたいのが、「平成レンタカー」です。平成レンタカーでは、スタッフの感想等が入った手作りの「うどんマップ」や、主要なうどん店がカーナビに事前登録されている「うどんナビ」がある等、うどんに対する意気込みを感じることができます。これがあれば、香川初心者でも、安心して美味しいうどん屋に行くことができます。
 レンタカーは高松駅でレンタカーを返却し、ある島へ向かうのが、今回の旅程のポイント。空港と高松駅、両方に営業所があるレンタカー店を選んでくださいね。平成レンタカーは、両方に営業所がありますし、お得なプランや独自のうどん知識で皆様の旅をサポートしてくれるので、お勧めです。

うどん巡りのスタート!

11180326_10206465885828285_2544428635164905976_n
 車に乗り込んだら、うどん巡りのスタートです。美味しいうどん屋さんは、早い時間に閉まることがあるので、高松空港には午前中かお昼までに到着する便を選ぶと、時間を有効に活用することができますよ。
 多くのCAに調査したところ、うどんはいくらがんばっても3杯から4杯が限度だそうです。
しかし、ここは悔いがないようお腹いっぱいになるまでいただきましょう。
 そして、うどんを満足行くまで堪能したら、そろそろ高松駅方面へ向かう時間です。予定通り6時間以内で、高松駅付近の営業所でレンタカーを返却し、高松駅から徒歩で約5分の高松港へ。ここからが、CA流アクティブな香川の過ごし方の始まりです。

いざ、オリーブアイランドへ!

IMG_0388
 高松港からフェリーに乗って向かうのは、オリーブの生産量日本一を誇る「小豆島」です。瀬戸内海に浮かぶ小豆島は穴場スポット。乗船時間約1時間で小豆島の土庄港に到着します。小豆島は小さな島ですが、オリーブや縁結びスポット「エンジェルロード」が有名で、数々の映画のロケ地にもなっている風光明媚な島です。
 島には、温泉・全室wifi完備のホテルがいくつもあり、新鮮な海鮮やオリーブを使った料理をいただくことができます。小豆島に一泊し、夜は高松の夜景を眺めながらお酒を楽しんだり、アクティブに過ごした1日の疲れをゆっくり癒すのはいかがですか。
 小豆島で日頃の疲れを癒したら、次の日は高松へ戻ります。でもその前に、小豆島原産のオリーブで作られたオリーブオイルやオリーブの石鹸、化粧水等をお土産に購入するのはいかがでしょうか。ビタミンとミネラルがたくさん含まれた自然の恵みオリーブは、女性に喜ばれること間違いなしです。


 帰りの飛行機の時間が迫っているという方は、高松港の目の前にあるJRホテルクレメント高松から、高松空港行きのバスが出ているので、そちらを利用しましょう。時間に余裕のある方は、高松駅周辺でお土産等を購入し、最後まで余すところなく香川の旅を楽しんでください。


 皆様、本日のナリタニストの旅路はいかがでしたか?さあ、当機はまもなく着陸態勢に入ります。シートベルトをしっかりお締めください。これからの旅もどうぞお楽しみください!

【アクセス】
◆平成レンタカー 高松空港店
香川県高松市香南町岡1225-1
・高松空港から無料送迎車にて、約90秒
http://www.heisei-car.jp/location/takamatsu-ap.html

◆高松港 フェリー情報
http://www.shodoshima.com/ac-takamatu.htm

◆高松空港リムジンバス
http://www.kotoden.co.jp/publichtm/bus/limousine/index.html

■Author profile
杉浦さん杉浦陽子
埼玉県出身。全日本空輸(ANA)にて、客室乗務員として約6年間勤務。国内線・国際線に乗務し、乗務やプライベートで訪れた国・地域は数知れず。現在は、アメリカ・韓国で暮らした経験を生かし、フリーランスのフードアナリスト・ライターとして活躍中。

〜成田空港の思い出〜
 空港は出会いと別れの場所。成田空港にはいつもドラマがありました。お迎えに来て嬉し泣きの方、見送りに来て寂し泣きの方。ゲートを出ると、様々な想いを抱えた方々がいらして、もらい泣きしそうになった思い出があります。成田空港には甘酸っぱい思い出がたくさんあります。

〜成田空港を利用する方へのメッセージ〜
 第3ターミナルの開業は、皆さんの旅の幅を広げてくれます。そんな可能性を秘めたターミナルに期待してください!

この記事を書いた人

CREW WORLD

CREW WORLD

CREW WORLDは、世界初となる客室乗務員(CA)経験者専用の情報共有サイトです。コンセプトは、「CAが日本の観光大使へ」。 40を超える航空会社のCAへ、ステイ先の観光スポット・美容アイテム・セカンドキャリア等の情報共有の場や、クルー生活に欠かせないアイテムや会員限定クーポンを提供しています。

チャンネル

チャンネルをもっと見る